全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

ジェイとCodyに期待しよう!!@1.4 WrestleKingdom12 観戦記2(新日本プロレスワールド)

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

1.4の観戦記もこれで終わりです。書いてる内に1.5の後楽園大会も終わってしまいまして、微妙な内容になってしまいました。

第0試合のニュージャパンランボーが楽しみだったのですが、今回の目玉は垣原賢人さんの登場でした。

ただ、僕の知っている垣原さんというのは、UWFインターの時だけでして、純プロレスで活躍していた頃は全く存じ上げません。病気でたいへん御苦労なさっているというのも知ってはいますけども、残念ながら何の思い入れもなく、「あ、そういう人いたね」という感じでした。

第4試合 IWGPタッグ選手権試合:ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr. vs EVIL&SANADA

K.E.S.(アーチャー&スミス)の充実ぶりは凄まじかったですね。というかEVIL&SANADAの力不足が目立った試合でした。ほとんど何にもできませんでした。

 

G.O.D.やウォーマシンと戦っている時はここまで力強くコンビネーションのいいチームという印象がなかったのですが、タッグチームとして運用し始めたばかりのEVIL&SANADAと比べるとその差がハッキリ出てしまいました。たぶんK.E.S.がスゴいタッグチームなんでしょうけど、EVIL&SANADAがダメなだけに見えました。

 

でも、キラーボムを味方のカットプレイなしでキックアウトしたのはマズかったような気がします。必殺技が必殺技として機能しなくなったというのはK.E.S.の価値を下げることになるからです。もしかしてキラーボムに変わるフィニッシャーがあるのかな?

 

それともこれで鈴木軍は終わりになるから価値を下げちゃったのかな?

追記:鈴木みのる選手が棚橋弘至選手と絡みそうなので、鈴木軍は継続参戦になるっぽいですね。 

逆にEVIL&SANADAのフィニッシャーであるマジックキラーはパクリですから、単独キックアウトはそんなに驚きませんでしたが、SANADA選手のムーンサルトでの勝利はちょっとあっさり感が否めませんでした。

※ちなみにこちらはSANADA選手のお師匠さんである武藤敬司選手のムーンサルトプレスです。

さて、ここからEVIL&SANADAがチャンピオンになってどういう防衛ロードを歩むのでしょう。タッグリーグの優勝決定戦で戦ったG.O.D.ともやらないといけないでしょうし、まだ直接戦っていないウォーマシンともやらないといけないでしょうが、やっぱりいずれも勝っちゃうんでしょうかね?

 

今回のドームでロスインゴにはこのベルトしかなくなりましたから、これがなくなるとバランスがおかしくなりますからね。

 

次の防衛戦はもう少し勝利に説得力を持たせてほしいものです。ただ、EVIL選手の入場は今年も楽しみになりそうです。

第1試合 IWGP Jr.タッグ選手権試合:ロッポンギ3K vs ヤングバックス

早々にYOH選手が腰をやってしまいまして、またしても3Kはパッとしないまま終わってしまうのかと心配していましたが、むしろこのアクシデントが彼の闘志に火をつけたのか、結末は残念ではありましたがこれまでの3Kの試合では1番楽しめました。

 

ただ、タッグチームとしてはまだまだヤングバックスの敵ではありませんでした。

 

マット・ジャクソン選手が、マジなのかそういう設定にしたのか、YOH選手と同じように腰を痛めて戦っていましたが、それでも3Kが劣って見えました。これからもっと経験積めばもっともっといいチームになると思いますし、ヤングバックスに見劣りしないチームになるんじゃないかと、今回の試合で思わせてくれました。

 

偉そうなことを書かせてもらうと、連携攻撃が上手く繋がらなかったり、フィニッシャーまでの間が長かったりがいつも気になるので、そこを改善できればずいぶんよくなるはずです。

追記:1.5にもマット・ジャクソン選手はテーピングしてましたが、実にウソっぽかったです。あれはアドリブだったのかな?だとしたら、やっぱり超一流のプロレスラーですね。

第6試合 IWGP Jr.ヘビー級選手権試合:マーティ・スカル vs KUSHIDA vs 高橋ヒロム vs ウィル・オスプレイ

試合前はそんなに期待していなかったのですが、実際観てみますとメチャクチャおもしろかったですね。それぞれの魅力をしっかり出た、この日で最もお正月にふさわしい派手な良い試合でした。

 

ただやっぱり不安だったのがなんだかんだ言いながら、KUSHIDA選手がチャンピオンになってしまうんじゃないかということでした。今回のタイトルマッチもなんでKUSHIDA選手が入っているのかよくわかりません。

