好き勝手なことを書いておりますが、悪意はありませんのでご了承下さい。

1.5 WRESTLE KINGDOM 16 in 東京ドーム 記者会見 感想

元気ですか〜?!

どうも、ろけねおです。

昨日は柴田勝頼選手の記者会見だけすっ飛ばしてしまいました。

メモをしながら会見を観ていたのですが、メモした「柴田」の部分だけを飛ばしてしまいました。

関連記事

元気ですか〜?!どうも、ろけねおです。今回は先日ありました1月4日のドーム大会の記者会見の感想を書きます。つまり明日は1月5日のドーム大会のことを書きます。試合がないとあからさまに書くことがなくなってしまい[…]

ということで、昨日分に追記しました。

宜しくお願い致します。

1.5 WRESTLE KINGDOM 16 in 東京ドーム 記者会見

イッテンヨンの記者会見に比べますとなんとなくコンパクトな感じがしましたね。

ロッキー・ロメロ選手とウィル・オスプレイ選手の話が聞けなかったのも残念です。

ファンタズモの靴問題メイン

まずはIWGPジュニアタッグ選手権試合のロビー・イーグルス&タイガーマスク vs 田口隆祐&ロッキー・ロメロ vs 石森太二&エル・ファンタズモの記者会見です。

田口選手がこの試合に引退を懸けるようなことをおっしゃっていましたが、実に大袈裟です。

それだけ『69代』というものにこだわりがあるんでしょうけども、なったからってなんなんだ?と思っちゃいます。

チャンピオンチームが防衛したら再び69代チャンピオンになれるチャンスがあるので、どうにも勝てそうになかったらチャンピオンに加勢して石森&ファンタズモを倒す方向に動くんじゃないでしょうか。

そうすれば負けてはないので引退は回避できるし、69代王者をマスター・ワト選手と狙いにも行けるし、ワッショイワッショイです。

試合の行方はさておき、この試合のメインテーマはファンタズモ選手の靴です。

ついに脱がして中に何が入ってるのかわかりそうな雰囲気を感じました。

タイトルマッチそっちのけで皆が靴に集中すれば、あっという間にわかりそうです。

しかし、靴の秘密がわかったらその場でファンタズモ選手の反則負けとなるでしょうから、チャンピオンチームの防衛になりますね。

となると、勝ちに来てるはずの田口組は積極的に靴の秘密を暴きにくるでしょうか?

やっぱりキーマンは田口選手ということでしょうね。

ちょっと楽しみになってきました。

YOHが着替えてる

続きましてはNEVER6人タッグ選手権試合のEVIL&高橋裕二郎&SHO vs 後藤洋央紀&YOSHI-HASHI&YOHの記者会見です。

YOH選手、SHO選手とのシングルマッチの記者会見での服装が余程評判が悪かったのか、違う服を着て出てきましたね。

それでもやっぱりカジュアルな服装なんで、SHO選手のみならず裕二郎選手にもいじられてました。

CHAOSはそもそもヒールユニットだったのですが、今や本隊と組むことも多いので、ベビーフェイスです。

ベビーはこういう場ではキチンとした服装にしないとダメだと思います。

それが出来ないYOH選手が、ヒールターンしたほうが良かったんじゃないかと思えてきました。

でも、SHO選手のヒールが大変しっくり来ていますので、YOH選手のヒールターンもおいそれと出来なくなったと思うので、ここは中途半端なことをしないで本隊?らしいキチンとした服装で出たほうが良かったと思いました。

後藤選手もYOSHI-HASHI選手もネクタイのスタイルでしたが、どちらかはちゃんとネクタイして欲しかったです。

SANADAのホメ殺し

次はSANADA vs グレート-O-カーンの記者会見です。

おしゃべりでは-O-カーン選手が一枚上手かな?と思っていたのですが、なんのなんのSANADA選手もなかなかなものでした。

小道具まで用意して。

サラリとこれでも読んでお前ももう少しおしゃれに気を使いなさいというのをホメ殺し的言い回しで応戦しました。

プロレスは素晴らしいんですけども、リング外のところでの魅力発信が上手く機能していない感のあるSANADA選手ですが、来年はもっともっとこういうところを出していけば、ベルト戦線に絡めると思います。

-O-カーン選手、SANADA選手の本を破ろうとしたんですけど、破れなかったのはカッコ悪かったですね。

パワーも売りの一つなんですから、そんなに分厚くもない雑誌ぐらいはなんなく引き裂いて欲しかったです。

今回-O-カーン選手が見せた破き方なら、ボクでもやれますし。

これはSANADA選手の勝ちでした。

2人は仲良し

次は内藤哲也 vs ジェフ・コブの記者会見です。

2人は仲良しなんだろうなぁと思っちゃいました。

これまでもコブ選手は相手の選手のポーズだったり技だったりをコピーしてましたけど、内藤選手のポーズをマネるのがいちばん楽しそうに見えました。

ドームでコブ選手のデスティーノが観られたら最高ですね。

反則に振り切った棚橋を観たい

最後はIWGP USヘビー級選手権試合のKENTA vs 棚橋弘至の記者会見です。

プランAの反則に振り切る棚橋選手が観たいです。

以前から折に触れて棚橋選手のヒールターンを熱望しています。

でも、それは安易に凶器攻撃に頼らない知能犯のようなヒールになれば良いのに、と思っているので反則に振り切るというのは、こういう機会でもないと観られないと思います。

なので、反則しまくる棚橋選手が観たいです。

これをきっかけに棚橋選手がBULLET CLUBに入るとかあっても面白いと考えています。

記者会見を観ますと、ドーム大会がより楽しみになりましたので、観ていない方は是非観て、良いお正月をお迎え下さい。

それではまた。

ありがとう!


プロレスランキング

最新情報をチェックしよう!
>とにかくプロレスが好き

とにかくプロレスが好き