全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

橋本環奈を観る映画である@『斉木楠雄のΨ難』感想文

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

今回は映画館に行った話です。 

映画『 斉木楠雄のΨ難 』オフィシャルサイト映画『 斉木楠雄のΨ難 』オフィシャルサイト

福田雄一監督作品ということだけで観に行ってまいりました。

少年マンガが原作であるということは知っているもののどういう内容なのかはサッパリ解らぬまま観ました。

 

結論から言いますと、退屈でした。

薄味の銀魂

同じく少年マンガ原作の映画『銀魂』のようなものだろうと予想してました。 

でも、その『銀魂』よりも笑いどころが少なかったですね。オッサンになると意固地になっちゃってるのかな?この程度では笑えませんとガードをしているようなところがあって、それを破壊して問答無用で笑わせてくれるものだけを「おもしろい」と認定します。

 

また福田雄一作品ということもあって期待が高すぎたのかもしれませんが、僕のガードを壊すようなものは『銀魂』よりもさらにありませんでした。

 

内容も笑いもキャストの濃さも何もかもが『銀魂』を薄めた感じです。

 

きっと原作マンガもこういうテイストで、少年ジャンプがメインターゲットにしているであろう少年少女たちにはバカウケなのかもしれませんが、オッサンにもっと濃い味付けが合います。

 

そしてちょっと福田雄一テイストに飽きが来てるのかも知れません、秋だけに。かつては振り切ってる感が感じられて、この監督は本気で笑わせに来てると勝手に解釈していたのですが、『銀魂』やこの作品は「俺のファンならこの程度で充分おもしろがれるだろ?」とナメられている気持ちにもなりました。残念です。

佐藤二朗が足りない

あんなに楽しかった福田雄一テイストがなぜスベっているのか。

相関図|スーパーサラリーマン左江内氏|日本テレビ相関図|スーパーサラリーマン左江内氏|日本テレビ

最近見た福田雄一作品の中では、これがとってもおもしろくてなんならシーズン2があっても良いんじゃないかとすら思います。あ、でも、映画化は大丈夫です。あくまで連続ドラマで観るほうが良いです。

 

このドラマと『斉木楠雄のΨ難』ではいったい何が違うのか。

 

それにはあまりにも佐藤二朗さんが足りないのです。

佐藤二朗 オフィシャルサイト佐藤二朗 オフィシャルサイト

僕は二朗さんが観たくて福田雄一作品を見ているのだと気が付きました。福田雄一作品の中にいる二朗さんが観たいのです。

※福田雄一作品以外で観る二朗さんもまた物足りないのです。

 

この『斉木楠雄のΨ難』はもちろん、『銀魂』にだって二朗さんは出演しておられます。しかし、今回はあまりにも出番が少ない。かなり物足りないのです。

 

麻婆豆腐を食べてあまりにも辛味が足りないとか、そばを食べて薬味が足りないとか、餃子を食べてラー油が足らないとか、つまりなくても食べられるし、そこそこおいしいとは思えなくもないけども、ないとガッカリみたいな感じです。

 

これが薄味に仕上がってしまっている最大の原因ではないでしょうか。

 

もしかしたら、二朗さんの濃さは原作ファンには不要なものなのかも知れません。原作を知らないのでわかりませんが、この出番の少なさから考えると多分そうでしょう。二朗さんが、いてもいなくてもいいキャラクターで出演しているということは、これでもムリに福田雄一さんがねじ込んだのかも知れません。

 

でも、これならいっそ二朗さんのなしのほうが潔かったんじゃないでしょうか。

橋本環奈のための橋本環奈による橋本環奈の映画

『銀魂』も橋本環奈さんのインパクトは凄まじかったのですが、こちらはさらに橋本環奈がてんこ盛りです。元から橋本環奈さんのファンなら観ずには居れないと至極の作品となっていますが、ファンではなかった人もこれを観ればファンになること間違いなし。ダイヤモンドのように光り輝いています。

【太った】橋本環奈の身長&体重まとめ!激太りでより魅力的に?【比較画像あり】 | AIKRU[アイクル]|女性アイドルの情報まとめサイト【太った】橋本環奈の身長&体重まとめ!激太りでより魅力的に?【比較画像あり】 | AIKRU[アイクル]|女性アイドルの情報まとめサイト

過去最高(過去のことはあんまり知らないけど)の橋本環奈さんが観られます。

 

最初から橋本環奈さんだけを観るつもりで映画館に行っていれば、こんなに充実した鑑賞はなかったのではないかとすら思います。

 

いや、途中から他のキャラクターもストーリーもどうでもいいから、とにかく橋本環奈さんだけ出さんかいボケッ!となっている自分がいました。

 

これは橋本環奈のための橋本環奈による橋本環奈の映画であると断言します。

 

笠原秀幸さんがケツを出そうと、新井浩文さんがおしるこを飲もうと、吉沢亮さんが中二病だろうと、全てが吹き飛ぶ顔芸の数々にノックアウトされました。

 

かわいいは正義

 

それをまざまざと見せつけられる映画であります。逆にこの映画に橋本環奈さんがいなかったらどうなっていたのか。想像しただけで凍る。確かに内田有紀さんも良い感じにアホなお母さんだったし、ムロツヨシさんは良くも悪くもいつも通りだったが、やはりしんどかっただろう。

 

僕は橋本環奈さんに救われたということになる。

 

ありがとう、橋本さん。順調に成長してナイスな熟女になってください。

 

それではまた。

ありがとう!