全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

ジュースに期待してます!@7.30 G1クライマックス27 観戦記(新日本プロレスワールド)

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

試合開始時間を完全に勘違いしてまして、ワールドをつけたらもう第6試合が始まってました。ということで前半の5試合以外の感想を書きます。

 

予想と照らし合わせながら、書いていきます。

そこそこ当たってます。

第6試合 矢野通 vs EVIL

アッという間に終わってしまいました。なかなか手が合ってましたので、もう少し二人の試合を観たかった。EVIL選手はどんな相手でもしっかり試合を作れる選手です。非の打ち所がないレスラーです。

 

凱旋したての勢いのあった頃の天山広吉選手を思い出します。

あの頃の天山選手も本当に凄かったんですよ。

 

反対にここのところの矢野選手は、持ち味をあまり出させてもらえない試合が続いてますね。これはそろそろ新しい戦法を考えないといけない時が来てるのかも知れません。

 

この試合は予想通りEVIL選手の勝ちでした。

第7試合 鈴木みのる vs タマ・トンガ

デスペラード選手をコソッと襲って、鈴木軍の旗の影に隠れて入場してくるシーンは面白かったですね。ただ、やっぱり「風になれ」の大合唱はありませんでした。僕がお客さんならちょっと残念です。ただエンディングで大合唱になったから、良いかな?

 

ほぼほぼ場外乱闘で時間を潰してました。近くで観れた場合はとっても楽しい場外乱闘ですが、反対側に座っている場合何をやっているのか全然見えないので、面白くもなんともないんですね。だから、こんなに長くやる必要はないのです。しかも場外カウントできない状態でスタートしてしまいましたから、いつも以上に長くなったのはお客さんとしてはキツいでしょうね。

 

ずっとタマ選手は小さいな〜と思っていたのですが、鈴木選手と並ぶとちょっとタマ選手のほうが背が高いように見えました。一流のレスラーはリング上では大きく観えるもんだと、昔山本小鉄さんが仰ってましたが、鈴木選手が大きく見えていたのはそういうことなのかも知れません。

予想では鈴木選手の勝ちにしていたので的中でした。

第8試合 マイケル・エルガン vs SANADA

SANADA選手絡みの試合はどれも楽しみではあったのですが、ここまで良い試合をした印象がありません。だけども、失望させられることもないという、ある意味一番マズいんじゃないかと思っちゃう活躍っぷりです。

 

どの試合もそつなくこなしている印象です。この試合もまた楽しみなカードではあったんですが、盛り上がりに欠ける試合でした。

 

SANADA選手はテクニックやスピードでエルガン選手を翻弄しないといけないと思うんです。でも、そういうところもほとんど観せられず、唐突にラウンディングボディプレスでシメてしまいました。

 

技もあるし、身体能力も高い、だけどインパクトは残せない状態です。実に歯がゆいです。もっとやれる選手だと思うので、残りの試合でインパクト残して欲しいです。

 

予想ではエルガン選手が勝つとしてましたので、予想がハズレました。

第9試合 小島聡 vs ケニー・オメガ

予想ではケニー選手が勝つとしてましたので、的中でした。順当ですね。パワー、スピード、テクニックといずれも現在の小島選手がケニー選手の上を行くモノは何もありません。

 

そして、何もより試合運びの巧みさにおいては全く太刀打ちできてませんでした。完全にケニー選手に引っ張ってもらっている試合でした。しかも天山選手も巻き込んでました。ケニー選手にはかなり余裕があったのです。

 

小島選手にとって、ここまでの試合の中では、いちばん悔しい試合なんじゃないでしょうか。ほぼ何もさせてもらえませんでした。やっぱり小島選手も今年でG1は終わりでしょうね。このレベルのシングルマッチをする大会じゃないですからね。

 

コンディションは良さそうなのに、センスで今のトップ選手に対抗できないんですからどうしようもないです。第3世代では小島選手は好きなので、実に残念です。

第10試合 ジュース・ロビンソン vs オカダ・カズチカ

予想ではオカダ選手が勝つとしてましたので、的中でした。これも順当です。どんどん良くなっているジュース選手ではありますけども、今のオカダ選手にはまだちょっと勝てないでしょう。だから、勝敗ではなく、どこまでオカダ選手を慌てさせるかがポイントでした。

 

ただ、やっぱりヒザの調子が悪いせいなのか、ガンガン行けませんでした。試合中にあんなに相手にエールを送るオカダ選手って珍しいですね。レインメーカーも一発で充分かと思えるところを、これまでのIWGP戦のようにレインメーカーを連発しました。ジュース選手はこの期待に応えて欲しいです。

 

ジュース選手がベストコンディションのときに組んでほしかったのですが、こればっかりは仕方ないですね。次はいつ対戦することになるかわかりませんけども、次回はもっとオカダ選手を慌てさせることを期待します。

 

ジュース選手はまだG1出られるレベルじゃないというような意見もありますけど、こういう選手の格上げにうってつけな場がG1ですから、僕はむしろどの辺がふさわしくないのかわかりません。

 

これからしっかりとしたメインイベンターになってもらわないと困る選手ですから、たっぷりG1を味わって大きくなって欲しいです。

 

それではまた。

ありがとう!