全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

日本一早い2019東京ドーム・メインカード予想その2

元気ですか〜⁉︎

どうも、ろけねおです。

 

 

昨日に引き続きまして『日本一早い2019東京ドーム・メインカード予想』と題しまして、新日本プロレス下半期の流れを大雑把に予想して遊びませていただきます。 

www.loca-neo.com

予想するに当たっての前提条件は前回と同じでございます。 

前提1:赤コーナーはケニー・オメガ

これは揺るぎません。大阪城ホールではオカダ・カズチカ選手はスカッと負けます。個人的に大スランプから大復活という流れが大好きなんです。わからない人もいるでしょうけども、かつて橋本真也選手がトニー・ホームというボクサーのようなプロレスラーに負けちゃったことがあったんです。

トニー・ホーム/レスラーノート/ダークロHPトニー・ホーム/レスラーノート/ダークロHP

ボコボコに殴られて、良いところなしで負けちゃったもんですから、しばらくお休みしたんです。しばらく休んでいる間に中国で武術(どういう武術なのかはよくわかりませんが、帰ってきたら少林寺のお坊さん風味のコスチュームで入場してました)の修行をしてました。

 

そこで新技・水面蹴りを会得して、その技でトニー・ホーム選手を倒す(水面蹴りがフィニッシュになったわけじゃないけどね)というのがあったのです。

 

武藤敬司選手にもこういうことがありまして、大スランプからの大復活後はIWPGチャンピオンになってG1で優勝して、UWFインターの高田延彦さんを倒しドラゴンスクリューからの四の字固めという新フィニッシュも開発するという八面六臂の大活躍でまさに驀進しました。

 

今や完全無欠のチャンピオンであるオカダ選手ではありますけども、さらなる飛躍をするためには一度もう「だめだこりゃ」と思わせるほどの大スランプに陥るしかないのです。

ということで、ケニー選手は東京ドームのメインの赤コーナーに立つのです。

前提2:オカダさん、内藤さんのG1はない

現状の新日本プロレスを考えれば、オカダ選手と内藤哲也選手をドームのメインに使わないということは考えにくいのですが、マンネリを打破したいのでここはスターの2人をメインには使わない方針で考えました。

 

90年台はメインイベンターがいっぱいいたのです。長州力さん、藤波辰爾さんの両ベテランがいて、闘魂三銃士がいて、馳浩さん、佐々木健介さん、日本人だけで7人ですよ。ここに越中詩郎さんや、天龍源一郎さんもいたわけです。さらには外国人もビッグバン・ベイダーさん、クラッシャー・バンバン・ビガロさん、スコット・ノートンさんといたわけですから、そりゃ4大ドームツアーなんてのができるよね〜って感じです。

 

ここまでとは行かなくてもあと2,3人はドームでメイン張ってもおかしくない選手がいたほうが良いんじゃないかと思います。

 

ここ数年はすでにメインイベンターの人が優勝するという番狂わせが一切ないG1でした。唯一、ケニー選手の優勝は従来のG1でしたので、こういう使い方を今年こそはしてほしいと願うわけです。

 

ということで昨日は飯伏幸太選手の優勝を描いてみました。

 

しかし、その2ですから、今回はちょっと違います。

G1優勝は棚橋弘至選手

レスリングどんたく2018で見事に砕け散った棚橋弘至選手の優勝を推してみます。

レスリングどんたく2018のレインメーカー

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

ただこれには一つだけ条件があります。それは以前書きました、棚橋選手のヒールターンでございます。 

www.loca-neo.com

これがなかったらG1優勝云々の前に出場も微妙なところだと考えています。とはいえ、何かのきっかけがあったのヒールターンのほうがすんなり行けると思うので、ここはかつて蝶野正洋さんもやった形ににしてはどうでしょうか。


    1994年9月の蝶野正洋~白き極上バタフライから黒き極悪バタフライへ! 衝撃の武闘派転向~【ぼくらのプロレス物語】|ぼくらのプロレス  1994年9月の蝶野正洋~白き極上バタフライから黒き極悪バタフライへ! 衝撃の武闘派転向~【ぼくらのプロレス物語】|ぼくらのプロレス

全然知らない若い方にとってはなんじゃそら?ってなるでしょうけども、これほど見事なヒールターンはなかったんです。あの時、ヒールターンをしてなかったらビッグマッチの解説席に座ることも、TVショーの司会をやることも、大晦日に芸人にビンタを食らわすこともなかったでしょう。

 

ただ、黒になる前の白の蝶野さんは今の棚橋選手ほどの地位は築いてませんでした。闘魂三銃士の中で最もパッとしない地味なレスラーでした。服装と使う言葉を変えただけでファイトスタイルはほぼ同じ。ちょっぴり反則が増えたくらいです。それでお客さんはヤンヤの歓声、Tシャツは飛ぶように売れるということになりました。

 

さて、棚橋選手がG1に優勝するためには、当然勝ち点を積み重ねていかねばなりません。オカダ選手とのIWGPヘビー級選手権試合をご覧になられた方は分かりますでしょうが、やっぱりずいぶんと動きが悪くなっている棚橋選手が普通に勝ちを収めるにはちょっと説得力がなさすぎます。

 

となると、ニュージャパンカップの2回戦の戦い方がベターでしょう。そうバッドラック・ファレ選手にリングアウト勝ちしたあの試合です。平成が終わろうとするこの時代において、リングアウト勝ちをメインでやっても良いということを証明した歴史的大会でした。G1もリングアウト勝ちをバンバン拾えば良いんです。

 

昨年と同じ人数のエントリーならばリーグ戦全9試合で、この際だから9つとも全部勝っちゃうとします。リングアウト勝ちに加えて、一瞬の返し技での勝利も含めて9勝なら、違和感ないんじゃないでしょうか。中には短期決着も入れれば、コンディションがあまりよくなくても長いG1というシリーズを乗り切れるのではないかと思います。

 

思えば若い頃の棚橋選手は丸込みの技を積極的に使っておられたように思います。ハイフライフローでの勝利が見れないのはいささか寂しくなりますが、これからもリングに上ってもらうことを考えれば、あの技はもう使わない方向に持っていくべきでしょう。

 

そして試合後のバックステージのコメントでは悪態をつき、負けた相手とそのファンをイライラさせて欲しいのです。

 

優勝を決めたら、今度は故意に優勝旗をへし折り、優勝おめでとうというムードを一切作らずに終わるという展開になります。

 

そしてドームのメイン、青コーナーに棚橋選手が立つのです。

 

どうでしょう?

 

棚橋選手がヒールターンしたなら、もう一度IWGPヘビーを巻いてもいいとすら思っています。

 

いっぱい書きましたけども、まずは大阪城ホールがどうなるかですね。ウキウキしながら待ちましょう。僕はライブ観戦します。

 

それではまた。

ありがとう!