全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

『To Be The 外道 ”レヴェルの違う!”生き残り術』 外道 読書感想文

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

分厚い本でしたが、あっという間に読めました。速読ができるようになったのかと錯覚するくらいにサラサラっと読めてしまいました。外道さんの生い立ちから、プロレスラーになってからの経緯が丁寧に書かれてある本です。サブタイトルにさもビジネス書風味の「生き残り術」なんてありますけど、残念ながら「術」はありません。

上手下手でレスラーを語る

最近プロレスファンになった方には特に読んで欲しい内容でした。というのも、先日後楽園ホール大会でロッポンギ3Kと鈴木軍の試合がありましたね。

www.loca-neo.com

www.loca-neo.com

その直後、某SNSの新日ファンの集まるところに行きましたら、ある方がロッポンギ3Kと鈴木軍に力量の差がかなりある、というような感想を書かれておりました。そこにコメントをした方が鈴木軍は強かったですか?と来たわけです。

 

長らくプロレスを観ている方なら、ロッポンギ3Kと鈴木軍の力の差が強い弱いの話ではないのはすぐわかると思います。なぜならプロレスラーを強い弱いで比較するのは意味がないからです。強い弱いで観るのは、同じようなリングで行うものですと総合格闘技とかボクシングとかです。リングを使っているので同じにとらえている人がいますが、全くの別物です。この狭間でガッカリしてプロレスから去っていく人もいますが、上手下手で観られるようになるとプロレスの面白さがグンと広がります。

 

この本では上手下手でレスラーが語られています。上手いレスラーの名前が多く出てきますが、そのほとんどが現在試合が見られないレスラーですので、どういうことが上手いのか確認しづらいのですが、現役レスラーについても語られていますから試合を見たことがある人ならなるほど〜となるはずです。

 

だから、最近ファンになった方が読むとプロレスの真の魅力に触れられたような気持ちになるんじゃないかと思います。やっぱりガッカリするかもしれませんがね。

それは闘魂である

外道さんは、この本の中で事あるごとにプロレスラーに大事なのはファイティングスピリットであると書かれておられます。

 

これがリング上で見えてこないと、技術がショボいとお遊戯だし、技術が高くてもダンスになってしまうというのです。ファイティングスピリットを見せられてこそ、プロのレスラーなのです。

 

外道さんは、たけしプロレス軍団からキャリアをスタートしていまして、ほとんどアントニオ猪木さんに触れずに新日本プロレスにたどり着きました。全日本プロレスが大好きであったと書かれてありますので、むしろ猪木さんのことは嫌いだったかもしれません。

 

それなのに、大事なのはファイティングスピリットだと。つまりこれ日本語では闘魂ですよ。闘魂と言えばアントニオ猪木です。

ファイティングスピリットの重要性は全日本女子プロレスの偉い人に教わったそうなので、猪木さんは全然関係ないんですがね。不思議な縁です。

 

僕はずっと猪木さんが好きですから、やっぱりプロレスは闘魂だったんだな〜と嬉しくなりました。当然外道さんとは会ったことも喋ったこともないんですが、外道さんと分かり合えたような気持ちになりました。

 

チャンピオンになったばかりのオカダ・カズチカ選手には感情があまり見えなくて、それこそ闘魂も感じられませんでしたが、近頃は大勝負になると闘魂が感じられるようになって、ますます好きになってます。外道さんの思いが伝わったのかな。

 

ファイティングスピリットもそうだし、間だったり、空気だったりというのは、教えてもダメなんだそうです。教えようもないのかもしれませんし。

 

最初から出来る人もいれば、途中から自分で気がつく人もいるけど、出来ない人はどんなにキャリアを重ねてもダメみたいで、体が大きくても、身体能力が高くても、バカはダメだキッパリおっしゃってます。ここがプロレスの難しいところなんでしょうね。

 

CHAOSのあの2人を観てると、この辺りの話、実に腑に落ちます。よくわかります。この本を読んだ人はみんな「ああ」となるでしょう。覚醒するしかないんです。

もっと上手い選手として観たかった

外道さんがプロレスを教わった方々として、往年の名レスラーの名前がバンバン出てきます。

 

パット・タナカさん、佐藤昭雄さん、アポロ菅原さん、阿修羅原さん、そして外道さんが最もプロレスを教わった冬木弘道さん。これらの方々にプロレスのいろはを、教えてもらったと書かれてあります。

 

他にもNOAHの小川良成選手からチンクラッシャーを盗んだとか、



プロレスリング・ノア公式サイト | PRO-WRESTLING NOAH OFFICIAL SITE

プロレスリング・ノア公式サイト | PRO-WRESTLING NOAH OFFICIAL SITE

後輩ではあるのですが、ZERO-1の田中将斗選手からプロレスラーとしての在り方を教わったとか出てきます。

田中将斗(Masato Tanaka)(@masato_dangan)さん | Twitter田中将斗(Masato Tanaka)(@masato_dangan)さん | Twitter

小川選手と田中選手の試合は観たことがありますし、外道さんのお二方の評価はとってもよくわかります。ただ、冬木さんより上の世代の人達の試合をあまり観たことがありません。観てはいても、上手下手で観ていないので、ぜんぜん注目してませんでした。

 

唯一よく知ってるのが冬木さんになるのですが、冬木さんがかつてサムソン冬木だった頃は、僕はガチガチの新日信者で、タプタプした腹と奇声あげて戦うサムソン冬木が大嫌いでした。おかげでちゃんと彼を観る気もしませんでした。実にもったいないことしたな〜と、もっとしっかり冬木さんの試合を観れば良かったな〜と多少後悔しました。

あの頃は山本小鉄さんの本だったかな?読んだおかげで、あんなタプタプした体は練習してない→そんな奴が強いワケがない→弱いレスラーは嫌いってなってましたね。そう当時の僕は強い弱いで試合を観ていたのです。

 

ほぼ同世代である外道さんは若い頃から、プロレスラーを上手下手で観ておられて、周りの友達が強そうな見た目がカッコいいレスラーに惹かれていく中、渋いレスラーにばかり心を奪われていたそうです。業界に入ってからわかったのではなく、ファンの時にすでにその境地に達していたということは、そういう意味で外道さんも天才なのかな?

 

昔は今みたいにいろんな情報を掴めませんでしたからね。その中でプロレスの本質?を理解できていたというのは凄いことです。

 

オカダ選手もレヴェルが違いますが、外道さんもまたレヴェルが違ってたのです。それがよくわかりました。大阪ではBUSHI選手と生涯のベストバウトをやって欲しいです。ここまではvsプリンス・デイヴィッド(現WWE:フィン・ベイラー)がベストバウトだそうですから。

 

大阪大会がまた楽しみになりました。

 

それではまた。

ありがとう!