外国人が選ぶ、現在の新日本プロレスの各派閥で好きな選手は誰?【海外の反応】外国人が選ぶ、現在の新日本プロレスの各派閥で好きな選手は誰?【海外の反応】

海外でKUSHIDA選手は人気があるそうで、KUSHIDA選手はよく海外に呼ばれて戦っているみたいです。だから、日本でのストーリーにほとんど絡んでません。かつてチャンピオンだったかも知れませんが、そんなにホイホイ挑戦できるというのなら、先に獣神サンダー・ライガー選手のタイトルマッチを組んで介錯してあげて欲しいです。

ひとまずKUSHIDA選手がチャンピオンにならなくてホッとしてます。それにしても、今回のKUSHIDA選手のコスチュームはこれまでで1番カッコ悪かったですね。

 

これで再びオスプレイ選手がチャンピオンに返り咲きました。今度こそヒロム選手とタイトルマッチを組んで欲しいですね。

追記:どうやらオスプレイ選手の防衛戦の相手はヒロム選手になりそうですね。やっと見られます。良かった、良かった。

第3試合 Cody vs 飯伏幸太

1.3のプロレス祭りの時のやり取りでいちばん試合が楽しみになったのが、この何のタイトルもかかってないただのシングルマッチのこの試合でした。

 

ここまでCody選手は日本のお客さんに馴染めない雰囲気を醸し出してきました。本人はフルスロットルでしっかりやっているのでしょうけども、ずっと「ややスベリ」を続けている感じでした。これが「どんズベリ」だとガッツリ路線変更を考えたりしたのかも知れませんが、「ややスベリ」だったので、ほんのり改善していけばなんとかなるんじゃないかという判断でここまで来たのでしょう。

 

そこで奥さんのブランディ・コーディさんを投入。1.3のマイク合戦では持ち味を発揮しまして、昔懐かしいトラディショナルなアメリカの嫌な奴って感じでシビレました。全然期待してなかった試合に関する期待感が一気にアップしました。

 

そして、試合はしっかり期待に答えるおもしろい試合でした。Cody選手主導で展開されていたと思います。飯伏選手はほぼいつもと同じ感じではありましたが、ちゃんとスイングしていたともいます。

 

残念ながらCody選手は負けちゃいましたが、ますますCody選手の新日本での活躍を期待させてくれました。前にも書きましたが、今年はG1出てくれるかな〜。出てくれるといいな〜。ま、まだ今年は始まったばかりですが・・・。

第7試合 IWGP インターコンチネンタル選手権試合 棚橋弘至 vs ジェイ・ホワイト

簡易感想に書きましたが、これはガッカリでした。ジェイ・ホワイト選手もしんどいシチュエーションで前哨戦もやれずかわいそうでしたが、それを差し引いても僕の期待には応えてくれませんでした。

 

そして何よりも棚橋選手が一線で活躍するのはもうこれで終わりということがハッキリしてしまう試合でした。

 

大一番にコンディションを整えられないのは、一流のレスラーではありえないことです。仮にコンディションが整えられなくても、それをお客さんに知られるような試合はしてはいけないと思います。

 

ところが入場から、こりゃ良くなってないなとすぐにわかる歩き方でした。しかも腕にもまだサポーターというのかな?生腕じゃなかったですから、腕すらベストじゃないんです。

 

前哨戦すっ飛ばしてこれはダメです。それなら潔くドームお休みして欲しかったですね。ケガによって防衛戦ができないということで王座返上、王座決定戦トーナメントをやれば、6人タッグをあんなにガチャガチャにしなくても良かったのにって思います。

 

ここのところ棚橋選手は、ベストとは言わなくともベターな体調でビッグマッチに参加してないんじゃないですか?昔の功績だけでいつまでもビッグマッチで主要タイトルに絡んではいけません。こういうのはこのドームで終わりにして欲しい。

 

そんなバッドコンディションの棚橋選手をボコボコに出来なかったジェイ選手にもガッカリです。結果負けるにしても、棚橋選手を立って控え室に帰れないくらいにしないとダメです。

 

だって関節は全部砕く的なこと言ってたんだから。

 

今回の失敗を糧にして、これからのビッグマッチを彩る選手になって欲しいです。

追記:ジェイ・ホワイト選手はCHAOSに加入しまして、USヘビーを狙うそうです。ぜひとも、ケニーと対等にやれる選手であるというところを試合で見せてほしいものです。

それではまた。

ありがとう!