全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

芸は身を助く@『釣りバカ日誌』ドラマ版をイッキ見しました

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

特に釣りが好きというわけでも『釣りバカ日誌』が好きというわけでもないのですが、ドラマ『釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助』とそのシーズン2の『釣りバカ日誌 新米社員 浜崎伝助』をイッキに観てしまいました。イッキに観てしまいたくなってしまうくらいのおもしろさです。この調子でシーズン3も制作して欲しいです。

【金曜8時のドラマ】釣りバカ日誌 ~新入社員 浜崎伝助~:テレビ東京【金曜8時のドラマ】釣りバカ日誌 ~新入社員 浜崎伝助~:テレビ東京 

ドラマの話を書く時はいつも続編を楽しみにしてしまいます。自分にフィットしたいいドラマばかり観られてる証拠ですね。

これであなたもアリス派だ

僕の周りでは広瀬姉妹は妹の広瀬すずさんのほうが圧倒的に人気です。いや、世間もそうかな。ドラマや映画ではすずさんのほうがよく見かけますものね。でも僕は、仮面ライダーの映画で姉の広瀬アリスさんが電波人間タックル役で出てきたときから気になっていましたし、

※右下のほうにいる赤と黄色のキャラクターがタックルでアリスさんです。

このドラマによって完全なるアリス派になりました。

 

アリスさんは主人公の浜崎伝助ことハマちゃんの彼女であり、未来の奥さんになるみち子さんを演じておられます。

釣り以外はほぼ何もしないハマちゃんを献身的に支えまくる素晴らしい(男にとって実に都合がいいともいえますが・・・)女性を演じておられます。これを観ればどんな男も彼女に惚れること間違いありません。

 

あ、でも、あくまでみち子さんに惚れてしまうということです。

 

映画版の石田えりさんもかわいらしいみち子さんでしたが、

石田えりは三國連太郎が愛した美人女優!「釣りバカ日誌」降板理由は?石田えりは三國連太郎が愛した美人女優!「釣りバカ日誌」降板理由は? 

負けず劣らずの素晴らしいみち子さんを演じておられます。これで昨日まですず派だったあなたもから今日からアリス派に転向すること間違いなしです。

映画版とゆるくつながっている

映画版のほうはご存じの方も多いでしょう。映画版でハマちゃんを演じておられた西田敏行さんが、このドラマではハマちゃんの釣りの弟子であり、ハマちゃんのつとめている会社の社長でもあるスーさんを演じておられるところが実におもしろい。

 

映画版のパート1と同じようなシーンがあるのですが、ほぼ同じです。ドラマでは完全にスーさんなのです。西田さんの演技の巧さを認識させられます。

もちろん、ハマちゃんを演じている濱田岳さんも素晴らしい。西田さんの演じていたハマちゃんの若い時だな〜と思わせます。

 

ハマちゃんとスーさんの出会いやハマちゃんとみち子さんとの出会いは映画版とは違いますけど、ところどころゆるく映画版とリンクしています。

 

シーズン2の最後、ハマちゃんは四国に転勤になってしまいます。転勤を機にハマちゃんとみち子さんの2人は結婚することになります。

 

で、映画版のパート1のハマちゃんとみち子さんは四国に住んでて、手違いで東京に転勤になるところからスタートします。こういうところでゆる〜くつながっているように見えます。

 

僕よりももっと熱心に映画版をご覧になっている方なら、もっとたくさんのニヤッとさせるポイントが隠れているのではないのでしょうか。

芸は身を助く

ハマちゃんは仕事をあんまりせずに自分の時間のほとんどを釣りに費やしているまさに釣りバカなのです。見事に仕事に支障をきたしています。それでも会社をクビにならずにいるのは、会社における立場をピンチに追いやる原因になった釣りという趣味が、彼を助けているという不思議な状況があるのです。

 

これがこのドラマのおもしろさです。

 

釣りによって、自分の会社の社長と友達になり、他の会社の社長と友達になったりと新入社員とは思えない様々なコネクションを構築していくのです。映画版では出世しそうになると釣りができなくなるので、と断っていますから出世こそしてませんが、ピンチのときにそのコネが効いてきます。

 

まさに芸は身を助くです。

 

なんでも一生懸命打ち込んで、ある一定のレベルまで行くと人生を豊かにするものなんだな〜と。中途半端なのが一番ダメ。僕もいろいろ趣味がありますけど、ある一定のレベルにはどれも達しておらんのです。というか、ハマちゃんほどに打ち込んではいないのです。

 

そんな自分が恥ずかしくなります。もっと夢中になりたい。いや、これから夢中になろう。

 

とっても前向きになれて大笑いできる素晴らしいドラマです。まだ映画版しかご覧になっていない方はぜひドラマも御覧ください。

 

それではまた。

ありがとう!