全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

銀魂は思っていたほどおもしろくなかった

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

僕の大好きな『勇者ヨシヒコ』シリーズの

監督・福田雄一さんの作品であるということで映画『銀魂』観に行ってまいりました。

ちなみに僕は原作マンガをほとんど読んでません。

以前友達に勧められまして、少しだけ読んでみたのですが、ハマりませんでした。このマンガ自体、あんまり好きな感じではないのかな〜と思ってました。

とにかく橋本環奈さんがかわいい

僕のこの映画の印象は「橋本環奈さんがとにかくかわいかった」に付きます。

 

【1000年に一人の美少女】と呼ばれてたんでしたっけ?我らが棚橋弘至選手の10倍の年月に1人しか現れないとほどレアな美しさを持っているということですが、個人的には若い女の子にそんなに興味がありませんので、ここまで特に何の印象もありませんでした。確かにかわいいな〜、それくらいのものです。

 

ところがこの映画に出てくる橋本環奈さんは、全場面ちゃんとかわいいです。そのかわいさにストーリーなんか、どうでも良くなってくるほどです。映画の前半はこの子が主役だと思いこんでました。

 

1000年に1人って大げさだな〜と思っていましたが、決して大げさではないかもな〜と思わされました。

 

少し前にこの子が『セーラー服と機関銃』の映画を主演して、そこそこコケたという話を目にしまして、

かわいいだけで芝居はイマイチなのかな〜と思っていましたが、なんのなんの見事なものでした。これだけやれたら大したもんだろう、『セーラー服と機関銃』はなんでお客さんはいらなかったのだろう?橋本さんのせいじゃないんじゃないの?と思える大活躍でした。

 

ただ『セーラー服と機関銃』上映時からもこういう記事も出てまして、

芝居、やっぱり上手だったんですね。ちょっとだけ『セーラー服と機関銃』が観たくなりました。

六角精児さんが素晴らしかった

この映画に出てくる全て俳優さんが、実に素晴らしい芝居を見せてくれます。これぞ、僕が楽しみにしていた福田雄一さんの世界でして、しっかり楽しませてくれます。

 

とはいえ、ちょっと期待しすぎた感はあったのかな?大笑いするような場面は特にありませんでした。個人的にツボだったのは主演の小栗旬さんの反町隆史さん風味の歌と

POISON~言いたい事も言えないこんな世の中は~

POISON~言いたい事も言えないこんな世の中は~

  • 反町隆史
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

六角精児さんでした。

 

詳しくは書かないほうが良いと思うので書きませんけども、有名なアニメのキャラクターのパロディとして御出になっています。このキャラクターに六角さんをキャスティングしたということがまずおもしろくて、さらにその芝居にまた笑わせてもらいました。

 

他にも様々なパロディが出てくるのですが、残念ながら僕の知らないものばかりだったようであまり笑えませんでした。もう少し、アニメとかドラマとか見ておくべきだったな〜と少し反省しました。

映画としてはイマイチ

シーン一つ一つはしっかりお笑い要素が詰め込まれているし、演者さんもそれぞれの持ち味をしっかり活かしていて、実に素晴らしい出来になっていると思います。実際、何度も笑いました。

 

しかし一本の映画としてみた場合、どうにもストーリーの盛り上がりに欠け、そのまま何となく終わってしまったという感じでした。

 

きっと監督にはこのマンガに出てくる様々シーンを忠実に再現、いやよりおもしろく再現することに注力して、一本の映画としての面白さは最初からあんまり考えてなかったのかな〜という気がしました。

 

言うなれば、コントをつなぎ合わせただけの映画です。派手にお金の掛かった『バカ殿』みたいなものでしょうか。

 

原作マンガをしっかり読み込んでいて、パロディの元ネタもしっかりわかっている方ならかなり楽しめたのかも知れませんが、残念ながら僕には楽しめませんでした。

 

僕のようにただ福田雄一さんの作品だから楽しめるだろうという感覚だとイマイチに思えることもあると思います。そのあたり、これから鑑賞しようと考えてる方は考慮に入れたほうが良いでしょう。

 

それではまた。

ありがとう!