全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

内藤さんの夢は6大ドームツアー!

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

少し前の話になりますが、内藤哲也選手が東スポのプロレス大賞の授賞式の時に次の夢を語っておられました。

内藤哲也の野望「6大ドームツアー」国内構想のワケ - プロレス : 日刊スポーツ内藤哲也の野望「6大ドームツアー」国内構想のワケ - プロレス : 日刊スポーツ

それまでの内藤選手の夢というのが

  • 新日本に入る
  • 20代でIWGPヘビー級ベルトを巻く
  • 東京ドームのメインに出る

だったんですが、個人的には「知らんがな」って思ってました。レスラーの夢というと、多くのトップレスラーがプロレスの地位向上を謳っていたものですが、それ比べると何とも小さくて「そういうのは心の中に仕舞っておいてください」でしたが、今回の夢は「それは素晴らしい、ぜひとも達成して欲しいな〜」と思いました。

4大ドームには行ったんです

絶好調だったの新日本を知らない人も多いと思いますが、本当に4大ドームでプロレスやってたんですよ。今考えるとドームに行かねばならんとなぜ思ったのか、それほど豪華なカードが取り揃っていたのか、全然思い出せないんですが、ドーム大会が発表されると即座にチケットを購入し、高速バスの手配をしたものです。

 

それでは僕のドーム体験を振り返ってみましょう。

東京ドーム大会

こちら1.4に何回か行ってます。印象に残っているのは93年の長州力 vs 天龍源一郎がメインだった時。

※このDVDに収録されているそうで、この歳のベストバウトにもなったそうです。僕は完全に忘れてましたが・・・。

ameblo.jp

長州さんを応援してたので、パワーボムで抑えられてガックリ来て、落胆しながら東京ドームを出たのを今でもはっきりと覚えています。

ナゴヤドーム大会

どんなカードが並んでいたのか覚えてませんが、インパクトが大きかったのはグレート・ムタ vs 小川直也の異種格闘技戦ですね。

当時、グレート・ムタが大好きでして、なにかっつうとムタのペイントを施してました。

kakutolog.cocolog-nifty.com

小川選手は橋本真也選手とは勝ったり負けたりで、ついに武藤敬司選手と当たる、しかもムタということで異常にワクワクしたのを覚えてます。しかも試合も良かった。ムタにムチャクチャにされた小川選手を観て笑ってました。

大阪ドーム大会

メインが橋本 vs 小川で、これがこのカードの第2戦目でした。東京ドームで橋本選手が負けて、メチャメチャ悔しかったんです。それでいわゆるリベンジマッチです。

これがバッチリ勝ったんですよね〜。ドーム大会で最もバンザ〜イという状態になった大会でしたね。

福岡ドーム大会

確かに行ったんですが、どんなカードがあったのか、サッパリ思い出せません。福岡の思い出といえば、何を食べてもおいしかったこととそこら辺に歩いてる女の人がみんなキレイだったことしか覚えてません。

 

確か住みたい街ナンバーワンでしたっけ。わかります、よくわかります。

蝶野さんに似てる

さて、内藤選手が6大ドームツアーをしたいということは、当然そのドームのメインに全てに自分が立つということであります。それに関しては僕は、現時点ではちょっと厳しいんじゃないかと思っています。

 

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンがかつての人気ユニットnWoとよく似ているということは言われますが、そのリーダーであった蝶野正洋選手と

内藤選手も僕は似てるな〜と常々思っています。

 

内藤ファンには怒られると思いますが、まだ彼が軸になったカードでドームのメインを張れるとは思えないのです。そこが蝶野選手と似ているのです。

 

蝶野選手は、ビッグゲストを呼んできて、そのゲストの出場を軸にしてこそメインに立てたように思います。これが他の闘魂3銃士の橋本選手と武藤選手と明らかに違うところです。橋本選手や武藤選手の場合は、彼らが誰と戦うのかという期待感がメインが張れましたが、蝶野選手の場合は、あの人がゲストなら、今のところ相手は蝶野選手しかいないかな?という感じでした。

 

橋本・武藤両選手が新日に在籍していた頃にすでにnWoは大人気でしたが、シングルマッチでメインを飾るのは蝶野選手ではなく、橋本・武藤両選手が多かったように思います。後に2人がいなくなっての繰り上げメインイベンターという印象です。 

 

僕の中では未だに内藤選手は中邑真輔選手が移籍したことによる繰り上げメインイベンターにという印象です。今年のドーム大会のメインイベントもオカダ・カズチカ選手の相手に選ばれたから立てたと思ってます。

 

だから、ぜひともそう思わせない活躍を今年見せてもらいたい。その為には内藤選手が纏っている小物感を払拭して、メインイベンターの色気を醸し出して欲しいです。

飯伏さんに期待できる?

最近面白かったのは飯伏幸太選手のインタビューですね。夢を語った内藤選手ばかりなのに、さっそす夢を打ち砕くかのようなコメントです。

飯伏幸太から見たオカダ・カズチカ対内藤哲也戦【新日本プロレス・2018年1月】飯伏幸太から見たオカダ・カズチカ対内藤哲也戦【新日本プロレス・2018年1月】

内藤選手にそんなこと言えるほど、2017年の飯伏選手は活躍してないと思うんですが、良い意味でそれを裏切って欲しいですし、ヘビー級でシングルのベルトも巻いて欲しいです。

 

これを受けて内藤選手も何かコメントを残すかと思ったんですが、内藤選手には先に相手しなきゃならない人がいるので、そうはいきませんね。

 それにクリス・ジェリコ選手のこともあるし。

 

アンチ内藤ですが、もっともっとビッグスターになって欲しいです。オカダ選手だけでは飽きが来てしまいますし。

 

どうか、良い結果が残せますように。 

 

それではまた。

ありがとう!