全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

ケンタッキーの食べ放題は最高だった!

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

前から行ってみたいと熱望していたのですが、タイミングが合わずコンディションが整わず、なかなか行けなかったのですがやっと行けました。ありがとうございます。

2030円(平日・税込)でケンタッキーのフライドチキンのみならず、なんだかんだといろいろが食べ放題になるという素晴らしいケンタッキーフライドチキンに行ったという話でございます。

元を取ろうと奮闘

根が貧乏性なんでしょうね、食べ放題ということになると、元を取ってやろうという気持ちになってしまいます。

メニュー|ケンタッキーフライドチキンメニュー|ケンタッキーフライドチキン

ご覧の通りオリジナルチキンは1ピースが250円です。8ピース食べるとほぼトントンということです。

 

だがしかし、これまでで一番食べたときで4ピース(20代の頃のお話)、近年は2ピースで満足してしまう体たらく。8ピースなんて夢のまた夢なわけです。

 

う〜〜ん、どうしようと考えてたら、もう少し量が行けるチキンがありました。

メニュー|ケンタッキーフライドチキンメニュー|ケンタッキーフライドチキン

骨なしケンタッキー。現場ではチキンフィレと書いてありましたか。胸肉だからコッテリ感がずいぶん軽減されて、これならオリジナルチキンより量が行ける。お値段は同じ、これなら何とか元が取れるかも?ということでお皿に盛りました。

ケンタッキーフライドチキン

ケンタッキー食べ放題

チキン以外も取ってきました。この時点でオリジナルチキンが2ピース、チキンフィレが3ピースです。合わせて5ピース。 ムフフ、あとわずか3ピースで元が取れるじゃないか。これくらい楽勝だ〜。

 

と思っていたら、これを食べきったら早くも満腹の波が襲ってきました。恐るべしケンタッキーフライドチキン。ここから3ピースはしんどいかも・・・と思えてきたのです。

 

結局、ここからオリジナルチキンとチキンフィレを1ピースずつが限界でした。もうこれ以上脂っぽいものはムリとなってしまいました。

 

それにしても絶妙なる価格設定。元が取れそうで取れない距離してあるのです。

 

もしかするとチキンフィレは通常の骨なしケンタッキーよりも小さいかも知れません。だからあともう1ピース、チキンフィレを食べられたとしても、元を取ったとは言えないかも知れません。

 

オッサンでこの程度なら若者だと余裕で元が取れるかも知れませんがね。

 

ちなみに一緒にお皿に乗っているスクランブルエッグ、ほうれん草とベーコンのソテー、チキンの下に実はベイクドポテトもあります。このいずれも通常のケンタッキーにはないメニューが、バツグンの美味しさでした。

 

これだけを食べるためにこの食べ放題に行っても良いんじゃないかしら、と思うほどです。もしも時間制限なく一日中いられるのなら、間を置いて、チキンを食べずにこれらをしっかりと食べたかったくらいです。

パスタもスイーツもサラダもあるけど・・・

食べ放題に来ると、是が非でも全種類食べてやろうと思ってしまうタイプです。しかしながら、元を取ってやろうとする邪な考えがチキンのみで満腹の向こう側へと誘われてしまいました。

 

なので、パスタもスイーツも食べられませんでした。

 

ただ、パスタばかりを食べ、シメにスイーツも食べていた妻によると大変おいしかったそうです。とくにパスタはにんにくがとっても効いていて、格別だったそうです。

 

平日限定で白いティラミスというのがあったのですが、御存知の通り僕は無類のティラミス好きだったので食べたかったです。食べられなかったのは実に残念です。

 

あ、食べてないので写真もありません。ゴメンナサイ。

 

さらにはサラダもあったのですが、いつもは必ずサラダをある程度入れてからメインに闘いを挑むのですが、今回はもとを取るという熱い思いのためにサラダを捨てました。本当に捨てたのではなく、食べるのを諦めたということです。

 

サラダもまた、おいしそうでした。

ビスケットが常時温い=最高

今年でビスケットが販売を開始して30年なんだそうです。

この情報はこの春のものなので、もはや30%オフキャンペーンは終わってますけど、30年前初めてビスケットを食べてから、無類のビスケット好きです。近年味が落ちたように思われ、食べる機会がぐっと減りましたが、時々食べては味の確認をする日々でした。

 

ここのところ1個を食べられれば充分という感じで、今回もいくら食べ放題だからと言っても1個食べたら充分と思えるだろうと思っていました。

 

思えばケンタッキーのお店でビスケットを買うと、まずはチキンに食らいつき、ある程度腹がなじんできたところでビスケットに手を付けます。その時にはすっかり冷めて常温になったビスケット。そればかりを食べてました。

 

温めれば良いだけ。ただそれだけのことをめんどくさがってしませんでした。

 

しかし、温いことが大事だと言うことをここで知らされます。

 

とりあえず1個。いつものようにメイプルシロップをクルッとかけて、食べて驚きました。ここのビスケットは温いのです。冷めないように保温されているのです。

 

げ、初めてビスケット食べたときのウマさやん。

ケンタッキーのビスケット

2回目は2個ピックアップさせるおいしさ。

もうすっかりお腹いっぱいになっていたのに、僕は2回目のビスケットをピックアップしに行ったのでした。今度は2個。甘い物は別腹といいますが、まさに別腹。限界の向こうに新たな限界があるのです。

 

オリジナルとフィレを合わせて7ピースを食べて、もう何も入らない状態だったのに、そこからビスケットをまず1個、さらに2個。しめにもう1個と計5個も食べてしまいました。

 

温い。ただそれだけのことでこんなにもビスケットをおいしくするのかと愕然としました。これからは面倒でも食べる前に温めようと思いました。

※現場にアイスがあったので、ここで紹介されている食べ方も可能でした。やれば良かったな。

近年、食べ放題では思っているほど食べられない悔しい思いばかりしてました。それは元を取ろうとしているからなのです。

 

しかし、このケンタッキーの食べ放題には元を取ろうという、いやらしい気持ちがなくても十分満足できる味がありました。普通にバランス良く食べても、お得だと感じられる素晴らしきラインナップでした。

 

何度も行きたいそんな食べ放題でした。

 

それではまた。

ありがとう!