好き勝手なことを書いておりますが、悪意はありませんのでご了承下さい。

KENTAはすでに仕上がっている:12.22 Road to TOKYO DOME 観戦記

元気ですか〜?!

どうも、ろけねおです。

今回も昨日に引き続きまして、東京ドーム大会の前哨戦シリーズの感想を書きます。

Road to TOKYO DOME

新日本プロレスの思う壺なんですけども、あんまり興味が湧いてなかったドーム大会に日々興味が湧いてきております。

さすがに東京にまで行けば良かったというところまでは行かないと思いますけども、上手に誘導されています。

ヤングライオンにパッケージ・ドライバー

まずは中島佑斗&大岩陵平&藤田晃生 vs バッドラック・ファレ&チェーズ・オーエンズ&邪道です。

ヤングライオントリオです。

ほぼ丸坊主の3人が並び立つ絵は、いずれ「こんな時代があったね」と振り返る日が来ると思わせるリアルタイムなのに懐かしい絵に見えました。

今で言うところの野毛の道場をビフォー・アフターでリフォームした時の動画を観てるような感じです。

さて、この試合でビックリしたのはオーエンズ選手がヤングライオンの大岩選手相手にフィニッシャーのパッケージ・ドライバーを炸裂させたことですね。

大岩選手って受け身が上手いんでしょうかね?

オーエンズ選手の見立てでは大岩選手が一番伸びるだろうという判断なんでしょうかね?

昨日は中島選手相手にCトリガーで決めていることを考えると、今日もCトリガーやらジュエル・ヘイストで決めても良いところですから、驚きました。

中島選手は悔しいでしょうね。

みのるを最前線で観たい

続きましては、KOPWの前哨戦の矢野通&天山広吉&小島聡 vs 鈴木みのる&金丸義信&DOUKIです。

KOPWですが、前哨戦はもう良いから早く観たいですね、本番。

ウイスキーを飲むことに決まったことですし。

それよりもみのる選手がこんなところって言っちゃあなんですが、ラインナップされているのが実にもったいないですね。

みのる選手ほどのプロレスラーだとこういう感じの少々コミカルな風味香る試合であっても卒なくこなすのですけども、ボクは卒なくこなすみのる選手を観たいわけじゃないんですけどね。

ここに登場するぐらいなら、もっと前でヤングライオンとのシングルマッチを組んでもらったほうが楽しめるんですけどね。

もちろん、本当は新日の最前線で闘う観たいんですけどね。

IWGPインターコンチでもあれば、そういう機会もあったのかも知れませんね。

※インターコンチなんかいらないと言っていたのに、今となってはあっても良かったかな〜と思う今日このごろです。

石井選手と真壁選手が組むのには違和感がある

次は石井智宏&真壁刀義&本間朋晃&YOH vs EVIL&高橋裕二郎&SHO&ディック東郷です。

CHAOSがほぼ本隊という扱いには、すっかり慣れた気がしていたのですが、石井選手と真壁選手がタッグを組むというのはとっても違和感があります。

ここだけ一緒くたにしたらダメなんじゃないかと思います。

そもそも真壁選手と本間選手はG.B.H.で別ユニットだったんでしょ?

※ボクは残念ながらG.B.H.というユニットをよく知りません。

それこそなし崩し的に本隊に吸収されちゃったみたいなんですが、CHAOSは一応ユニットとして存在しているわけですから、どこかでキチンと線を引いておかないとダメだと思います。

いっそCHAOSもなくして、全部本隊ということだったら良いんですけど。

とはいえ、石井&真壁というタッグはなかなか魅力的ですし、8人タッグの一部として起用するのは実にもったいないと思うので、ちゃんと使ってあげて欲しいということです。

新日本プロレスの偉い人、来年こそはユニット間の線引きをキチンとやって下さい、よろしくお願いします。

TAKAのジャスト・フェイスロックがなんか緩い

続きましてはIWGPタッグ選手権試合の前哨戦である後藤洋央紀&YOSHI-HASHI&マスター・ワト vs タイチ&ザック・セイバーJr.&TAKAみちのくです。

YOSHI-HASHI選手が逆水平一本でサブミッションの総合商社のザック選手に挑んでいくさまはシビレました。

昔の新日に乗り込んできた時の天龍源一郎さんを思い出しました。

久しぶりに逆水平だけで観客を引き付けられる選手が出てきたな〜というふうに思っちゃいました。

それはさすがにホメ過ぎかな?

この試合でって言うよりも、以前から気になっていたのは、TAKA選手のフィニッシャーのひとつであるジャスト・フェイスロックの極まり具合です。

もっと前に使っていた時は、フィニッシュになる確率が高かったこともあってか、もっとしっかりロックしていたような気がするのですが、このところのこの技はロープに逃げてもらうシーンを作るためだけのしょうもない技に成り下がってしまっている感じがします。

これで試合が終わってしまうかも知れないという緊張感が生み出せないサブミッションなんて終盤にはいらんのです。

むしろ、少し前に棚橋弘至選手相手に出したクルック・ヘッドシザースのほうがガチっと極まっていて良かったです。

緩いのに「ジャスト」とつくのは違和感しかありませんので、今後も使うということでしたら、しっかりフェイスをロックして欲しいです。

Streets Of Rageてインパクト薄い

続きましては内藤哲也&SANADA&BUSHI vs ジェフ・コブ&グレート-O-カーン&アーロン・ヘナーレです。

試合を決めたのはヘナーレ選手ではありますが、試合でなんかしてたかな?と思うほど印象が薄いです。

普通に技を出すだけでインパクト絶大のコブ選手と、見た目のインパクトが絶大の-O-カーン選手に囲まれていたら、致し方ない部分はあるかと思いますが、それでももうちょっとどうにかならないものかと思わずにはいられません。

