全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』鑑賞記

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

この冬の仮面ライダー映画を観てまいりました。

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー

※真っ黒でごめんなさい。

『トゥルー・エンディング』の続きである

この映画の冒頭の仮面ライダービルドが仮面ライダーエグゼイドの成分を抜き取るシーンは、仮面ライダーエグゼイドの映画『劇場版仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』の終盤に出てきたものです。

仮面ライダーの映画はそれぞれ独立した話であることが普通でしたが、こうしてつながっていることにまず驚きました。一気にストーリーに引き込まれる良い入り方でした。

 

この映画を理解するには、まず『トゥルー・エンディング』を観ておかないといけなくなってしまいました。仮面ライダービルドがから急に仮面ライダーを観るようになったちびっこは、『トゥルー・エンディング』を確認したくなり、『トゥルー・エンディング』を理解するには、『仮面ライダーエグゼイド』を全話観なくてはならなくなるという恐ろしい仕掛けになっています。

しかも、エグゼイドにはたくさんのスピンオフがあり、これでエグゼイドが好きになっちゃったら観ずには居れなくなります。

クリスマスが近いですから、仮面ライダーが好きなお子さんをお持ちのお父さんお母さんは大変だろうな〜と思います。

 

ストーリーは12月10日の『仮面ライダービルド』のテレビ放送分のストーリーの後日談になってますので、まだご覧になっていないという方はまず12月10日分を観てから映画館に行きますと映画がより理解しやすい作りになっています。

ゲストライダーは中身まで出てきた

冬の映画は過去のライダーが出てくるお得な映画なのですが、今年は特にお得で仮面ライダーの中身の人まで出てくるスペシャル映画でした。ちびっこ的には変身後だけ出てきたら大体大丈夫でしょうが、大きいお友達やちびっこのお母さん的には変身前の人が出てくる出てこないは大きい問題なのです。

 

今年はすっかり人気俳優となった福士蒼汰君が久しぶりに変身するとあって、大騒ぎになっておりました。

個人的には過去のどのライダーが出てくるのかがまず大事で、それがオリジナルキャストで再現されるのかはその次です。その点で言うと今回は仮面ライダーオーズ、仮面ライダーフォーゼ、仮面ライダー鎧武、仮面ライダーゴーストというラインナップはあまり魅力的ではありませんでした。

 

平成第2期と言われる仮面ライダーWから現在のビルドまでを並べてみますと、

  1. 仮面ライダーW
  2. 仮面ライダーオーズ
  3. 仮面ライダーフォーゼ
  4. 仮面ライダーウィザード
  5. 仮面ライダー鎧武
  6. 仮面ライダードライブ
  7. 仮面ライダーゴースト
  8. 仮面ライダーエグゼイド
  9. 仮面ライダービルド

こういうラインナップなのです。この中で好きなライダーはW、フォーゼ、ウィザード、ドライブとなってまして、フォーゼしか今回引っかかってないのです。ゆえに、過去のライダーの雄姿が観れたとしても、それがオリジナルキャストだとしても、そんなにテンションが上がりませんでした。

 

とはいえ、それは映画を観る前にわかっていることなのですが、やっぱり過去のライダーの活躍を見ると、ここにWがいたらな〜とかドライブなんて警察なんだから、他のライダーよりも出やすいのにな〜とかいろいろ考えてしまいます。

オーズの扱いが大きいのは…

過去のライダーがいっぱい出てきて大暴れという内容なのですが、とりわけ尺を大きく取っていたのは仮面ライダーオーズでした。

しかも、オーズである火野映司はこれまでチョイチョイ出ていたのですが、パートナーのアンクまで出てくるとあって2人が並び立つというのが、

※こちら↑がアンクです。

オーズファンならずともテンションの上がるところです。

 

しかしなんでまた急にオーズが押された作りになってるのだろうと思っていたら、わかりました。

CSM第18弾に仮面ライダーOOOよりオーズドライバーが登場!|ボーイズトイショップ|プレミアムバンダイ|こどもから大人まで楽しめるバンダイ公式ショッピングサイトCSM第18弾に仮面ライダーOOOよりオーズドライバーが登場!|ボーイズトイショップ|プレミアムバンダイ|こどもから大人まで楽しめるバンダイ公式ショッピングサイト 

大人用のオーズドライバーが発売されるのです。

 

オースが好きな大きなお友達は、またこの映画を観てオーズ熱がヒートアップするに違いありません。しかも予約は映画公開日の次の次の日となっております。見事なコンボ。バンダイには恐れ入ります。

 

オーズというのは3枚のメダルをベルトに差し込んで変身しますが、

ご覧のように、普段は串田アキラさんの声で変身するんです。

で、最後の変身だけ声が違うんですが、これアンクの声なんですね。いろいろあって最後だけアンクの声で変身するという良いシーンなんですが、この映画でオーズがタジャドルコンボに変身する時、まさにこのアンクの声で変身を完了させるんです。これが素晴らしい。

 

僕がどっぷりオーズにハマっていたら、涙が出たんじゃないかな〜と思いました。

 

そもそもオーズはあんまり好きなじゃない感じでスタートして、終盤に向かってどんどん面白くなってきたライダーだったんですが、そのスタート時のつまらなさを堪えられたのは、ひとえに串田アキラさんの声がベルトから聴こえてきたからです。

 

次のフォームではどんなKUSHIDAさんの歌が聴けるんだろうと気になって、ストーリーやら主人公のキャラクターが好きになれなくても観続けていたのを思い出しました。

 

これは現在のビルドもまた同じだということに気が付きました。

今、僕がそんなにビルドを面白がれてはいないけど、観続けているのはビルドドライバーから聴こえる声が

小林克也さんだからです。ここのところ、毎回次のライダーは誰の声が入るんだろう?と楽しみになっていましたが、小林克也さんはテンション上がりました。

 

やっぱりビルドもフォームが変わる度に新しい音声が聴けるのが楽しみになっているので、少々ビルドのストーリーやらそれぞれのキャラが気に入らなくても観ていられるのです。そして、きっとオーズのときのようにこれからどんどん面白くなると思います。

 

いろいろ気づきのある楽しい映画でした。ぜひ、劇場でご覧ください。

 

それではまた。

ありがとう!