全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

デ!ハ!ポン!と叫びたかったんじゃない?@7.29 G1クライマックス27 観戦記(新日本プロレスワールド)

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

今回はしっかり第1試合から観ました。最近はヤングライオンの試合が楽しいです。

第1試合〜第5試合の感想

まずは公式戦以外の感想をサラッと書いていきます。公式戦では激しい試合が連発しますのでそれ以外では楽しい試合をして、ムダにケガしないようして欲しいです。また、ヤングライオンが上の人と戦えるチャンスということでヤングライオンの皆さんはガンガン行って欲しいです。

第1試合 マイケル・エルガン&デビッド・フィンレー vs SANADA&BUSHI

まともに当たると翌日にダメージを残すかもしれないと考えたのか、エルガン選手もSANADA選手も公式戦の予告編をほとんど観せませんでした。

 

わからなくもないんですが、もう少しやりあってもらうほうが公式戦への期待感が違ってくるんですがね。

 

今日もフィンレー選手は元気いっぱい。ヘビー級で活躍して欲しい。

第2試合 川人拓来&北村克哉 vs EVIL&高橋ヒロム

目を奪われてしまうのは北村選手です。ただ、好きにさせないだけの上手さがEVIL選手にもヒロム選手にもあります。北村選手が体格的に遥かにロスインゴの二人を凌駕していても、プロレスはそれだけではどうにもならないというのも証明していました。

 

この二人がいる限り、新日本プロレスは安泰です。

第3試合 鈴木みのる&タイチ vs タマ・トンガ&高橋裕二郎

「かっぜになれ〜」がないのは実に珍しいけど、お客さんとしては残念な気持ちになったんじゃないかな〜。タマ選手の奇襲は面白いとは思うけども、せめて「かっぜになれ〜」の直後で良かったんじゃないでしょうか。

 

こういうところの空気の読めなさがイマイチ上に行けない理由なんじゃないかな。

 

個人的にはタイチvs裕二郎はワクワクします。もっと時間取ってじっくり観たいです。

第4試合 小島聡&天山広吉 vs ケニー・オメガ&チェーズ・オーエンズ

BULLET CLUBは楽しそうに試合してますね。本当に素晴らしい。ケニー選手は公式戦があるのでかる〜く試合して、その分オーエンズ選手が大活躍。この人は本当に良い選手だと思いますので、ずっと新日本に来て欲しいです。

第5試合 ジュース・ロビンソン&田口隆祐&岡倫之 vs オカダ・カズチカ&矢野通&外道

僕はそんなに田口ジャパンが好きじゃないので、岡選手を巻き込むのは止めて欲しいです。田口選手はおもしろいな〜と思ったこともありますけども、僕の中ではほぼほぼスベってます。おもしろいな〜と思ったところも何回も観るとさすがに飽きが来ます。だから、そろそろ新展開を期待します。

 

ジュース選手はここは休んで、膝を少しでも直して欲しいです。

第6試合 真壁刀義 vs 永田裕志

さて、ここから公式戦です。今回も予想と照らし合わせながら感想を書いていきます。

予想では真壁選手の勝ちにしていましたので、予想的中でした。

 

ベテランの二人だけど、どっちもベテランらしい老獪なテクニックというものを駆使して戦うタイプの選手でないことがガッツリ裏目に出たモサッと試合でした。

 

とくに真壁選手は力強さを感じさせないとキングコングの名が泣きます。永田選手にたっぷり付き合ってもらってもこの程度なんだな〜と、少し悲しくなってきます。とくにコーナー上で放った袈裟斬りチョップのモッサリ感は見ててしんどかったです。

 

袈裟斬りチョップに関しては橋本真也選手のスゴいのを何度も観てますから、それに迫るものでないと使わないで欲しいとすら思います。

※振りかぶり方が違うのかな〜。やっぱり力強さを感じます。しかも痛そう。

そして、フィニッシュのキングコング・ニードロップ。「それを言っちゃあお終いよ」ということなのかも知れませんが、全然ヒザが当たってません。どなたかがTwitterで仰ってたんですが、あの技はキングコング・アンクルドロップでした。

本当にヒザがドカンと乗っかるのは流石にシャレにならないのかも知れませんけど、フィニッシャーですからね。痛そうと思わせて欲しいです。あんなゆるい技で負けなくちゃいけない永田選手が気の毒ですよ。

第7試合 飯伏幸太 vs バッドラック・ファレ

完璧にファレ選手は覚醒しましたね。花道でお客さんのダリルを粉砕した時点で、今日もファレ選手が絶好調であることがわかりました。

 

予想ではファレ選手が勝つとしていましたので、これまた予想的中です。フェニックス・スプラッシュを封印した飯伏選手にファレ選手を倒す技はないので仕方がないですね。

 

シットダウン式ラストライドがファレ選手に決まるとは思えませんしね。飯伏選手はずいぶん背筋力が高いそうですが、やっぱりラストライドは厳しいでしょう。

 

デカい選手でも倒せる新技がほしいですね。ここまで新技が出てませんが、やっぱり開発が間に合わなかったんでしょうか。結局、2年前のG1に出場したときの飯伏選手とほぼ何も変わらない、むしろフェニックス・スプラッシュがなくなった分弱くなっちゃった印象を持ってしまいました。

第8試合 後藤洋央紀 vs ザック・セイバーJr.

