全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

BULLET CLUBの内紛は続く@5.3『レスリングどんたく2018』 見どころ その1

元気ですか〜⁉︎

どうも、ろけねおです。

 

私事で恐縮ですが『レスリングどんたく』の開催される5月3日というのは僕の誕生日になります。なので、出来ればIWGPヘビー級のタイトルマッチは僕の誕生日にやって欲しかったです。

 

2連戦の1日目です。個人的には1日目のほうがカードが弱いなぁって思ってしまいました。こちらに行く方、ゴメンなさい。

 

それでは今大会の見どころを3つ、ご紹介していきます。

ロッポンギ3K試練の◯番勝負だ

まずは第3試合のロッキー・ロメロ&ロッポンギ3K(SHO&YOH )vs K.E.S.(ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.)&飯塚高史という階級の垣根を取っ払った6人タッグマッチ。

ロッポンギ3KvsK.E.S.

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

タイトルマッチを数試合組んだのに、今ひとつ盛り上がることが出来なかった3Kへのお仕置きか?まさか3Kもヘビー転向か?いろいろ思いました。

 

実際のサイズは知りませんが、リングで見るとロッキー選手も含めて3Kは一際小さいです。そして、逆にK.E.S.はヘビー中のヘビー。まさに大人と子供のような体格差です。

 

考えてみると、K.E.S.が相手だと3Kは一方的にやられまくらなければ、3Kが輝いて見える絶妙なマッチメイクではないでしょうか。

 

足の間をくぐり抜けたり、3人で力を合わせて、デカい1人をキリキリ舞いさせたりは、ちょうど第3試合あたりにしっくりくる試合になるではないでしょうか。

 

そして、ここでロッキー選手は監督ではなく、仲間であるというスタンスがよく見えるような戦いをして、3Kがマイナーチェンジしたことをしっかりアピール出来るような試合になると良いのです。

 

こういう試合を積み重ねて、ファンからそろそろまたタイトルに挑戦しても良いんじゃない?という雰囲気が出るように張り切ってもらいたいところです。

 

この際、対ヘビー級を次々とやる『試練の◯番勝負』というのをやったらどうでしょう。3Kやるな〜と思わせるには、良いんじゃないでしょうか。

広島のメインが・・・

次は第7試合の棚橋弘至&KUSHIDA vs オカダ・カズチカ&ウィル・オスプレイのIWGPヘビーとジュニアのダブル前哨戦です。

スペシャルタッグマッチ

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

あれ?このカードは広島大会のメインカードじゃないですか。ということは広島大会でのこのカードがイントロからAメロで、こっちは差し詰めBメロまでという感じ(当然サビはそれぞれのシングルタイトルマッチ)でしょうか。

 

広島をナメてんのか、コノヤローってならないだろうかと、心配になりました。

 

大阪もカード発表前にチケットが売れ切れてしまうほどになったので、力の入ってないカードが組まれることもあったりしましたが、これはなんか自分が広島大会に行くことにしてるとしたら、ちょっと嫌だなぁと思いました。

www.loca-neo.com

※何が何でもチケットを取りたいと思うはずと書いていただけに、どんたく一日目のカードにはガッカリが大きかったです。

しかし、2回も組まれているということは、サビ(シングルのタイトルマッチ)が爆発するための仕掛けをいろいろ用意してると思ったほうがいいでしょう。

 

イントロからAメロでこれは絶対いいと思わせる期待感を煽る内容を、サビの手前のBメロでは、サビを盛り上げるために、こんなのでは終わらないというなんとも収まりの悪い不安定な内容で、サビを盛り上げるということなのではないだろうか。

 

つまり、どんたくの最後の最後が見事に閉まるかどうかはこの試合(同様に広島大会のメインもそうですが)にかかっているのです。

 

ま、ヒット曲の中にはサビだけが良いってな曲もありますがね。

ケニー派 vs Cody派はまだ収まらない?

今大会のセミとメインは2つのシングルマッチです。

2大シングルマッチ

出典:新日本プロレスリング公式ウェブサイト

ただ、僕はこのストーリーにはあんまり興味が湧いてなくて、むしろ早いところキレイにチームを整理して見やすくしてもらえんだろうか?と思ってます。

飯伏幸太 vs Cody

まずはセミファイナルです。実はこの試合の前、もうそろそろなのかな?ROHのリングでケニー・オメガ vs Codyがあります。そこで、BULLET CLUBの揉め事に決着付くんじゃないかと思うのですが、そうは行かないのかな?

 

なのでROHでケニー選手が勝っていたら、こっちはCody選手が勝つだろうし、ROHでCody選手が勝っていたら、こっちは負けるんじゃないでしょうか。

 

どっちが勝ってもそんなに大きな意味はないでしょう。でも、今回はCody選手が勝つことを予想します。なぜなら、メインでケニー選手が勝つからです。(そうなるとROHではCody選手が負けてしまうということになるのですが・・・)

ケニー・オメガ vs ハングマン・ペイジ

こちらは久しぶりのケニー選手のシングルマッチで、相手が今ノリに乗っているペイジ選手ということで、よくわからないストーリーは抜きにして、試合が楽しみです。

 

ここでやっぱりケニー選手は変わらずケニー選手だったと思わせて欲しいです。僕的には飯伏選手と組んでからのケニー選手は周りに配慮し過ぎて、ケニー選手の魅力が薄まってきていると感じています。

 

飯伏選手を応援している方には申し訳ありませんが、飯伏選手がなんともジャマな存在にしか見えません。居なくなれば、ケニー派 vs Cody派という分かりやすい構図になるのに、と。

 

だから、この一連のバレットクラブの問題はCody選手と戦うのが明らかなケニー派のBULLET CLUBのメンバーでないと収まらないのです。つまり、このバレットクラブの内紛はまだまだ続くということなんじゃないか、と。

 

ルックス、技、身体能力と才能に溢れまくっている飯伏幸太選手ですが、今の新日本プロレスはその才能を持て余しています。もったいない。ゴールデン☆ラヴァーズが復活して、何試合かしたんだから、もう終わりで良いんじゃないですか?

 

ここでペイジ選手がケニー選手に勝ってしまったら、USヘビーから見れば現時点でジェイ>ペイジ>ケニーという並びになってしまいます。さすがにそれはマズいでしょう。だから、ケニー選手が勝ちます。かなりペイジ選手に追い込まれての薄氷の勝利となるでしょう。

 

さて、実際はどうなるでしょうか?

 

それではまた。

ありがとう!