全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

ラストチャンス!YOSHI-HASHI!

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

札幌大会が終わったということは、間に後楽園ホール大会がありますけども、やっぱり大阪大会が次の節目です。『THE NEW BEGINNING IN OSAKA』でございます。

www.njpw.co.jp

注目の試合が多々ありますし、これからじっくり予想もしていくわけですけども、個人的に一番注目しているのはYOSHI-HASHI選手です。

なぜ注目しているのかと言えば、たぶんこれが最後のプッシュだと思うからです。これでスベったら、ボーンソルジャー選手のようにフェイドアウトになってしまうんじゃないかと考えているからです。

 

ヨシタツ選手のように他団体で活躍できる道があればいいですが、現時点ではそれもなかなか厳しいように思います。だから、大阪大会では何が何でも爪痕を残さないとダメなのです。

CHANCE1:中邑真輔選手の退団

これまでYOSHI-HASHI選手がプッシュされそうな雰囲気になったことが、僕が覚えているだけで2度ありました。

 

細かいことはぜんぜん覚えてないのですが、まずは中邑真輔選手が退団しちゃった時に遡ります。

www.hochi.co.jp

今やロイヤルランブルで優勝してしまうくらい正真正銘のスーパースターになった中邑真輔選手は、かつてYOSHI-HASHI選手と同じCHAOSでよくYOSHI-HASHI選手をいじっていたものでした。

YOSHI-HASHIと中邑真輔のやりとり : イヤァオ!速報 プロレスまとめサイトYOSHI-HASHIと中邑真輔のやりとり : イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

その中邑選手がいなくなったあと、あれは後楽園ホールだったかな?中邑選手独特の滾るポーズをやったり、今でも使ってますけどスライディング・ボマイエを使ったりして大いに会場を沸かせたんですよ。

 

看板レスラーである中邑真輔選手の退団にさすがのYOSHI-HASHI選手も危機感を覚えたのか、まさかYOSHI-HASHI選手が「オレがやらなきゃ誰がやる」ってなったのかと思って僕も大興奮したんです。

でも、それ以上は何も起こりませんでした。意図的に中邑ムーブを繰り出したのはおそらくその試合だけだったんじゃないかな?ふだん、おっとりしているYOSHI-HASHI選手がここぞというときに滾るのかもしれないと期待していたのですが、見事に不発に終わりました。

 

あの時の勢いを使えばブレイクできたんじゃないかと、とても残念に思っています。

CHANCE2:ケニー・オメガを倒したとき

YOSHI-HASHI選手がブレイクしそうな雰囲気になったと言えば、誰もがこちらを思い浮かべるのではないでしょうか。それはG1でケニー選手を完全なるピンフォールで倒したときです。

しかも新必殺技まで繰り出したんだから、これは完全に格上げだ〜!と興奮しましたよ。まさかこの絡みが後に名言「俺のハートは砕けたか?」を生み出す源泉になるとは思いもよりませんでした。

 

先日ジェイ・ホワイト選手がスカッと勝ってしまいましたが、ケニー選手に勝てる選手は限られてるんです。現在の新日本プロレスでは完全にトップですから。そんなにコロンコロン負けませんよ。YOSHI-HASHI選手が勝った時はまだそこまでトップ感はなかったのですが、まさかYOSHI-HASHI選手が勝つとはほとんど人は考えてはいないくらい、2人の距離は遠かったんです。

 

ジュース・ロビンソン選手ですら、丸め込みでしか勝たしてもらえなかったのに、です。いかにYOSHI-HASHI選手を売り出そうとしているかがうかがい知れます。

 

ところがこのYOSHI-HASHIフィーバーもいつの間にかフェードアウト。ケニー選手に勝つというサプライズを利用してもYOSHI-HASHI選手は一切ブレイクすることはなかったのです。

CHANCE3:vs内藤哲也戦

そこでついに3度めの正直、vs内藤哲也戦ですよ。しかも、内藤選手のほうがなんとかこの試合を盛り上げようとしてくれています。そのありがたみが少しも分かっていなかったYOSHI-HASHI選手は札幌大会の初日、派手にスベってしまいました。

www.loca-neo.com

2日目に急に相手が今をときめく内藤選手だったと気がついたように、内藤選手の前髪を掴んだりして、面白くしてくれました。

 

ただ問題はここからです。相手が内藤選手ですから、大阪での試合もそこそこの試合にはなると思います。もしかしたらYOSHI-HASHI選手が勝っちゃうかもしれません。いや、YOSHI-HASHI選手をブレイクさせようと思ったら、もうそれくらいのインパクトでもないとしんどいです。

 

でも、ケニー戦のこともありますから、ただ内藤選手に勝っちゃうというだけではまだまだ足りません。二の矢、三の矢を放たなくてはなりません。

 

まずは大阪大会の試合では、未だに内藤選手にブーイングが飛ぶ大阪で、逆にYOSHI-HASHI選手にブーイングが集まるような試合をして欲しい。実際には思ったほどYOSHI-HASHI選手にはブーは飛ばないかもしれないけど、いくらなんでもそりゃブーやでと思わせる荒々しいYOSHI-HASHI選手を観たいです。

 

さらに大阪大会に奥様を連れてきましょう。

だって、奥様は元プロレスラーなんでしょ?第2の健介ファミリーになりましょうよ。

ヨシハシは嫁の栗原あゆみにプロレスを教わるべきだ!|プロレス365ヨシハシは嫁の栗原あゆみにプロレスを教わるべきだ!|プロレス365

しかも、僕は奥様の現役時代を知りませんけども、上のサイトにある動画を観たところ、なかなかいいレスラーじゃないですか。かつて佐々木健介さんも塩気の濃いのレスラーとして有名でしたが、奥様の北斗晶さんが全面に出るようになってから、塩気が少しずつ抜けていったものです。

 

ここはもう奥様の出番しかありません。ま、まずはプロレスを教えてもらったほうが良いですけどね。そこは旦那としてのプライドが許さないかな?ちっぽけなプライドなんて捨ててほしいものです。いや、もうすでにアドバイス貰って現状なのか?とにかくYOSHI-HASHI選手一人の力ではどうにもならないところに来てるので、奥様に手助けをして欲しい。

 

できれば必殺技カルマですが、もっとスムーズに出せると良いですね。クラッチが違ったりしてる時もあったでしょ?本人もカルマってどうだっけ?みたいな感じで繰り出しているような気がします。

 

コスチュームの模様がはがれてきても気にしなかったり、如意棒を短いので入場してきたりと、プロとしてどうなん?という姿勢も散見されますが、そういう小さいことがすべて吹き飛ばすような素晴らしい試合をして、今度こそCHAOSに、いや新日本プロレスにYOSHI-HASHIありというところを見せつけて、IWGPヘビーのベルトに挑戦できるくらい格が上がることを期待しております。

 

ここで無様な試合したら、G1もヤバいですよ。

 

そろそろ本気を出せ!YOSHI-HASHI!

それではまた。

ありがとう!