全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

1.4 WrestleKingdom12 簡易感想

元気ですか〜⁉︎

どうも、ろけねおです。

 

観戦記を書き始めたら、止まらなくなりまして、書き終われませんでした。

 

よって本日はカンタンに感想を書いて、後ほどコッテリ振り返ろうと思います。

 

実はIWGPタッグとNEVER6人タッグの試合は晩御飯の準備でちゃんと観れませんでした。後でちゃんと観て感想を書きます。

オカダ勝利

オカダ・カズチカ選手推しの僕ですが、今回ばかりは内藤哲也選手が勝っちゃうだろうと思って観てましたから、メッチャびっくりしました。

 

なんとなく、オカダ選手の動きが悪くて、それも内藤選手に負けにゃならんと、ふてくされているのかと思っていたのですが、やっぱりパンタロンのせいかな?

※ちなみにこちらがと通常のパンタロン

新日本プロレスも内藤選手は野党として機能させるほうが輝くということを理解していたみたいですね。

多くの人がオカダ選手が勝ったら、次に誰も相手がいないと言いますが、それは内藤選手が勝っても同じ。ベルトが増えちゃって、一つのタイトルを争う人が減ってますから。

 

むしろ、EVIL選手やSANADA選手を挑戦者にするなら、オカダ選手がチャンピオンのほうがやりやすいから、これで良いんじゃないでしょうか。

棚橋勝利

ガッカリです。棚橋弘至選手が勝ったことよりも今までは相手の力を引き出して勝つという、いわゆる『風車の理論』を実践していた棚橋選手がそれをしなかったのが、実にガッカリです。

 

もちろん、棚橋選手がチャンピオンであり続けるのもガッカリです。足はもとより右腕もサポーターつけてるということは完治してないんですよね?あんなポンコツをいつまでチャンピオンしてるつもりなのだろう。新日本プロレスにもガッカリです。

※僕はこっちのテーマ曲のほうが好き

功労者って言いますけど、そんなんでタイトルを持たせて良いんでしょうか?ちゃんと試合ができる人がチャンピオンであるべきです。

 

でも、ジェイ・ホワイト選手もインパクト残せませんでした。これからどうするつもりなのかな?もう1年海外に行っても良いんじゃない?

後藤勝利

今大会で最もガッカリしたのは、この試合。内容も結果も、前日の舌戦も後藤洋央紀選手はまったく機能してませんでした。

 

今までなんとか後藤選手には活躍して欲しいと願ってきましたが、もうダメみたいです。

 

こんなレスラーのために身体を張らなければならなかった鈴木みのる選手が実に気の毒でした。新日本プロレスは後藤選手をチャンピオンにしてどうにかなると本当に思ってるのでしょうか?なりませんよ。もう良いところ現状維持でしょう。

 

本人が何がダメなのか1番わかってないのが、ダメです。ホントにガッカリ。

ガッカリを中心に書いてしまいましたが、良いこともたくさんありました。それはまた書きます。今日の後楽園で何か動きがあると思いますので、それも踏まえて、これからの動向を予想します。

 

それではまた。

ありがとう!