予想ではザック選手が勝つとしてました。だって、春にザック選手は負けてるんですから。連敗するほどの差は両者にはありませんし。ただ、後藤選手はけっこう負けが込んできたんですよね。だから、負けにくい。タイミングの悪い対戦でした。

 

ただ後藤選手は勝ったんですけど、試合は完全にザック選手に支配されていまして、僕は後藤選手をこのG1の優勝者と予想しているのですが、このレベルでは優勝させられないな〜と実にガッカリさせられる内容でした。

 

結局、ガンガンくる相手に対しては対応できても、テクニックを全面に押し出して戦うザック選手のようなタイプには対応できないとなると、チャンピオンにするのはキツいです。

こういう意見をTwitterで見かけましたが、まさに仰るとおり。器用な選手ばかりではおもしろくないので後藤選手の不器用さは武器なんですが、完全に裏目に出てました。

第9試合 棚橋弘至 vs YOSHI-HASHI

棚橋選手は完全に戻りましたね。動きもいいし、技の正確性も上がってきたし、右腕もほぼ問題なく使えているようですね。ま、YOSHI-HASHI選手が右腕を全然狙わなかったのも問題ですがね。

 

下り坂に入ろうとしている棚橋選手に体力面でYOSHI-HASHI選手は対抗できてなかったように見えました。技術のほうも前半の腕の取り合いやバックの取り合いを見ても、YOSHI-HASHI選手は全て負けてました。

 

多少、終盤には闘志を剥き出しにして殴り合うシーンが観られたんですが、遅いんですよね。最初からもっとガンガン行かねばならない立場なのに、それがわかってないのか、性格的に最初から行けないタイプなのか知りませんが、全然ダメでした。

 

ここまでのG1はYOSHI-HASHI選手のダメっぷりを証明する戦いになっちゃってます。本当にマズいです。しっかり試合を見返して反省して、改善してもらいたいです。

 

YOSHI-HASHI選手のカルマの入り方が今回はブレーンバスターのような形になってましたが、2パターンが存在するということなんでしょうか。いろんなパターンが有ることは良いとは思いますけど、それだとツイスト・アンド・シャウトで返されるんじゃない?と思ったら、本当に貰ってました。棚橋選手には以前の形で入るほうが説得力があるんじゃないでしょうか。

 

メインの結果からすると、こっちをメインにして棚橋選手にシメてもらったほうが良かったんじゃないかな。

 

この試合も予想的中でした。

第10試合 石井智宏 vs 内藤哲也

この2人は手が合いますね。面白かったな〜。キャラが真反対なところが見事にスイングしてました。

 

内容は完全にメインにふさわしかったんですが、シメがないというのはやっぱり寂しいですね。石井選手のキャラ上、仕方がないんですが。

 

この試合も後藤vsザックと同じように、前回の戦いであるUSヘビー級トーナメントで石井選手が勝っていますので、内藤選手の勝ちは揺るがないと予想していたのですが、まさかの石井選手の勝ちでした。

 

ただ終盤がわかりにくい返しの連続で、混乱しました。

 

走り込んでのデスティーノを石井選手がこらえて前に牛殺し的に落としたのを、内藤選手がこらえたのかな?今度は石井選手がリバースのブレーンバスターを狙った感じですが、それをデスティーノで返してました。これはほぼ正調デスティーノでこりゃ決まったと思ったら、これをキックアウト。

その後、いろいろあって再びデスティーノが炸裂したと思ったら、石井選手がムクッと立ち上がってスライディングラリアットが炸裂しました。石井選手がデスティーノを返したのかどうかもさっぱりわからないまま、フィニッシュにまで一気に行ってしまいました。

 

デスティーノってガンスタンもそうなんですが、決まってるのか決まってないのかがちょっとわかりにくいですね。それはもう決まってるで良いんじゃないのと思うような場合でも決まってなかったり、これは返しただろうという決まり具合でも3カウント入ったり、難しいです。

 

順当に考える(お正月のドームでメインを飾るに相応しい選手は誰か?と考える事)とこのG1は内藤選手のためにある(つまり優勝する)と誰でも考えるんですが、負けちゃいまして混沌としてきました。一体この先どうなるのでしょうか。ますますおもしろくなってきました。これからも楽しみです。

 

それではまた。

ありがとう!