全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

自分は自分だ@『ふくわらい』西加奈子

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

一体自分が何に感動しているのかハッキリと言葉に出来ないけれど、気分の良い感動に包まれながら、読み終えました。

 

うむ、やっぱり西加奈子作品は良いです。

 

今回読んだのはこちら。

ここのところ、小説を読むとなると西加奈子さんの作品を読んでばかりいます。

プロレス好きとプロレス好きは感性が合う?

前回も『きいろいゾウ』という作品を読みましたが、

ピタッと僕の感性に合うんですね。これは前にも書きましたけど、きっと西加奈子さんがプロレスが好きだからなんじゃないかと改めて思います。 

直木賞受賞会見でもなぜか熱くプロレスを語っておられるます。

プロレスの話を振ってしまった記者のせいですが、ここまで世間の方たちが注目する場所でプロレス愛を語る作家さんを応援しないワケには行きません。これからも西加奈子さんの小説は読んでいきます。

プロレスラーが出てくるのでこちらを購入

実は本屋さんで本を買うときに、2冊の西加奈子作品を手にとって悩みました。

 

僕は小説を読むのが遅いので、何冊も一度に買っても後に読むことにした本のことを忘れてしまったり、読む情熱を失ったりするので、小説は一回に一冊しか買わないことにしています。

 

なので、2冊の本を手にとって悩んだのです。

 

そこで何を決め手に『ふくわらい』を選んだのかというと、それはこの物語の中にレスラーが出てくると書いてあったからです。

 

ただそれだけです。

ふくわらい解説

上橋菜穂子さんがどういう人なのか、第1回河合隼雄物語賞受賞作がどれほどの価値があるのものなのか、さっぱりわかりません。

 

ただそこに「レスラー」の文字があっただけで、読むに値すると思ってしまう思考回路なのです。

 

こんなことでワクワク出来るというのは、プロレスがずっと日陰な存在で、今でもプロレスが好きだというと変な人のように思われるフシがあるからです。

 

僕は今までずっとそうだったので、変な人だと思われることにむしろ快感を覚えるくらいになってきていたのですが、どメジャーな直木賞作家の方がプロレスが好きだと言い、そして自分の作品の中でレスラーを登場させるというところにカタルシスを感じてしまうのです。

リアリティのないキャラで構成されたリアルな物語

さて、読まずにはおれない状況の中で読み始めたのですが、最初は何が何やらサッパリわからない混沌に混沌を重ねた、いやCHAOSにCHAOSを重ねたというべきか、とにかくなんじゃこりゃ~連発のストーリーなのです。

※↑まさにCHAOS。

序盤は読んでるのがしんどくなってくるような物語ではありました。

 

独特の匂いの話、人の肉を食べた話、刺青入れ倒してる女の人、片目が見えない人、全盲の外人顔の人、変な顔のプロレスラーと、次々と出て来るキャラクターが、今までの45年の人生の中で、実際にあったことがない人ばかりが出てくるのです。

 

「そんな人、本当にいるの?」とまるでリアリティを感じないのです。

 

ところがいつの間にか、自分がこの物語の世界の中に入り込んでいて、この奇妙なキャラクターたちがリアルにいるように感じていたのです。きっと人物描写が驚くほど上手なんでしょうね。虚像に命が与えられていくような感じでした。

 

終盤にはジワッと涙が溢れてきてもうこの世界を閉じなければならないのかと寂しくなるまでに、この物語の中の世界にひたっていました。その時には物語はリアルな世界になっていたのです。

 

自分は自分でなのである。このわかっていたようでわかっていない、わかってないようでわかっている気がすることを教えてくれたました。それはプロレスが好きで良いじゃないか、プロレスが理解できない人がいたって自分が好きなら、自分が楽しめるのなら、それで良いじゃないかと言われているようでした。

 

人は人。自分は自分。

 

ナイスな作品でした。

 

それではまた。

ありがとう!