好き勝手なことを書いておりますが、悪意はありませんのでご了承下さい。

これは交流戦です:1.8 新日本プロレス vs NOAH 対抗戦全カード決定

元気ですか〜?!

どうも、ろけねおです。

ついこの前、ドーム大会のカードが発表されたところですが、今度は1.8の対抗戦のカードが決まりました。

新日本プロレス vs NOAH 対抗戦

正直なところ、ドーム大会のカードよりもワクワクして全カードを発表を楽しんでしまいました。

ところが、決まったカードを見ると、ちょっと肩透かしな印象を受けました。

ほぼほぼタッグマッチというのが、解せない部分ですかね。

シングルマッチであれ!

ボクの年代ですと、対抗戦という新日本 vs UWFインターを思い出しますので、

シングルマッチこそ対抗戦という概念が根底にありますので、これほどまでにシングルマッチが組まれないということで、対抗戦ということではないんだな、と思っちゃいました。

両団体ともなるべくたくさんの選手を出したいということになれば、こうならざるを得ない部分があるのはわかっています。

それでも、例えばNOAHの中嶋勝彦選手が「潰し合い」とおっしゃっていたぐらいですから、せめて中嶋選手絡みはシングルマッチであれ!と思っちゃいました。

喋りは鷹木、ベルトは中嶋

こちら↑の記者会見は楽しかったですね。

鷹木信悟選手が実に饒舌で、ちょっと中嶋選手がかわいそうに思いました。

今年の新日は動員では相当苦しんでいた印象ですが鷹木選手の話では、その動員についてNOAHのほうが遥かに苦しんでいることを具体的な数字を上げておっしゃっていたのが、シュートを仕掛けた感じがしてたまりませんでした。

プロレスのレベル云々についてはボクはわかりません。

ちなみに両団体の最高峰のベルトが2つ並んで飾られていたのですが、悔しいけどGHCのほうがカッコ良いですね。

IWGP世界ヘビーのほうは、どうにもオモチャっぽさを感じてしまいます。

団体最高峰にしては軽い印象です。

それにこのデザインは鷹木選手には似合わないと思ってます。

きっとオカダ・カズチカ選手にも似合わないと思います。

似合うとしたら高橋ヒロム選手な気がします。

ま、階級が違いますけど。

共に対抗戦前にタイトルマッチがあるとのことですが、対抗戦の時には2人とも丸腰になってそうな気がしてきました。

この対抗戦の後もNOAHとの交流が継続するならば鷹木選手にはGHCヘビーに挑戦してぜひ巻いてほしいです。

きっとIWGPヘビーよりしっくりくるでしょう。

鷹木選手には斬新なデザインよりもトラディショナルなデザインのベルトのほうがピッタリなんじゃないでしょうか。

これは交流戦です

今後も関係を継続して両団体にとってプラスになるように、と考えれば対抗戦にはなりづらいです。

それでも対抗戦を打ち出してきたわけですから、両団体共に覚悟を感じるカードを用意してくれると信じていたのですが、これは交流戦ですね。

仮にこれっきりで終わりになっても良いような、そんな配慮が見えました。

どのタッグマッチにも負けても問題ない選手が必ず入っています。

唯一、オカダ・カズチカ&棚橋弘至 vs 武藤敬司&清宮海斗だけが、誰が負けてもその次がないと困るカードかな?と思いました。

負ける可能性が高いのは清宮選手ですかね?

この試合で清宮選手が丸腰だったら、負けるでしょう。

30分一本勝負だったら時間切れ引き分けも充分あるでしょう。

ということで、期待し過ぎたところもあるでしょうが、ボク的にはワクワクしないカードでした。

やっぱり団体対抗戦て難しいですね。

対抗戦てどちらか負けたほうは団体を畳まにゃならんことになるぐらいの緊張感がないと成立しませんもんね。

もしくは吸収合併とか。

業界全体を考えると新日もNOAHもなくならないほうが良いので、交流戦で良いです。

スーパー戦隊ではよく◯◯レンジャー vs △△レンジャーというのがありますが、あれみたいに最初は戦隊同士いがみあっても最終的には共通の敵を見つけて共闘します。

このようにベビーとヒールで分けてベビーはベビー同士で共闘して、ヒールはヒール同士で共闘すると形で交流するのがいちばん良いのかな?と思います。

それではまた。

ありがとう!


プロレスランキング
最新情報をチェックしよう!
>とにかくプロレスが好き

とにかくプロレスが好き