むしろただ居るだけでたまに美味しい場面を与えてくれる本隊を離れて、実力主義のユナイテッド・エンパイアに異動したからは、自分で美味しい場面を作らないといけません。

また、フィニッシャーも地味ですね。

フィッシャーマン・スープレックスの形でファイヤーマンキャリーに担いでバックフリップかと思っていたのですが、今回の決まり方はブレーンバスター的でしたね。

結局のところ正しいStreets Of Rageがどっちの形であれインパクトが薄いのは一緒です。

周りが派手な技を採用しているのに、この程度の技で満足してるとしたら、センスがなさ過ぎじゃないかと心配になります。

このどんな技を使うか、どんなコスチュームにするか、どういうキャラクターで行くのか、この辺のチョイスをことごとく間違ってきた結果が今なんです。

きっとコブ選手や-O-カーン選手もアドバイスしてるとは思いますが、聞き入れないんでしょうかね?

オカダと田口の連携が観たかった

続きましては鷹木信悟&高橋ヒロム vs オカダ・カズチカ&田口隆祐です。

最初からカードを見た時、オカダ&田口というのは、どうにもしっくり来ない変なタッグだなと思っちゃいました。

それだけにこの2人が連携や合体を見せたら、物凄い化学反応が観られるんじゃないかとワクワクしていたのですが、全くなかったと言っても良いぐらいの接触でしたね。

それぞれが好きなことを相手を邪魔しない程度にやっただけのタッグでした。

もったいない。

もうちょっとどうにかやりようなかったんですかね?

これならオカダ選手のパートナーをエル・デスペラード選手にして試合そっちのけで揉めてるとかのほうが面白かったかも知れませんね。

鷹木選手が勝ちまして、また負けフラグがだったと思いました。

KENTAはすでに仕上がっている

最後はIWGP USヘビーの前哨戦である棚橋弘至&ロビー・イーグルス&タイガーマスク vs KENTA&石森太二&エル・ファンタズモです。

※ジュニアタッグの前哨戦でもありますけども、それは控えめでしたね。

試合もとっても楽しいものになっていたのですが、やっぱり試合後のマイクとバックステージコメントが秀逸でしたね。

まずは試合後のマイクです。

棚橋~。いや、タナ~? いや、ハシ~? オイ、オマエ、昨日のコメントで、ノーDQのルールがいまいちわかんないって言ってたよな? これでわかったろ、な? なんでもアリだよ! それからな、今日来てる、今日ココに来てるオマエたちに聞きてえんだよ。正直に言えよ、俺に気を遣う必要なんてまったくねえよ。正直に思ったこと、言ってくれ。

 1月5日、棚橋が勝つと思うヤツ、逆立ちしてくれ(場内笑)。オイ、見たか、棚橋! ココにいる全員が俺が勝つと思ってるんだよ!(場内拍手)。そしてな、ここにいる全員が、俺が勝ってほしいと思ってるんだよ。わかるか、オイ? 

 なあ、このベルト、やっと手に入れたベルトだよ。オマエからはこのベルトに対する愛が、一つも感じねえんだよ。あんだけ普段、愛叫んでるクセにな。結局、俺が何が言いたいかっていうと、1月5日、このベルト、最後に持って立ってるのは俺だってこと!(場内拍手)

出典:新日本プロレスリング公式サイト

声を出してはいけないお客さんが、このマイクで声が漏れちゃってましたね。

実況陣も妙に納得していましたね。

こんなに面白いのなら、USのチャンピオンはもうKENTA選手でいいじゃないかという空気でした。

さらにバックステージも饒舌です。

アイツがどんなこと言おうとよ、どんな薄っぺら~い気持ちを述べようと、このベルトに対する思いなんかちっとも感じねえんだ、アイツから。そうだろ? オレのほうがこのベルトに相応しいに決まってんじゃん。そう思うだろ? そう思うだろ?

そもそもオレのほうがUSタイトルをつけた感じも似合ってるし、なんでオレが相応しいか分かる? オレ、コストコのこと“コスコ”って言うから。オレのほうがアメリカ。IKEA(イケア)のことオレ、“アイケア”って呼ぶから。ほんで、ビタミンのこと“バイタミン”って言うし、コラーゲンのこと“コルジェン”って言うし、どう考えたって、オレのほうがこのUSのタイトルに相応しいだろ? そうだろ? ついでに言えばオレはマイルのほうがしっくりくるし、キロよりもうポンドのほうがなんか分かりやすいし、リットルで言われるよりガロンのほうがしっくりくるわ。これはオレの。

出典:新日本プロレスリング公式サイト

確かにそうだな、という説得力がハンパないです。

棚橋選手をドーム大会に出場するためだけに組まれたカードとしか思えなくなってきました。

しかも、この状況で棚橋選手が勝ったとしても全然美味しくないです。

あるとするなら、この勝利を気に棚橋選手のBULLET CLUB入りとかですかね。

以前から散々書いている棚橋選手のヒールターンがあったら、ノーDQも辻褄が合ってくると思うんですけどね。

正直なところ、このUSのタイトルマッチもぜんぜん興味がなかったのですが、KENTA選手のおかげで興味が湧いてきました。

KENTA選手はすでに、完全に、仕上がっています。

それではまた。

ありがとう!


プロレスランキング
最新情報をチェックしよう!
>とにかくプロレスが好き

とにかくプロレスが好き