全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

YOSHI-HASHIさん、お疲れ様でした@7.23 G1クライマックス27 観戦記(新日本プロレスワールド)

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

今回は公式戦からしか観れませんでした。『三太郎の日』で近所のマクドナルドまで犬の散歩がてら行ってまして、

auユーザーがトクする日 三太郎の日 | auauユーザーがトクする日 三太郎の日 | au

帰ってきたらちょうど公式戦が始まったところでした。

YOSHI-HASHI vs ザック・セイバーJr. 

今回もまた、予想と照らし合わせながら感想を書いていきます。

予想ではYOSHI-HASHI選手が勝つとしていたのですが、負けちゃいました。というか勝ちそうな気が全然しない試合展開でした。ザック選手の攻撃に全くと言っていいほど対応できずに好きなようにやられるだけやられてしまうというYOSHI-HASHI選手の完敗でした。

 

このG1でYOSHI-HASHI選手の格上げがあるだろうと思っていたのですが、ここまでの戦いっぷりではちょっとムリそうですね。やっぱり攻めのリズム感が悪くて、ザック選手が合わしてあげているように見える場面がありました。

 

スワントーンボムもカルマも唐突に出して、こりゃ決まらないとみんな思ったんじゃないですかね。

 

逆にザック選手は自分の持ち味を充分に発揮した素晴らしい試合でした。見れば見るほど次の試合はどんな戦いを見せてくれるのかと楽しみになります。

棚橋弘至 vs 永田裕志

Twitterを見てますと感傷的になっている人が結構いたのですが、僕は永田選手が活躍した時代を一切観なかったので、全くセンチメンタルな気持ちはなくG1公式戦の1つとしか見れませんでした。

 

予想では棚橋選手の勝ちにしていたのですが、予想的中でした。

 

永田選手がG1で棚橋選手と一騎討ちするのはこれが最後ということで、みんな永田選手に勝ってほしかったんでしょうか、棚橋選手にブーイングが飛んでました。

 

大阪城ホール大会前、内藤哲也選手のベルトに挑戦する棚橋選手が勝ったらヒールターンするのが良いんじゃないかと唱えていたのですが、 

そうはならず、そのまま普通に勝っちゃいまして、何事もなくベルトもキレイになってしまいまして、おもしろくもなんともない展開になりました。

 

なので、このブーイングの飛んでいるところを見ると、やっぱり動けなくなっちゃった棚橋選手にはヒールターンしたほうが良かったと確信しました。棚橋選手は、相手の技をかわしたりスカしたり、切り替えしたり、丸め込んだり、そういうのを得意にしています。

 

逆に永田選手はベテランになろうと全盛期の戦い方しか基本しないんで、棚橋選手の戦法は男らしくないような、ズルいような印象を与えます。これが永田選手を輝かせてましたね。

 

珍しいな〜と思ったのは棚橋選手が右で張り手を見舞ってたことですね。いつも左だったんですけど、何か意味があるのかな?

 

 

あんまり良い試合だとは思いませんでした。

バッドラック・ファレ vs 内藤哲也 

いや〜ファレ選手、強かった。もう覚醒したと思って良いんじゃないかな。ほぼほぼ内藤選手に何もさせませんでしたね。

 

僕の予想ではファレ選手の勝ちにしていたので、単純に嬉しかったです。

 

ダリルの仇を討って欲しいという思いもあったんですけども、ファレ選手がカッとならずに落ち着いて戦われるとキビシ〜です。内藤選手はあまりに正面から行き過ぎたように見えました。

 

負けても勝っても相手の技を大いに受けまくるのが内藤選手の特徴だと僕は思っているのですが、さすがに4連戦最後の試合でファレ選手の攻撃はあんまり受けられなかったんでしょうね。わりとあっさりと負けちゃった印象を受けました。どこかケガしてないか心配ですね。

 

ファレ選手、ひょっとしたら僕の予想よりも上の結果が出るんじゃないでしょうか。ベルトが増えた今、ベルトの挑戦に値する選手が増えるのは良いことですから、ファレ選手に奮起して欲しいです。

飯伏幸太 vs 石井智宏

前の日の前哨戦で噛み合って良い試合になりそうな予感があったのですが、その予感が的中。良い試合でした。

 

予想は飯伏選手の勝ちにしていたのですが、結果は予想通り飯伏選手の勝ちでした。

 

石井選手の普段の戦いを見ていると不器用にただ真っ直ぐに相手に向かっていくように思いますけど、なんでもこなせる器用な選手です。飯伏選手のスピードや打撃にしっかり対応していましたね。

 

今のところ、NEVERのベルトしか巻いていない石井選手ですが、IWGPと名のつくシングルのベルトを巻いて欲しいですね。

 

そろそろ飯伏選手は新技を披露してくれるのではないかと思っていたのですが、今のところありませんね。それがちょっと残念。期待してます。

真壁刀義 vs 後藤洋央紀

僕の大本命、後藤選手の登場です。予想では後藤選手が当然勝つとしていたのですが、負けてしまいました。実に残念です。

 

今の真壁選手に負けるのは、後藤選手も不本意ではないでしょうか。でも、真壁選手に3連敗させる訳にはいかないでしょうから仕方ないですかね。3連敗してもおかしくない戦いっぷりなんですけど、団体への貢献度を考えるとそうなるのかな。

 

メインにしては盛り上がりに欠けました。メインを飯伏vs石井にしたほうが良かったんじゃないでしょうか。真壁選手の知名度を考えてメインなんでしょうけど、現時点ではキツいです。力と力のぶつかり合いが魅力の選手ですからね。

 

やっぱり4連戦は厳しいんでしょうか、なんとなく皆様疲れているような気がします。ケガのないようにみんなで完走して欲しい。

 

それではまた。

ありがとう!