全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

今週のお題「得意料理」

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

当初書くつもりだった、とある映画の鑑賞文が練りきれず、書き終わるところまで到達しなかったので、急遽を内容を変更してお送りしております。

 

こういう時のために「今週のお題」とか「お題スロット」があるのじゃないかと思い、利用してみました。

 

テーマは得意料理ということですが、僕は全然料理をしないのです。

 

結婚してからは妻が作ってくれるので、自分で率先して作るようなことがなくなってしまったということで、全くできないというわけではないのです。料理自体は嫌いではありませんが、面倒くさがりなので手の込んだ事は一切しません。

 

そんな僕の得意料理ベスト3です。

第3位:オムライス

20年以上前になりますが、オムライスを作るのにほんのりハマっている時がありまして、オレがオムライスを作ってやるからウチに来ない?なんて女の子を誘っていたりしてました。

 

映画『たんぽぽ』からでしょうか。オムライスには2系統生まれました。

薄く焼いた卵でチキンライスをくるむ従来のオムライスとオムレツを焼いて御飯の上で切腹するものとの2系統です。でも、僕は変わらず従来の薄く焼いたものでチキンライスをくるむオールドスタイルのオムライスが好きで、自分で作る時は確実にこっちです。

オムライス

つまり、こんなの↑です。この写真ではデミグラスソースのようなものがかかっていますが、できればここはケチャップで行きたい派です。ケチャップをたっぷり行きたいです。

第2位:カルボナーラ

初めてカルボナーラを食べたときの衝撃は忘れられません。それまでスパゲティにパスタなんて呼び方があることも、茹で方にアルデンテなんてあることも、ミートソースとナポリタン以外のスパゲティがあることも知らない中での真っ白なパスタに腰を抜かすほど驚きました。

今や、こんなにも手軽に気軽に食べられるパスタに成り下がってしまいましたが、当時は自分で作るよりほか食べる手立てがありませんで、何のテレビだったかは忘れましたが、観て、これはどうしても食べたいという情熱に突き動かされ、材料を買いに走ったのをまるで昨日のことのように思い出します。

 

この時初めて酒屋で白ワインを買いました。あらびきの黒胡椒も初めて買いました。初めてづくしで挑戦したカルボナーラは見事に大成功。そのウマさにドサッと買ってしまったパスタは全て面倒でもカルボナーラで食べてしまいました。

 

このとき、自分の得意料理はカルボナーラであると言い切ってました。

第1位:やきめし

チャーハンではなく、ここはやきめしと呼びたい。困ったらすぐにご飯と卵を炒めてしまえ!という感じで、これだけは今でもたまに作ります。

とはいえ、近頃は冷凍チャーハンのレェェェェェヴェルが高すぎるので、自分で作るのがアホらしく思うときさえありますが、そんなに都合よくウチの冷凍庫に冷凍チャーハンは入ってませんので、卵とご飯があればやってしまいます。

 

いつか料理の鉄人で観たんだったか「金を銀で包む」というやきめしを作る時の言葉が好きで、これだけは常に心がけています。金というのは卵です。銀というのはご飯です。熱した中華鍋に溶いた卵をぶちまけたら、その卵の海にご飯を泳がせろということです。

 

予め卵ごはんを作るかのようにご飯と卵を混ぜておいたら楽で、おいしくできるという話を聞いてもそれはもうやきめしじゃないと、よく似た別物だと思い込んでいます。

 

具は決まっていません。その時に冷蔵庫にある肉っぽいものと、ネギっぽいものをチョイスします。いかなる組み合わせであってもそこそこのものに仕上がるのが、やきめしの凄みです。

 

どれもそんなに難しいものではないはありません。混ぜて焼いたら終い。料理があんまり得意ではないという人でも砂糖と塩を間違えるというようなベタな間違いさえしなければ大丈夫ですよ。

 

それではまた。

ありがとう!