全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

優勝はロッポンギ3Kにです@SUPER Jr.TAG TOURNAMENT 2017について

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

昨日の内に書いてしまおうと思っていたのですが、昨日の内に全試合を観終われませんでした。やっと何とか全試合(といっても当然決勝はまだです)観終われたのでその感想と今後の行方について予想してみます。

1回戦:KUSHIDA&川人拓来 vs ロッポンギ3K(SHO&YOH)

トーナメントの最初の試合がこの試合でしたね。勢いでチャンピオンになっちゃったロッポンギ3Kがどんなもんかがハッキリするんじゃないかと思って注目していたわけですが、僕の目は川人選手に奪われてしまいました。

 

新日本プロレスワールドで観戦していたのですが、解説のミラノ・コレクションATさんも仰ってましたが、川人選手のトペ・コンヒーロは本当に素晴らしかったです。トップロープを掴んでのトペ・コンヒーロが普通だった時代にトップロープにノータッチで飛んでいく選手は珍しかったわけですが、今やヤングライオンの川人選手までもやってのけるという時代です。

 

カンタンにやっているように見えますが、きっと身体能力がかなり高くないとあんなホイホイ飛べないと思います。

 

川人選手はドロップキックも素晴らしいし、体を捻って打つ延髄斬り(名前がついてたらゴメンナサイ)も素晴らしいし、スワンダイブのミサイルキックも素晴らしかったわけですから、高く飛ぶということにおいてはその才能をすでに見せつけていました。

 

川人選手は飛べるとわかっていたのに彼のトペ・コンヒーロを観たら、こんなに飛べるのか!?と驚くとともに感激しました。ちょっと涙出ました。

※ちょっとわかりにくいですが、こちらがトペ・コンヒーロです。

それに引き換え、期待のロッポンギ3Kですがパッとしませんね。両国でのタイトルマッチは凱旋マッチだから多少緊張もあるだろうな〜という目で観てましたけど、今回はチャンピオンとしてトーナメントに出て、絶対に優勝しなければならないというシチュエーションです。

 

そういう背景での試合で、残念ながらインパクトは残せませんでした。川人選手と良い試合なんてしてたらダメなんですよ。KUSHIDA選手から勝利奪うくらいでないと話しにならないんです。正直、ガッカリです。

 

で、KUSHIDA選手はいた?

1回戦:高橋ヒロム&BUSHI vs ドラゴン・リー&ティタン

リー選手は絵になりますな。特に何をするでもなく、リングに立ってるだけでカッコいい選手です。今年のスーパージュニアまでほとんど知らなかった選手なのに、わずかな時間で僕の記憶に刻み込まれるだけの素晴らしい戦いを繰り広げています。もちろん、この試合でもリー選手は最高でした。

 

特にヒロム選手との絡みは安定してます。この2人の絡みもそこそこ観ているはずなんですけども、まだ驚きがあります。これは凄いことです。

 

ヒロム選手もリー選手が相手でやっと本気で戦えるという感じがします。二人の戦いはこれから何度でも観たいまさに名勝負数え唄です。

 

ティタン選手はきっと以前もどこかで観たと思うんですが、ほとんど覚えてません。しかも今回見た感じがBUSHI選手とカブってまして、ちょっと観ててややこしかったですね。

※こちらがティタン選手の応援用マスク

こうやって見るとBUSHI選手のマスクと全然デザイン違うんですがね。あれ?口元開いてたような・・・。応援用マスクだからかな?

※こちらがBUSHI選手のマスク

ロスインゴは二人になってもその連携は素晴らしいままです。彼らにもチーム名つけてあげたら良いのにってくらい、タッグチームっぽい動きを随所に見せていました。完成度がスゴく高いので、バンバンタッグ戦線に出ていって欲しいです。

1回戦:獣神サンダー・ライガー&タイガーマスク vs 金丸義信&エル・デスペラード

ライガー選手のマスクに手をかけるというのは死を意味するという印象があります。

マスクは自腹だからなのか、マスクを破かれた時のライガーはムチャクチャ怒って、その後マスクを破った選手はグチャグチャにされるところを何度も観ました。この動画はその最たるものです。「ライガー選手を怒らせると怖い」というのはこの時代の共通認識だと思うんですが、それは今や過去のものになっちゃったんですね。

 

マスク破れてからのライガー選手が大反撃に出ることを期待していたのですが、割とそのまま押し切られてしまいました。これが時代の流れです。スーパージュニアにはもう出場しないとしたライガー選手ですが、タッグももうしんどいのかな〜と。解説席で「スゲースゲー」言ってるのでちょうどいいような気がします。

 

反対にタイガー選手が思っていた以上に動けていて、スーパージュニアで観たときにはライガー選手より先に引退しちゃうんじゃないかと思うほどでしたが、この試合ではコンディションが良かったんでしょうか、良い感じでした。毎試合、このコンディションでお願いします。

 

それにしても鈴木軍のこのコンビも素晴らしいですね。きっちり仕事をする職人肌のレスラーです。

1回戦:田口隆祐&ACH vs タイチ&TAKAみちのく

リコシェ選手がどこかに行ってしまって、何の前触れもなく田口選手のパートナーACH選手になっていました。

※前触れがちゃんとあったらゴメンナサイ。

でも、フタを開けてみれば、むしろACH選手のほうが良かったんじゃない?と思えるほど息ピッタリ。「ACH選手で良い」ではなく「ACH選手が良い」と思わせる戦いぶりでした。

