全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

3.6 旗揚げ記念日の注目ポイントと予想 その1:ジュニアタッグ選手権試合3WAYマッチ

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

書いている内に長くなってしまいましたので、3つに分離することにしました。少し前も『濱かつ』さんの話を3つにわけましたが、

www.loca-neo.com

www.loca-neo.com

www.loca-neo.com

あれは時間がなくてやむを得ず3つに分けることになってしまいました。今回はボリュームが1本にするには長すぎる(そもそも僕のブログは長くなりがちなんですが)と判断しまして、分けました。

 

来る3月6日は新日本プロレス旗揚げ記念日大会ですね。

www.njpw.co.jp

全カードが決まりましたが、今のところ新日本プロレスワールドのロゴがついてないので、新日本プロレスワールドでは中継がないのかしらと不安になっているところです。

旗揚げ記念日

旗揚げ記念日での試合で僕が注目している試合は3つ。まずは第4試合のIWGPジュニアタッグ選手権試合であるロッポンギ3K vs 高橋ヒロム&BUSHI vs エル・デスペラード&金丸義信、そして第5試合の後藤洋央紀&YOSHI-HASHI vs EVIl&SANADA、最後に第7試合のIWGPインターコンチネンタル選手権試合である鈴木みのる vs 真壁刀義です。

 

内藤哲也 vs タイチやオカダ・カズチカ vs ウィル・オスプレイも気にはなりますがこの2つはそれになりに仕上がると思うし、内藤選手のことは他の人もしっかり書くと思うので僕はあえて避けました。

 

今回はジュニアタッグについて考えてみます。

またも3WAY

新日本プロレスではタッグマッチは3WAYが多いです。ジュニアタッグの次期挑戦者として2チームエントリーされたときに、こりゃまた3WAYだろうな〜と思ってたら、やっぱり3WAYでした。

 

たまたまドームのジュニアのシングルタイトルマッチは4WAYでも上手く行きましたけど、ほとんどはタッグチームの魅力が出ないままに終わっちゃった試合のほうが多いな〜と感じているのです。世間の皆さんは違うんでしょうか。

 

今やタッグのタイトルマッチは3WAYが常識だ、という感じなのでしょうか?僕のアタマが古いのかな?

 

今回もL.I.J.のヒロム&BUSHIも

※これはホントにいい写真です。

デスペラード&金丸もいいチームですから、しっかりと通常のタッグマッチで観たかったという思いが強いです。3WAYになるとどうしてもそれぞれの出番が減りますから、薄味になります。これがタッグタイトルの価値を貶めている原因の一つになっています。

 

ジュニアに至ってはシングルのタイトルも普通のシングルマッチでやらないから、ジュニアの地位向上がままならないという気がします。だってIWGPヘビーは絶対3WAYではやらないでしょ?

 

あ、以前やったことあるか。AJスタイルズ vs オカダ vs マイケル・エルガンというのがあったような気がするな〜。ま、最近はないでしょう。この3WAYも外国での試合ですから日本ではしないんです。

 

ん?ということは海外のプロレスファンは3WAYが好きなのかな?世界戦略の一環か〜。ならば仕方ないか。

 

でも、僕は3WAYは嫌いです。でも、このメンツなら申し分ない戦いを見せてくれるとは思っています。

ロッポンギ3Kの価値を落とさない

3WAYにしなくてはならない理由はもしかしたら現チャンピオンにあるんじゃないかとも思っています。

 

凱旋帰国からいきなりチャンピオンになって、一度タイトルを失ったもののすぐに取り返すという結果だけ並べると素晴らしいわけですけども、内容は全く伴っていないロッポンギ3K。

ベルトを取り返してから鈴木軍の面々と何試合かありましたが、どれも鈴木軍の上手さばかりが目立つ試合としなってしまい、正直なところこのままロッポンギ3Kとして活動してても大丈夫かな?とすら思う次第です。

 

なぜロッポンギ3Kがチャンピオンだと3WAYなのかといいますと、防衛しても王座を奪われても、直接ロッポンギ3Kのお手柄というわけではないからです。もちろん防衛するためにはどちらかのチームの誰かを直接倒さなければいけませんが、どちらかのチームがロッポンギ3Kをアシストするような形にしてしまい、勝ちを横取りすることもできるし、負ける場合も負けた相手の攻撃で直接やられたわけではなく、他のもう1チームのアシストがあったから負けちゃったという流れが作れてしまうのです。

 

だから、結果がどうなろうとロッポンギ3Kの価値が落ちるということがないのです。絶賛売り出し中の若手の価値を落とさないためには3WAYがうってつけということなのです。

 

正直なところ、そこまでして彼らを売りだなきゃならないほどジュニアは人材不足というわけではないんですがね。スーパージュニアもだんだん近づいてきますから、シングルプレイヤーとしての彼らも観てみたいですし、ここでどん底に落ちた(他の2チームに全く歯が立たないという展開)ほうが彼らのためになるんじゃないでしょうか。

勝つのは鈴木軍

最後に予想です。勝つのはデスペラード&金丸義信です。理由はヒロム&BUSHIが勝っても全然良いと思うのですが、L.I.J.にタッグのベルトが固まりすぎるので鈴木軍の勝利にしました。プロレスはバランスを大事にするものですから。

 

ま、今はCHAOSにベルトが偏りすぎてますけどね。今の状態はよろしくないと思います。

 

それと個人的にもっとデスペラード選手にスポットが当たってほしいという気持ちがあるからです。

マスクのデザインもBUSHI選手よりカッコいいし、身体もマッチョですし、技にもオリジナリティはあるし、体が柔らかいし、ダメなところが思いつかない選手なのですがどういうわけか地味ですね。鈴木軍にいるから埋もれてしまってるのかな?

 

ということでロッポンギ3Kのためにも、鈴木軍がしっかり勝利してジュニアタッグ戦線から一旦ロッポンギ3Kを引き離して欲しいです。

 

それではまた。

ありがとう!