全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

Kindle Unlimited で週刊プロレスが読めたのね

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

Kindle Unlimitedを利用していますが、


Amazon.co.jp ヘルプ: Kindle Unlimitedについて 
Amazon.co.jp ヘルプ: Kindle Unlimitedについて

ついさっきまでKindle Unlimitedで週刊プロレスが読めることを知りませんでした。

Prime Readingというのが始まった

僕はアマゾンプライム会員です。プライムの恩恵を受けまくっています。先日の釣りバカ日誌もプライムのおかげです。

そこに新サービスの追加。それこそPrime Readingです。

Prime ReadingPrime Reading

上に書いたように少し前からUnlimitedの利用開始したところなので、正直なところ、もうちょっと早く発表して欲しかったな〜と若干悔しさがにじんでます。

 

さて、Prime Readingのほうはどんな本があるのかな?

Amazon.co.jp: Prime Reading: KindleストアPrime Readingのカタログ 

ざっと見たところ、マンガと雑誌が多いのかな?という印象。う〜ん、あんまり雑誌もマンガもKindleでは読まないので微妙なラインナップです。

 

で、何冊くらい読み放題になるのかしら?

こちらによりますと、896冊。Unlimitedのほうが180万冊ですから、これから増えていくのかもしれないけど、なんともパンチに欠ける量です。

 

Kindle Unlimitedを利用してなかったらバンザ〜イとなっていたでしょうけど、利用をすっかり開始してますからね。うむむ。Unlimitedやめようというところまでは行かないのでした。

雑誌といえばプロレス関連はどうなってる?

雑誌があるならプロレス関連の雑誌はあるのかしらと探してみました。

超プロレスファン烈伝

雑誌はなく、プロレス絡みはこのマンガのみ。お、これまだ読んでないかも。あとで読もう。そもそもこれはUnlimitedで読めるじゃないか。

いっぱい雑誌はあるのに肝心の週刊プロレスはないのです。そこで、もしかするとUnlimitedなら週刊プロレスが読めたりするのか?と思って検索をかけてみますと、

最新の週刊プロレス

※印刷物とKindleが同じ値段なら近所のコンビニで週プロ買っちゃいますよね?

最新の週刊プロレスは読めなかったのですが、

前の週プロ

画像はここで切れてますが、この下にいっぱい週刊プロレスが隠れてまして、先週分かな?以前の週刊プロレスはかなりの数読めます。

※たぶん、一番古い週プロがこれです。大体1年くらい前から読めるみたいです。

Kindle Unlimitedの利用を開始して2ヶ月くらいかな?Kindleで雑誌を読むという意識が全くなく、検索をかけることもしてませんでした。これで新日本プロレス以外の団体のことも勉強できるな。バンザイ。

新日本プロレス以外の団体ももっと知ろう!

これまでプロレスと言えば新日本プロレスでした。まだポカッと空いた空白の10年を埋めるほど知識は得られてないものの(観てなかった10年に起こったエピソードや因縁はまだまだわからないのが多いのです)、とりあえず現在新日本プロレスのリングに上っている選手で誰?という選手はいなくなったので、そろそろ他の団体も勉強するのにいい時期になりました。

最初は新日本プロレスのことしか書けなかったのですが、上のエントリーのように近頃はチョコチョコと新日以外のことも取り上げられるようになってきました。他の団体のこともどんどん気になってきましたし、いいタイミングで週刊プロレスが読める環境にあったことを知って良かったです。

 

さっそく選手の週刊プロレスを読み始めております。

王道トーナメント決勝の話題ですね。

 

昔、天龍源一郎さんが抜けてすぐくらいの全日本プロレスにて、ジャンボ鶴田さんが急に【スリーパーホールド】をやたらと使い始めたことがありました。ちっこい菊地毅さんをいたぶっていたりしていたのですが、その【スリーパーホールド】が格闘技を全く知らない素人の僕が見ても、こりゃ極まってないないな、と思わせる、実にどん臭い【スリーパー】でした。

 

【スリーパー】にかぎらず、全日の選手の使う関節技や絞め技は全然痛くなさそうなのが特徴で、そういうところが大嫌いでした。そういう技でお客さんが盛り上がるということを全く想定していなかったのでしょうから、そういう練習してなかったんだと思いますが、そういう技が好きな僕はどうしても許せませんでした。

 

ところが週刊プロレスの表紙に使われた現代の全日本プロレスの写真はそのいわくつきの【スリーパー】です。グイッと顎の下に手が入ってて、極めてるほうも極められてるほうも良い顔してて、こりゃキツいなと思わせます。

 

これだけで充分、全日本プロレスを観たくなります。

 

これからはもっともっとプロレスを楽しめるようになるのだな〜とわかってワクワクして、今日書くつもりだった別の話題をすっ飛ばして、今日このワクワクをお伝えいたした次第です。

 

全プロレスファンがKindleUnlimitedの利用開始したら良いのに、と思いました。

 

それではまた。

ありがとう!

 

※ちなみに最新の週刊プロレスはこちら。あら、GHCのチャンピオンは知らない外国人選手だわ。