 

昨年のジュニアタッグトーナメントでは石森太二選手とのコンビで決勝に進出したそうで(昨年はジュニアのタッグには興味もない上に知らない選手がいっぱい出ていたので全然観てなかったのです、ゴメンナサイ)実力も申し分ないACH選手。もっともっと新日本で活躍してほしいと強く願いたい選手でした。

[新日本プロレス] Jr.タッグトーナメントの出場チーム&トーナメント表が明らかに! – [新日本プロレス] Jr.タッグトーナメントの出場チーム&トーナメント表が明らかに! –  

※ちなみに昨年の優勝チームは六本木ヴァイスだったそうです。

リコシェ選手の穴を補って余りある活躍でありました。スーパージュニアのときも良かったですが、タッグのほうが良さが出てます。

※こちらはスーパージュニアのときの紹介Vです。

田口選手もタイツを破かれるという、今までに観たことないシーンを作りまして大活躍。久しぶりにプロレスを観てたっぷり笑わせていただきました。

 

これまでも笑いを取りに来ていた田口選手ですが、個人的には少しもおもしろいと思えなくて、いわばスベリ芸的な感じの笑いのとり方に見えてあんまり好きではありませんでした。スベリ芸ってそんなにカンタンにできるものじゃないですから。

 

今回はベタではありますが、ドリフのようで良かったです。ドリフタッチのお笑いは大好物です。この調子でお願いします。

準決勝:田口隆祐&ACH vs 金丸義信&エル・デスペラード

さて、準決勝です。つまりは田口&ACHのスーパー69で鈴木軍を一掃したということになります。鈴木軍のヒールとしての存在感は恐れ入ります。このトーナメントによくぞ2チームも出してくれたと思います。

 

注目のACH選手ですが、どこでケガしちゃったのか脇腹にテーピングを派手にしてまして、そこを狙われると動きが止まってしまって、本領発揮とは行きませんでした。

 

それでも、前回と同じ鈴木軍が相手であっても違う展開を見せるところは見事でした。監督である田口選手に煽られて何度もコーナーアタックさせられるのがこれまでのパターンでしたが、今回はACH選手が監督というのか3塁コーチというのか、グルグルと手を回して田口選手がコーナーアタックの連打を繰り出していました。

 

さらにセカンドロープ上でケツを出して待ち構える役も、自らブロックサインを田口選手に出してから行いました。リコシェ選手以上の順応力、対応力、実に頼もしい。あ、決してリコシェ選手が嫌いなわけではないですよ。今回のACH選手が出来過ぎだったということですからね。

準決勝:ロッポンギ3K(SHO&YOH)vs 高橋ヒロム&BUSHI

新日本プロレスとしてはロッポンギ3Kを推したくて、このカードを組んだのだと思いますが、完全に裏目に出てしまいました。

 

コンビ名を持たないヒロム&BUSHI組のほうが、いかなる部分においても上でした。コンビネーション、個人技、インパクト、何一つロッポンギ3Kは良いところがありませんでした。

 

フィニッシュの合体攻撃は良いと思いますけど、相手が立ち上がるのを待っている時間があまりにも長く感じてしまって、もっと若いチームなんだからガンガン行ってほしいのに残念なフィニッシュとなってしまっていました。

 

勝ってしまいましたから、決勝戦をスーパー69と戦うことになるのですが、決勝に残して良かったのかな〜と疑問に思いました。まず間違いなく来年のお正月のドームには、ロッポンギ3Kがチャンピオンとしてリングに立つと思っていたのですが、このレベルではやっぱりちょっとしんどいかな〜と思わざるを得ないし上がりでした。

 

この決勝戦が行われる大阪大会ではあの名タッグ・ヤングバックスが試合します。しかも相手がドラゴン・リー&ティタン組です。名勝負間違いなしのカードです。否応なしにこの試合と比べられることになります。これはかなりのプレッシャーになるんじゃないでしょうか。

しかもスーパー69のACH選手はケガしてて万全ではありません。この状態で決勝戦にふさわしい試合ができるのか、かなり心配ですね。

 

ということで、決勝戦の結果予想です。

 

優勝はロッポンギ3Kとなります。ここでロッポンギ3Kが負けてしまうと、ドームのカードはリマッチになってしまいます。ドームまではACH選手のケガが良くなって本来の動きができるようになっているとしても、ロッポンギ3Kにリマッチで盛り上げる能力はありません。

 

ここは対戦相手を変えたほうが良い。そうなると、今回のトーナメントに出場していないヤングバックスのベルト挑戦が濃厚であるとします。名タッグの手にかかればもう少し良くなるんじゃないかと期待します。

 

ということで11.5大阪 POWER STRUGGLEのスーパジュニアタッグトーナメントを優勝するのはロッポンギ3Kです。ここまでの試合をしっかり反省して、どうしたらもっと盛り上がる展開を見せられるのか。ロッキー監督をまじえてしっかりミーティングをして欲しいものです。

 

随分遅くなってしまいましたが、今回のトーメントの感想と優勝予想でした。

 

それではまた。

ありがとう!