全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

7.1 G1スペシャル in USA 観戦記@新日本プロレスワールド

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

アメリカに上陸した新日本プロレスの試合をさっそく新日本プロレスワールドで観戦しましたので、その感想を書きます。

第1試合 ジェイ・ブリスコ&マーク・ブリスコ&ウィル・オスプレイ&ロッキー・ロメロ&バレッタ vs バッドラック・ファレ&高橋裕二郎&マーティ・スカル&マット・ジャクソン&ニック・ジャクソン

第1試合からこりゃなかなかの好カードだなと思ってみてましたが、わりとあっさり味でしたね。もうちょっと観たかったな〜。

 

やっぱりロッキー選手の「泣かすぞコノヤロウ」は日本でだけなんですね。当たり前ですが、ちょっと期待してしまいました。

第2試合 獣神サンダー・ライガー&ボラドールJr.&ドラゴン・リー&ティタン vs SANADA&イービル&BUSHI&高橋ヒロム

こちらも割りとあっさり味でしたね。近頃田口ジャパンとばかり戦わされている3人にヒロム選手を加えた4人というロスインゴ勢の田口ジャパンのときとはまた違ったコンビネーションを観たかったんですが、大して披露するまでもなく終わってしまいました。

 

ティタン選手を僕は知らなかったんですが、もっと観たかったですね。

 

それにしてもライガー選手の人気はスゴいな〜と思いましたが、ロメロ・スペシャルが出なかったのは残念でしたね。掌底とロメロさえ観れればライガー選手を観たという気になると思うので、披露してほしかったです。

第3試合 ジェイ・リーサル vs ハングマン・ペイジ

USヘビー級トーナメントの一回戦です。以前に勝敗の予想しておりましたが、

この試合は当たりでした。

 

なんとリーサル選手が脇腹をケガしているようで動きがヒジョ〜に悪かったですね。正直ツマラン試合でした。ベストコンディションでの試合が観たかったです。残念。

第4試合 ジュース・ロビンソン vs. ザック・セイバーJr.

実に面白かったです。まだまだ観たことない技術ってあるんだな〜とザック選手の動きに見とれてました。これはG1がますます楽しみになりますね。

 

ジュース選手もコンディション良さそうで元気いっぱいでした。G1での活躍を期待します。

 

最後のフィニッシュはパロスペシャルみたいになってました。以前、柴田勝頼選手がパロスペシャルを繰り出してたのを思い出しました。

 

予想はハズレ。

第5試合 棚橋弘至&KUSHIDA&ジェイ・ホワイト&デビッド・フィンレー vs ビリー・ガン&ヨシタツ&小松洋平&田中翔

まさかのヨシタツ選手の登場についワクワクしてしまいましたが、やっぱりこれまで通りの何もできないヨシタツ選手でした。勝手に引退したんだろうな〜と思っていたのでちょっと嬉しかったです。

テンプラボーイズも注目でしたが可も不可もなくといった印象で、これはもう少し修行したほうが良いんじゃないかと思いました。これだけの人数いますから出番が少なめになってしまうので、持ち味を発揮することができなかったのかもしれませんがね。

 

逆にホワイト選手がずいぶんたくましく見えました。修行期間はテンプラボーイズよりも短いのに大したもんだ。来年のG1にはフィンレー選手と揃って出てほしいな〜。

 

棚橋選手は大阪城ホールに引き続きコンディション悪そうでしたね。スリング・ブレイド失敗してました。技を正確に決めるところが棚橋選手の良いところだと認識していますのでガッカリです。この状態で明日タイトルマッチか〜、ちょっとビリー・ガン選手に失礼じゃない?なんて思いました。

第6試合 タマ・トンガ&タンガ・ロア vs レイモンド・ロウ&ハンソン

何よりウォーマシンが勝ったので、G1後にまた日本で観られることが嬉しいです。このまま防衛を続けて暮れのタッグリーグ戦にチャンピオンのまま出場して欲しいです。

 

フィニッシュは迫力ありました。

第7試合 石井智宏 vs 内藤哲也

試合内容は申し分有りませんが、てっきりこのトーナメントの主役は内藤選手だと思っていたので、まさかここで負けるとは思いませんでした。

 

つまり、これでまたG1の優勝に近づいたということでしょうか。

 

予想はハズレ。

第8試合 マイケル・エルガン vs ケニー・オメガ

ここは何が何でもエルガン選手に勝ってほしかったんですが、やっぱりUSヘビー級のベルトはオメガ選手のベルトということなんでしょうかね。

 

雪崩式のスプラッシュ・マウンテン?が決まった時はエルガンの勝ちだと思いましたが、ケニーは本当にスゴい。その後のラリアットも強烈でしたが、それでも勝てません。どうしたらエルガン選手が勝てるんだろう?

 

実況アナウンサーの「ラリアット」のイントネーションが間違っているのが気になってしょうがなかったです。

 

予想はハズレ。結局1回戦は1試合しか予想が当たってませんでした。

第9試合 オカダ・カズチカ vs コーディ・ローデス

100%オカダ選手が勝つと仰る方もおられるし、

アメリカでアメリカ人が負けるわけがないと仰る方もおられるので、どっちもあるな〜と思うとどっちになるのか、本当にわからなくなってしまいました。

 

そこで間を取って、BULLET CLUBの連中が乱入することによるCody選手の反則負けでのタイトル防衛かなと思いました。

 

途中、ケニーが現れた時はやっぱり乱入で終わりかと思いましたが、きっちり決着が付きました。

 

思ったより良い試合になって楽しめました。ただCody選手は間の取り方がちょっとダラダラした感じで、この辺がまだ新日本のスタイルとは噛み合ってないところかな〜と思いました。

 

こんな試合を見せられると、Cody選手にはG1出て欲しかったという思いが強くなります。ぜひ、来年はお越し下さい。

 

それにしても、この試合の実況が鼻につきましたね。技の名前も未だにちょいちょい間違えてました。そろそろキチンと把握して欲しいですね。

明日も楽しみだ

内容的には、普段の新日本プロレスをそのままアメリカに持っていった感じで、良かったですね。新日本プロレスワールドのおかげでアメリカの人たちもちゃんとわかっているのでしょうね。

 

明日も朝から生中継ということですが、有給取ってませんので家に帰ってからゆっくり観て感想を書きます。今日が楽しかったので、明日も期待せずにはおれません。

 

それではまた。

ありがとう!