全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

『ワンパンマン 15巻』ONE 村田雄介 読書感想文

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

やっとワンパンマンの最新巻を読み終えました。

やっぱり面白いマンガですよ。

番犬マンの強さはいかほどか

この巻の表紙にもなっているところから、この巻では主役ということなのでしょう。それくらいのインパクトはありました。しかし、そんなにページが割かれてませんので、番犬マンファンは過度に期待しないでください。

【画像】村田版ワンパンマン、118話が公開wwww番犬マンやっぱりとんでもねぇ!【感想】 : アニはつ -アニメ発信場-【画像】村田版ワンパンマン、118話が公開wwww番犬マンやっぱりとんでもねぇ!【感想】 : アニはつ -アニメ発信場-

直接戦闘しているところはそんなには描かれてなかったのだけど、ここまでかなりの強さを見せていたガロウを全く寄せ付けない強さを見せて、ずいぶんと驚かされました。

 

この番犬マンがコーギーではないところは若干残念ではあるものの、

このいかにもマスコット然としたルックスでありながら圧倒的な強さを誇るというギャップは実にシビレるキャラであったことがわかりました。

 

ここまで様々な悪者が出てきて、ヒーロー協会のS級と呼ばれる極上の強さを誇るヒーローが手を焼く敵を、まさに一撃で倒してきたワンパンマンことハゲマントこと主人公であるサイタマ。それが主人公の強さを際立てていたわけですが、強敵に手を焼かないS級ヒーローが出てきたことは、このマンガがついに新展開を見せる時が来たという合図なのではないか。

伸びしろがない

しかもサイタマは強さの終着駅にたどり着き、自分にこれ以上の伸びしろがないんじゃないかと悩み出すのです。現在が上限だということで、ちょっと戦いに面白みを見出せなくなってきたなどと言い出すのです。

極みに到達したものしかわかりえない悩みかと思うけど、これは違う。努力を重ねても目に見える変化や発展がないと自分に伸びしろがないんじゃないかと思うことは、凡人でもあるのです。そして、そこであきらめて投げてしまうのが凡人が凡人たるゆえんです。まさに僕。そんなことの繰り返しで何も習得しないで、ただ日々糞を製造し続けているだけの肉塊のままなのです。

 

サイタマの強さは計り知れない努力(髪の毛が全て抜けてしまうほどの努力)の結晶であると説明されています。際限なく強さを追い求め、自分を追い込んで、鍛えに鍛えた末に今のとんでもない強さを手に入れました。だけど、ず~っと敵を一撃で倒してきて強さがさっぱり測れないので、自分がさらに強くなっているのか、いや、もしかしたら弱くなっているのかもしれないと不安になっているのです。

 

僕はここから凡人と天才を分ける、ここからさらに上に行くためのモチベーションは何なのかを知りたい。サイタマがここで終わってしまう可能性はないこともないけど、終わらないと信じて、どんなモチベーションでもってさらにグレードアップを図るのか、それを見てみたいです。

 

単にサイタマでも苦戦する強すぎる敵が出てきたというのではつまらないんでが・・・。それじゃ普通の少年マンガですからね。

 

どうなることやら、乞うご期待。

キングはやはりS級である

そんな状態に陥ったサイタマを親友?キングがアドバイスを送ります。自分が強さの極致にいるなんて、ただのうぬぼれではないのか、強さにはいろんなカテゴリーがある、仮にただ一つを極めたとしてもそれが「強い」ということになるのだろうか、などなどいろんな言葉を投げかけるのです。

キング(ワンパンマン) (きんぐ)とは【ピクシブ百科事典】キング(ワンパンマン) (きんぐ)とは【ピクシブ百科事典】

キングはS級のヒーローではあるのですが、実は戦闘は全くの苦手。運良く強敵を倒したように見えてきたというだけの強運の持ち主でS級の地位にいるのです。

 

戦うことには興味すらないようですが、ゲームには異常な情熱を持っていて、ゲームを攻略する、上手くなるということに対しては飽くなき探求心があるようなのです。だから、サイタマが一見極限の強さを手に入れたように見えても、まだその先があるのはゲームもまた同じだ、ゲームだってクリアしてそれで終わりではない、なんて言えるわけです。

 

もしも、ゲームではなく悪と戦うことに、そこまでの情熱が注がれていたら、サイタマをしのぐ強さを手に入れていたのではないかと思わせる達観ぶりでした。そこまでゲームの極み近くまで来ているからこそ、運が味方し、彼をS級の地位にとどめているのではないかと思わせました。

 

キングの名にふさわしい、紛うことなきヒーローだったのです。

 

これからの展開がさらに楽しみになりました。ジワジワと巨大化している怪人協会のボスクラスは、どの程度の強さなのかも未だ解明していませんし、さらになる進化を遂げそうなサイタマの行く末も気になりますし、番犬マンは誰かにやられてしまうのかも気になります。

 

ますますおもしろさが増す、ワンパンマン。まだ読んでいないという方は是非お読みください。おススメです。

 

それではまた。

ありがとう!