全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

僕は昭和のプロレスファンです@『1984年のUWF』柳澤健 読書感想文

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

ついに読んでしまいました。

ここのところ、プロレス関連の本というとUWFになってしまいまして、

 今回の本をもって、UWF関連はおしまいかなと思っております。

 

『証言UWF』を読んだときに今回の本についてフミ・サイトーこと斎藤文彦さんがずいぶん怒っておられるというのを読んで、とりあえず読むのをやめようと思っていたのですが、やっぱり読んじゃいました。

『1984年のUWF』はサイテーの本!■「斎藤文彦INTERVIEWS⑬」:Dropkick:『Dropkick』チャンネル(Dropkick編集部) - ニコニコチャンネル:スポーツ『1984年のUWF』はサイテーの本!「斎藤文彦INTERVIEWS⑬」:Dropkick:『Dropkick』チャンネル(Dropkick編集部) - ニコニコチャンネル:スポーツ

率直な感想は「あんまりプロレスを知らない人が書いた本だな〜」です。サイトーさんが怒るのも無理ない。

 

プロレスをよく知らない人がプロレスをさげすんで語るということを何度も人生の中で経験しています。だから、腹が立つというより、仕事上とは言えせっかくプロレスに足を踏み入れて様々文献を読んで、本をお書きになったのにこんな程度で終わって実に残念な人だな〜というガッカリ感があります。

タイトルと内容が合ってない

タイトルからすると1984年のUWFという団体、会社について事細かに書かれているものかと思っていましたが『U.W.F.戦史』のほうが丁寧にUWFを追いかけてます。だから、このあたりのUWFに興味がある方は『U.W.F.戦史』を読んだほうが良いですね。

調べてもおもしろい話が出てこなかったのか、大して調べてないのかはわかりませんけど、UWF以外の話で本の体裁を整えてます。1984年とハッキリと書いてるのに新生UWFの話や、シューティング(修斗)の話とか出てきますからね。

 

しかも、僕はまだプロレス然としていた頃のUWFには興味があっても、新生となってからUWFや修斗には全く興味が湧かないので、そんなことは良いからもっと1984年のUWFを追いかけてくれよ!と思いながら読んでました。

中井祐樹には興味ない

この本はUWFはプロレスであって格闘技ではないということを修斗の選手だった中井祐樹さんの話を使って語られています。

中井祐樹 - Wikipedia

修斗そのものに興味がないのだから、修斗の選手の話なんて、なおさら興味がない。どういう経緯で彼がプロレスに見切りをつけたのかなんて、どうでも良いし、プロレスを好きになってるやつなんて、何もわかってないバカだとでも言いたげで、このくだりは終始気分が悪かったです。

※ちなみに中井さん本人は別にプロレスをさげすんではいませんよ。

 

プロレスが格闘技ではないことがさも悪いことであるかのように書いてあるのが、子供の頃からエンターテイメントの部分に大いに見せられてきた僕としてはカチンと来ました。

 

とはいえ、中井vsゴルドーが気になってしまい、You Tubeで観てしまいましたがね。

Giant slayer!!! Yuki Nakai - 3 fights in 1 night!! (Gets blinded for life) (Vale Tudo Japan) - YouTube

観たけど、ただグロいだけでした。

前田日明をガチのできないチキンだと罵りたいんだろう

佐山聡という人が素晴らしいレスラーであり、総合格闘技というものを生み出すきっかけになった人でもあるプロレス史にも格闘技しにも名を残す凄い方であるのは間違いありません。

 

ただ、その凄さを引き立たせるために前田日明さんを利用するのはちょっとどうかな〜と、やっぱり気分が悪かったです。前田日明さんのことをガチンコのできない臆病者だと言いたげでした。

 

しかもプロレスラーとしてもド下手だと書いてあります。実際に相手選手をケガさせていますし、言われてもしょうがない部分もありますけど、それでもUWFから新日本にUターンしてきた頃の前田日明さんはカッコよかったのよ。強そうだったのよ。そんな強そうな前田さんのキックを全部受けとめた藤波辰巳選手だってカッコよかったのよ。

子供の頃の僕なんて「カッコいい」ただそれだけで充分でした。

 

それにUWFをガチンコにできなかったのは、多くのプロレスファンがガチンコを観て楽しめるだけの知識も経験もなかったからで、それでも食っていくためにはプロレスファンを喜ばせなければならないという事情があったからでしょう。

 

そんなに悪者にしなくてもね〜と。

 

これを読んで、やっぱり僕は純粋なプロレスのほうが好きであることがハッキリとわかりました。総合格闘技もたまに観たりはしますけど、未だにお金払ってまで観ようという気持ちにはなりません。PRIDEがどっか〜んと人気が出たときもピクリとも動きませんでした。ま、その時にはプロレスも観てなかったんですがね。ごめんなさい。

きっとUWFで佐山さんはこういう感じにしたかったんだと思いますが、10年早すぎましたね。ちなみに今の僕が観てもこれは物足りません。

 

だから、僕は昭和のプロレスファンと同じです。ガチンコを楽しめなかった昭和のファンと同じです。

 

わあわあ言いながらプロレスを観たいし、勝って欲しい人にキチンとカッコ良く勝ってもらいたいし、悪いやつはキチンと悪いことをして、キチンと制裁を受けて欲しいのです。

 

感じ悪くて嫌なやつだけど強いから勝っちゃうというのは、別にお金払って観に行かなくても日常生活で普通にあることじゃないですか。リアルなものは、感動させられることもあるけど、厳しいものですよ。悲しいものですよ。僕はお金払って観るなら、喜びたいし、笑いたいし、泣くなら感動で泣きたいのです。

 

プロレスは最高です。ガチンコになんて興味が湧かなくて良かったな〜と本当に思いました。

 

それではまた。

ありがとう!