全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

これぞ大阪だ@『通天閣』西加奈子

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

普段ほとんど小説は読まないのですが、西加奈子さんの作品は時々読みます。

 

なぜなら、西加奈子さんはプロレスファンだからです。プロレスが好きだというだけできっと自分と同じところで笑う人なんだろう、自分と同じところで泣ける人なんだろうと思えてきます。

そんな人が書く小説なら、きっと面白がれるはず。

 

ということで、今回はその西加奈子さんの『通天閣』という本の感想を書きます。

現実世界と境界のない小説の中の世界

いや〜面白い小説でした。大笑いするようなものではないけども、す〜っと心に染みこんでくるような面白さがありました。どういうことか、わかりにくいでしょうか。

 

普段小説を読んでいる時(そんなに読まないんですけどね)、僕は映画を観ているような感じで物語の展開を眺めています。小説の世界を俯瞰で見ているのです。

 

物語に出てくるキャラクターの誰かに自分を投影して、その物語の住人になるということはあまりありません。

 

ところが、この小説には妙なリアリティを感じまして、今いる世界が実はそもそも小説の中の世界なんじゃないかと思わせるほど、物語の中に入り込めたのです。

 

ちなみにタイトルで分かる通り舞台は大阪の通天閣がある辺り(新世界)に設定されているのですが、僕はその場所に縁もゆかりもありません。「縁もゆかりも」全部漢字で書いてしまうと「縁も縁も」となり、わかりにくくなるのに今気が付きました。

 

例えば主人公の部屋の中の情景描写の場面では、リアルに自分の部屋の情景を思い浮かべてるようになってきて、実際の自分の部屋とは全く違うのですが、いつも使っているような安心感さえ覚えるようになっていくのでした。

 

自分にとっては不思議な体験でした。小説が好きな人にはよくあるのかも知れませんが・・・。

 

こうなると小説は俄然面白くなりますよね。

凄まじくリアルな人たち

実際にモデルになった人がいるのかも知れませんが、ドキュメンタリー映画を観ているようなリアリティを感じました。

 

出てくるキャラクターはクセの強い人ばかりなんですが、大阪にならこの小説に出てくるような人がアッチコッチにいるに違いない、いてもなんらおかしくないと思わせるものがあります。

 

主人公が二人なのですが、片方は私とほぼ同じ年でして、何となく自分に似ているように思えて、さらに親近感を覚えました。

 

親近感が出ると一段と物語にのめり込んで行けて、主人公が味わう喜びや悲しみもまるで自分のことのように感じられるところまで来てました。

 

何もかも本当に起こった出来事を体験しているかのような、自分が小説の一部になっているような状態でした。

 

主人公とシンクロしたというより、主人公にスゴく近い人間として、この小説には出てこない来ないけど、僕都合で出演しているような感覚でした。

 

世界も人もとにかくリアルに感じられる小説です。

 

これが直木賞作家の文章力なのでしょうか。

 

見た目が汚いほうがむしろキレイ

テーマは「生きること」と「愛すること」は無条件で美しいということかと思います。

 

美しさを描くわけですから、本来もっとキラキラ光っているものとして描かれるのが普通なのではないでしょうか。皮膚感覚でキレイだな〜とわかるという感じです。

 

だけども、大阪というフィルターを通すと少しも光ってはいないし、むしろなんだか汚く見えます。いや、実際汚いのもあります。

 

でも、それが美しい。人は誰しも生きているだけで美しく、誰かを愛するだけで美しい存在なのだというのを教えてくれました。たとえ傍から見て汚くても、そこには美しくキラキラ輝く世界があるのです。

 

いや、むしろ大阪をまとってちょっと汚くしたからこそ、美しさが際立ったのかもしれませんね。

 

大阪が汚いということではないですよ。上品さからは多少遠ざかってるということでしょうか。

 

どっちにしてもゴメンナサイ。

散々笑って最後にドバっと泣かされた

大半は笑わされるのに、最後になってドドドッと感動が押し寄せてきます。

 

悲しい結末ではあるのだけども、ただ悲しくて泣けた部分もあったけど、涙の成分のほとんどは良かった〜という感動でした。笑って気持ちよくなり、泣いて気持ち良くなってしまいました。

 

ぜんぜんハッピーエンドではないのだけども、なんか良かったな〜と思わせる物語でした。

 

関西人だからこそ、感動できたというところもあるでしょうから、関西じゃない人が読んだ時どう思うのかが気になる小説ですね。万人受けはしないかな?

 

ともかく僕にとっては良い物語でありました。

 

それではまた。

ありがとう!