全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

ここからは筆者の推論となる@『ミュージシャンはなぜ糟糠の妻を捨てるのか?』細田昌志 読書感想文

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

久しぶりに本を読みました。

若い時に支えてくれた女性を妻にして、ド〜ンと売れたら捨てるということをできるくらいになれば、本当に売れてるってことだから、それくらいに成れたら良いなと考えながら、アマチュアミュージシャンをやっていたら僕が捨てられてしまいました。 

そんな僕とは違って、しっかり売れて、しっかり妻を捨てたのはいったいどうしてなんだ?という「そりゃモテ方がハンパないからでしょ?」とか「妻よりキレイな人がバンバン目の前に現れるからでしょ?」という答え以外の答えを求めてさまよう本でした。

糟糠の妻を捨てたミュージシャンは純粋で誠実

もしも僕がミュージシャンとしてドカ〜ンと売れていたら、やっぱり妻を捨てていたのだろうか?と考えました。

 

そして、結論は「捨てない」でした。

 

売れてるからこそ、お金をバンバン稼いでいるからこそ、女性がワンサカ寄ってくるんであって、1人の人間として愛してくれているとは到底思えないような気がするからです。でも、スケベーですから浮気はしますね、きっと。

 

昔の芸人さんは奥さんに浮気がバレても浮気相手と結婚するというようなことはせず、「母ちゃん、堪忍して、もうせえへんから」と土下座して許してもらうものでした。

※もちろん、そうじゃない芸人さんもいっぱいいますが・・・。

たぶん僕が売れていたら、こっちだったはずです。だから、捨てません。

 

巻末の精神科医の香山リカさんと著者さんの対談の中で、

香山リカ オフィシャルウェブサイト香山リカ オフィシャルウェブサイト

糟糠の妻を捨てたミュージシャンたちは、誠実であるというような話が出てくるのですが、僕もそう思います。

 

そういう関係になっちゃった場合、女性のほうはヨソの亭主を奪ってやろうという気持ちじゃなくて、たまたま好きになっちゃった人がヨソの亭主だった、そこの子供のことを考えると辛いとか申し訳ないという気持ちになってる人が多いんだそうです。

 

ところが、男性の多くはバレると「遊びでした」、「浮気でした」、「妻に謝りました」、「二度としません」というようなことを言うのです。真剣に愛していた女性にとってはキツいんじゃないか、と。

 

糟糠の妻を捨てたミュージシャンは、つまり妻以外の人に本気になっちゃったから別れて、浮気相手(本気なわけだからこの表現は変なんですが)とちゃんと結婚するというとっても真面目な方だというわけです。

 

純粋なんですね。僕が不純なんです。

 

最近の不倫ブームの火付け役と言えば『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音さんですけども、

【最新版】ベッキー不倫騒動の被害者・川谷絵音の妻が激しく悲惨な21の理由 / 嫁が妊娠中にやられ続けた拷問的行為 | バズプラスニュース Buzz+【最新版】ベッキー不倫騒動の被害者・川谷絵音の妻が激しく悲惨な21の理由 / 嫁が妊娠中にやられ続けた拷問的行為 | バズプラスニュース Buzz+

彼もまたベッキーといい関係になった時には、タイミングが最悪ではあるけども、離婚を切り出しています。タイミングが最低だけども、キチンと離婚して次の人にスイッチしようとしているのです。

やっぱり超モテる・ゲス川谷絵音が女心をくすぐるポイントは「柔らかさ」 - エキサイトニュース(1/2)やっぱり超モテる・ゲス川谷絵音が女心をくすぐるポイントは「柔らかさ」 - エキサイトニュース(1/2)

これを読んでみますと、美人ハーフタレントが寄ってきたから遊んだれ〜って感じではなく、本気で好きになっちゃったのかな〜と思わせます。多くの男が性欲に突き動かされているだけなのに対して、糟糠の妻を捨てたミュージシャンはちゃんと心が動いているのです。

 

そういう風に考えたことなかったから、新鮮でした。

全ては想像である!

ここには5人のミュージシャンについて書かれています。GLAYのTERUさんについて

布袋寅泰さんについて

Mr.Childrenの桜井和寿さんについて

小室哲哉さんについて

矢沢永吉さんについて

GLAYと矢沢さんはほとんど聴いたことがありませんが、その他の方はアルバムを持ってます。ファンってほどでもないんですが、やっぱりミュージシャンとしては偉大であると思います。

 

彼らがどういった経緯で最初の奥さんと結婚して、どういう経緯で次の奥さんに出会ったのかというのを本人に一切取材することなく、本人のインタビューやら本人の書いた本などから情報を集めて書かれてあります。

 

つまり、結論は全て想像です。それぞれのミュージシャンについてのまとめは「ここからは筆者の推論となる」で始まります。

 

だからモヤモヤして、どうにもオチのパンチ力が欠けるのです。せめて本人に近い人にアプローチして取材したとかあれば良いんですが、そういうのもないのです。ネットでチャチャッと調べてブログ書いてるのと大して違わないじゃんって思ってしまいました。

元サムライTVのキャスターだった方が著者さん

これを書いたのが井上公造さんのような芸能リポーターの方だったら、いっぱい取材してそうだから、この本ほどもやもやもしなかったのかも知れませんが、

井上公造芸能井上公造芸能 

そうではなく、こういう方でした。

現代ビジネス | 細田 昌志  Masashi Hosoda現代ビジネス | 細田 昌志 Masashi Hosoda

サムライTVでキャスターをやっていた放送作家の方なのです。巻末に香山リカさんとの対談の中でプロレスの話題がほんのり入ってますが、そういうことだったのですね。サムライTVは存在こそ知っているものの一度も観たことがないので、この方の名前も顔も存じ上げませんでした。

 

思わぬところでプロレスの話題を目にして、なかなかプロレスもメジャーになってきたものだな〜と思っちゃいました。

証言・「1988年の新生UWF」(前篇)(細田 昌志) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)証言・「1988年の新生UWF」(前篇)(細田 昌志) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

こんなインタビューもしておられるので、かなりプロレスにはお詳しい様子。ぜひ次作はプロレスについて書いて欲しいですね。プロレスに関してはガッツリ取材できそうですし。

 

それから、大体のことはハッキリしないのでモヤモヤする本ですが、この著者さんが中村アンさんがとにかく好きなんだなということだけはハッキリしてます。

僕も中村アンさん好きでした(過去形にしたのは、体を鍛えてマッチョな方向へ行かれてからはガクッと興味を失ってしまったので・・・)ので、この著者さんとは仲良くなれそうな気がしました。

 

ヒマでヒマでしょうがないときに読むのにちょうどいい本でした。

 

それではまた。

ありがとう!