全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

今週のお題「バレンタインデー」

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

書くことに困ったわけでもないのですが、たまには時事ネタに触れてみようかとチャンレンジしました。来年も同じことを書くかも知れませんが、許して下さい。

 

バレンタインデーに甘酸っぱい思い出はなく、どちらかとしんどいイメージのほうが強いです。

小学生の頃

思えばバレンタインデーという制度はすでに小学校の時にはありました。35年くらい前ですよ。ありがたいことに義理チョコというシステムも出来上がってました。

 

学校にお菓子とか持ってきたらイカン時代(今はどうなの?今もダメ?)だったので、学校でおおっぴらにもらうってことはなかったように思います。いや、単にモテなかっただけか。

 

当時、好きだった女の子に義理チョコですけどもらいまして、大変嬉しくてつい母親に見せびらかしてしまいました。すると母親は、何が何でもお返しをしなさいというわけです。初めて他人からチョコレートをもらったものですから、お返しというのは何を返せば良いのかぜんぜんわからないわけです。すると母親が、ホワイトデーにマシュマロを返したら良いと言うのです。

当時の僕はマシュマロというものを知りませんでした。未だに何がおいしいのかサッパリわからないこのマシュマロ、こんなのをもらっても困るんじゃないかな〜と思いました。それに、義理チョコにお返しすると愛の告白と勘違いして受け取って、僕だけ盛り上がっている感じがして、スゴく恥ずかしいのです。

 

でも、あまりに母親がキツく言うので仕方なくマシュマロを購入して、学校に持っていくのは恥ずかしいので、その子のウチにまで持って行きました。当然、彼女に渡すこともまた恥ずかしいのです。何しろこっちは好きなわけですから。彼女のウチの前まで来て、ピンポンを押すか押すまいかで悩みまくり、結局彼女のウチのポストにマシュマロを押し込んで逃げました。

 

今考えれば何も知らず朝刊を取りに行ったらマシュマロが押し込んであったので、家族の方々はびっくりしたでしょうね。

 

当然、その子とはそれ以降、全く何も起こらないまま現在を迎えました。今も時々その子の家の前を通ることがあって、ふとポストを見るとその時のことを思い出すのです。ああ恥ずかしい。

大学生の頃

当時お付き合いをしていた彼女がいました。でも、運悪くその時空前のモテ期が到来してまして、バレンタインデーのダブルヘッダーを敢行してしまいました。

 

つまりすでにお付き合いしていることになっている彼女とお昼から夕方までデートして、その後具合が悪くなったとウソをついて晩ごはん前に解散し、そこからちょっかい出された別の女の子と晩ごはんを食べました。

 

ごはんの後、その女の子のウチに行ってイチャイチャしてました。

 

ちょうどその頃、以前付き合っていた人がなぜかこのタイミングでヨリを戻したいと言い出しまして、ヨリを戻す気はサラサラなかったのですが、キープしておこうという気持ちになってしまいまして、気を持たせたまま態度を保留してました。

 

そのヨリを戻したいと言った子が、晩ごはんを食べに行った子のお友達でして、イチャイチャしてるところに偶然やって来てしまいました。グチャグチャになりました。

 

複数の女性と上手く付き合っている友達がいたものですから、自分にもできるかな〜と思ったのですがダメでした。ちなみにお昼から夕方までデートしていた子とは、ダブルヘッダーもバレず(多分)に、それからしばらくお付き合いしましたが、最終的には彼女に好きな人が出来たということで捨てられてしまいました。

 

バレンタインデーになると、その時ほんのわずかなほろ苦いモテ期の思い出が蘇ります。

オッサンになってから

会社で義理チョコを配る制度がありまして、話したこともない方から無理やり義理チョコを渡されて、お返しをよこせと言われました。チョコレートは大好きなのでチョコレートをいただくことは大変うれしいわけですが、微妙に好みじゃないチョコだったりしてしんどかったです。

 

僕はブロックチョコが大好きなんですが、

さすがにこういうのは配らないわけです。同じ部署の義理チョコをもらった男性全員でお金出しあってど〜んとお返ししようとなって、自分でチョコ変えば100円ちょっと済む話が、そこそこ出費になったりするんです。バレンタインデーのときだけ有給取りたかったです。

 

今は部署の異動で知らない人から無理やり渡されるということはなくなりまして、もらってもお返ししても気持ちが良いやりとりになりまして、良かったと思っておりますが、やっぱり義理チョコは不要です。

withnews.jp

なので、ゴディバの例の広告を見て、よくぞゴディバよ、言うてくれた〜と嬉しくなりました。でも、よ〜く考えるとゴディバのような高級なチョコレート、義理チョコにしませんよね?というかゴディバなら義理チョコでもぜんぜんOKです。

 

いや、でも、そんなのもらったお返しがキツいか。

 

今年も妻がチョコレートをくれるそうですので、それで充分。他の人がたくさんもらってようが何とも思わないので、義理チョコはもってこないで欲しいです。

 

ま、本命チョコでも困るんですがね。

 

それではまた。

ありがとう!