全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

主役はジャガイモ!? vs『さつま姫牛ビーフカレー』戦

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

ダイエーオリジナル牛のカレー

カレー食べました!

さつま姫牛ビーフカレー さつま姫牛ビーフカレー

ダイエーのお肉コーナーに売ってました。

 

これまでかなりの数のレトルトカレーを食してきましたけども、一つの法則として”ブランド牛の名前が冠されたカレーはウマい”というのがあります。

※あくまで個人的見解に過ぎません

これもまた【さつま姫牛】という名前がど〜んとあるわけです。

あ、ダイエーのオリジナル牛だったのか。知らなかった。

 

これはまず大丈夫だろうという安心と期待が入り交じった状態で食します。

見た目はどうでしょう?

色は薄めの茶系です。

 

箱の写真はもうちょっと赤い感じがしていたのですが、普通のカレーといったルックスで、とくに特徴はありません。

 

香り、状態ともに普通です。

 

ここまで何の変哲もないどこにでもあるレトルトのビーフカレーといった佇まい。

お味はどうでしょう?

酸味まず先にやってきます。

 

その後から、肉由来の甘みがほんのりとしながら、辛さはほんのちょっぴりあります。

 

でも、普通の範囲に収まる味でしょうか。

 

「普通のカレーとは」の説明はこちらをどうぞ。

具はスタンダードなカレーの具ですが、小さめにカットしてあり、たくさん入ってました。

 

キーマカレーに近づけようとしている気がします。

ジャガイモに存在感(特にたくさん入ってるような印象)あります。

 

それはそれで良いことではあるんですが、ここはやっぱり【さつま姫牛】の存在を確認したいので、ちょっとジャマに思えてしまいます。

 

しかも食べた時に普通のカレーよりもとろみがあります。これはおそらくジャガイモから出たでんぷんかと。

 

ここでお肉が大きめにカットされて、ジャガイモを凌駕する存在感をアピールできれば良いんですが、残念ながらお肉もまた小さめにカットしてあるので、これぞ【さつま姫牛】というような肉の旨味を感じることが出来ません。

 

食べた後にすこし辛さが残ります。

辛いものがダメな人でも大丈夫だろうというレベルです。

結論

普通のレトルトカレーよりも肉の存在感はあるものの、その肉は完全にジャガイモに食われています。

 

これが最初からジャガイモをしっかり食べられるカレーですと、ジャガイモを全面に押し出したカレーなら満足できたのでしょう。

 

しかしながら、これはあくまで【さつま姫牛】のカレーなのです。

 

このお肉おいしいな〜、レトルトカレーのお肉でこんなにおいしいんだったら、焼肉、ステーキ、すき焼きにしたらどれほどのおいしさなんだろう?考えただけでもヨダレが出るな!という方向に持っていくものでないとダメなんじゃないでしょうか?

 

その点で残念な仕上がりです。

 

ただ個人的にはジャガイモが好きなのでおいしくいただけました。

 

それではまた。

ありがとう!