全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

後藤洋央紀 must win!NEVER無差別級タイトルマッチ@4.27 Road to レスリングどんたく2018 〜安芸の国 戦国絵巻〜

元気ですか〜⁉︎

どうも、ろけねおです。

 

『SAKURA GENESIS』が終わりまして、次期シリーズのカードが続々と決まりました。ザッと見たときにまず書きたいと思ったのが、この広島大会です。

ビッグマッチかと思ったら小アリーナ

主要カードが発表されて、出し惜しみなしの良いカードが各地に並んでいる中、この広島大会の主要カードがNEVER無差別級のタイトルマッチだけ。広島だったら、きっと大きいところでやるのだろうし、こりゃ思い切った戦略だなと思いました。

 

4.27 Road to レスリングどんたく2018〜安芸の国 戦国絵巻〜の全カードはこちら

 

話題にもなっていない感じのNEVERをメインして、ビッグマッチが成り立つわけないじゃんということです。

 

ところがよく見ると会場が広島グリーンアリーナの小ホール。どんなところかは知らないけども、我らがエディオンアリーナ大阪で言えば第2体育館って感じでしょうから、ビッグマッチじゃないんだろうね。

広島県立総合体育館 | グリーンアリーナから元気を発信!広島県立総合体育館 | グリーンアリーナから元気を発信!

※小ホールは大ホールの約半分の大きさですね。

なんかホッとしました。

メインかと思えばセミ

そんなにしょっちゅう新日本プロレスがやってくるわけじゃないだろうに、やっと来たかと思えば、メインカードがNEVERって気の毒だなぁと思ってしまいましたが、カードを見てみると、セミファイナルでした。

4.27広島大会カード

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

なんかホッとしました。

 

しかもメインがIWGPシングルのダブル前哨戦です。むしろ、これを小さめの会場で観られるのはラッキーなんじゃないでしょうか。

 

その他にもL.I.J. vs 鈴木軍の5 vs 5の10人タッグマッチも組まれてます。僕が広島近辺に住んでたら、何が何でもチケット取りたいと思うでしょう。

 

さっきまで気の毒と思ってたのに、若干羨ましく思えて来ました。

後藤洋央紀 must win!

さて、NEVER無差別級選手権試合の行方です。僕は挑戦者のジュース・ロビンソン選手こそ棚橋弘至選手の後継者であると信じているので、ここで新日本プロレス内でほとんど機能していない後藤洋央紀選手をしっかり踏み台にして、格上げをしてもらいたいところです。

後藤vsジュース

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

でも、今回は残念ながら後藤選手が勝つと予想します。理由は3つあります。

1つ:タイチ戦が未消化だから

タイチ選手がヘビー級に転向して、実に良い感じです。賛否両論の男として輝きが増しています。ここでしっかりとタイチ選手の格上げをすれば、完全にヘビー級感が出るというもの。

そこでNEVERのタイトルマッチはちょうど良いレベルです。誰が挑戦しても良いベルトだし、もしも後藤選手に勝つことがあっても、程よいサプライズです。負けたとしても価値は下がりません。内藤哲也選手との試合を観てもお分かりでしょうが、シングルマッチでも一定の内容は残せるでしょう。

 

対タイチを実現せずして、後藤選手がNEVERのタイトルを落とすのはもったいないです。

2つ:ジュース選手はUSヘビー要員

USヘビーは僕が好きなデビッド・フィンレー選手が今シリーズ挑戦しますが、ジュース選手もまたこのタイトルを巻いて欲しい選手です。フィンレー選手が勝っても、ジェイ・ホワイト選手が防衛しても、次に挑戦して欲しいのはジュース選手です。

 

ま、NEVERやってすぐにUSヘビーというわけには行かないかもしれませんが・・・。

 

だから、NEVERなんかに構ってるヒマはないのです。いや、そんな価値のよくわからないベルトを巻いて欲しくはないのです。

 

というようなことで、悔しいんですがジュース選手は負けてしまいます。

3つ:後藤さんにはベルトがないと何もない

かつては、いずれはIWGPヘビー級王者になる選手だと思っていました。僕がプロレスから離れている間にデビューして、海外に行って、知らぬ間にトップレスラーの一角担っていましたから、何の思い入れもないのです。

 

ただ、実にプロレスラーらしいガッチリとした体格、オリジナリティあふれる多彩な技、荒武者というキャラクター、目つきや顔つき、とトップレスラーが備えているものを持っています。棚橋選手のビンタでアゴを骨折して、G1を欠場するあたりまでは次のIWGPヘビーは後藤選手だな、なんて思っていたものです。

 

しかし、ケガから復帰して後は、パッとした活躍は出来ていません。

 

最近ではすしざんまいくらいです。

 

もうそんなことでしか、アピール出来ないのかと思うと、きっと天下を獲るんだろうなと思っていただけに、かわいさ余って憎さ100倍というところです。

 

多分、新日本プロレスも後藤選手の扱いに困っているんじゃないでしょうか。だから、価値のよく分からないNEVERでも巻かせておけって状態なんでしょう。

 

そんな後藤選手からベルトを取り上げられたら、どうなります?大スランプに陥ったとして、 お寺で写経でもしますか?中国でカンフーの修行でもしますか?そんなの、後藤選手が嫌がりそうです。

 

ということで、後藤選手は勝つしかないのです。

 

奇跡的にこのNEVERのチャンピオンシップが、後世に語り継がられるレベルの名勝負になるようなら、後藤選手に再びIWGPヘビーへの道が開けるかもしれません。

 

だから、ジュース選手が好きだけど、後藤選手を応援します。皆さんも応援しましょう。

 

それではまた。

ありがとう!