全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

明日は雪の札幌2連戦初日ですよ!

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

やっと雪の札幌です。ワクワクします。

www.loca-neo.com

勝敗予想を主要カードだけ書きましたので、今回は1日目のその他の試合で気になるものについて考えてみました。

第4試合の6人タッグ選手権試合と第6試合のYOSHI-HASHIさん

まずはこの2試合です。

第4試合:バッドラック・ファレ&タマ・トンガ&タンガ・ロア vs 真壁刀義&トーア・へナーレ&田口隆祐

選手権試合を第4試合あたりに持ってくるなら、タイトルいる?って思いません?運営している団体がこのベルトの価値をあげようとしていないとしか思えません。価値の上がらないベルトを持っている選手は気の毒です。

 

ベルトの価値は選手が上げるもんだという意見もあるでしょうけど、第4試合でこの興行のピークに達するような試合をしちゃうのもマズいでしょ?このカードでそんな試合ができるとは思いませんけど、メインに出たととき比べるとファレ選手やタマ選手、真壁選手は抑え気味に戦うんじゃないですかね。もったいないでしょ。

 

タイトルを作ったからには6人タッグ選手権試合がビッグマッチでメインになることも想定してるんじゃないかと思ってたんですが、そうでもないみたいでどのタイトルにも絡んでないけどそこそこやる選手がかわいそうだから、このタイトルでも持っておけというタイトルになっています。

 

う〜ん、ちゃんと活かして欲しい。

 

そうそう、いつの間にかへナーレ選手の名前が「トーア・へナーレ」になってますね。これはヤングライオン卒業ということなのかな?タッグリーグの時は躍動感があって素晴らしかったので、ガンガン行って欲しいです。

第6試合:YOSHI-HASHI&ウィル・オスプレイ vs 内藤哲也&高橋ヒロム

この試合はここから後ろのカードを食っちゃうんじゃないかという試合を見せて欲しいです。ビッグマッチなのに内藤選手がこのあたりにカード組まれるのは、ロスインゴファンや内藤推しの方々はどう思われます?僕は内藤選手の扱いが悪いように思います。

 

なんで内藤選手がここなのかというと、大阪でYOSHI-HASHI選手と謎のシングルマッチが組まれているからですね。ここで大阪大会の予告編をしっかりやってくださいねということです。

マジメな内藤選手はもうすでにYOSHI-HASHI選手にも話題を振っているのですが、いつもどおりのYOSHI-HASHI選手は全く無反応。どっちが制御不能なのかわからないですね。ちょっと面白くなってきました。

 

問題は試合内容です。大阪大会への期待値をガンガン上げることができるのか?内藤選手が何とかしてくれるだろうくらいの気持ちだと思いますが、自分から積極的に動いたほうがきっと面白さが増しますので、思うように暴れよう、YOSHI-HASHI!

第7試合:オカダ・カズチカ&後藤洋央紀&外道 vs SANADA&EVIL&BUSHI

これも大阪大会の予告編ということになります。ここでの注目はSANADA選手です。僕がオカダ推しだからじゃないですけど、大阪でのIWGPのタイトル戦はまずオカダ選手の防衛ですよ。これは防衛記録を塗り替えるからです。これはもうしょうがない。

だから、あれ?もしかしてSANADA選手が勝ってしまうというサプライズが大阪だったらあるんじゃないの?と思わせる試合をここでやってもらうと、勝敗に対するお客さんの興味を掻き立てるはずです。

 

いずれオカダ選手がIWGPヘビーの防衛記録を塗り替えるとは思います。でもまだ30代前半です。2、3回はそのチャンスがあるでしょう。だから、今回負けたって良いんです。現在、オカダ選手と並び立っているのは内藤選手だけですから、ここはSANADA選手が「オレもいるで〜」と手を上げてもらうとおもしろくなるはずです。

 

そして、後藤選手ですよ。どうしましょ。EVIL選手、どうか後藤選手を強そうに見せてください。EVIL選手になんとかしてもらいましょう。

第8試合:ジェイ・ホワイト&ロッポンギ3K(SHO&YOH)vs ケニー・オメガ&ヤング・バックス(マット・ジャクソン&ニック・ジャクソン)

翌日のUSヘビー級タイトルマッチの予告編ですね。僕はケニー選手が勝つと予想してますが、ここもSANADA選手と同じく、もしかしたらジェイ選手が勝っちゃうかもしれないという雰囲気になったほうが良いのかな?

ただ、しんどいですね。今回もまた突然タイトルマッチが組まれまして、ここまでなんにもないわけです。何の実績も残していない選手がポンポンとタイトルマッチが組まれてしまうというのは如何なものかと。

 

これがドームでのインターコンチ戦が好勝負となっていれば、ジェイ選手への期待感ももっと高かったんじゃないかと思うのですが、凱旋帰国一発目ですから、あんなもんですよ。

 

ここでどんなことを仕掛けると盛り上がるか。オールドファンならもうアレしかありませんね。ケニー選手が入場してくるときにジェイ選手が襲うのです。藤原喜明組長のオマージュです。ここで血だらけにして、今回の試合はノーコンテスト。明日は続くというのはどうでしょう。

 

ロッポンギ3Kのことは放ったらかして、暴れるだけ暴れてタクシーに乗って帰っちゃうのです。 ロッポンギは前哨戦に挑めなくなって怒って、雪の中に飛び出して「こんな会社辞めてやる」とか言うのです。先がサッパリ読めなくてワクワクします。

 

オマージュどころかコピーになっちゃいましたが、札幌では何か起こるということで期待していた昨年、何のサプライズもなく、普通にいい興行でしたがそれで良いのか?ま、最近のファンはそれで良いんだと思いますが、オールドファンはそろそろ事件が欲しいですよね。

 

スイッチブレードというのがどういうキャラクターなのかよく分からないので、ここでこういうことをやらかすのがスイッチブレードだというのを見せて欲しいです。

 

スイッチブレードって飛び出しナイフのことなんですね。だったら♬触るもの皆傷つけた〜で行きましょう。

ギザギザハートの子守唄

ギザギザハートの子守唄

  • チェッカーズ
  • ポップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

ジェイ選手、やったれい!

 

それではまた。

ありがとう!