全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

期待し過ぎでした vs『伊万里グリーンカレー』戦

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

先日、楽しんできました青春18切符による九州電撃作戦のとき↓におみやげ買ってきたカレーでございます。

伊万里グリーンカレーはこんなの

伊万里グリーンカレー 伊万里グリーンカレー

色は白っぽいグリーンでした。脂が浮いている部分だけ緑が濃くなっています。この白っぽさはなんなのか不明です。

 

香りはグリーンカレーらしいスパイシーな感じ少しあるかな?というところ。

 

状態はシャバシャバで、あんまり好きじゃない仕上がりです。

二冠王カレーだ

箱にカレーの写真が入っていないデザイン。

これは伊万里焼のスタンダードな柄なんでしょうかね?

伊万里焼 - Google 検索伊万里焼 - Google 検索 

カレーの美味しさにはなんの影響もありません。

 

さて、パッと見て目を引くのがダブル受賞したという勲章のような絵ですね。

 

一つがNHKきょうの料理グランプリ。

※このコンテストは現在はやっていないようです。

もう一つが第12回日本農業新聞一村逸品大賞の大賞。

日本農業新聞日本農業新聞 

この2つのタイトルにどれほどの権威があるのかは知りませんが、チャンピオンですから、否応なしに期待が高まります。

酸味のないタイカレー?

甘さと辛さが草の香りと共に一緒に口の中に入って来ます。

この感じはタイカレーに似てますが、酸味は感じないので微妙に別物です。

パクチーとか春菊に感じるような草の香りがほのかに香ります。これが伊万里市の特産の小ネギの力でしょうか。

実はそんなに好きじゃないんですがね。

具はどうでしょう?

具は小さいチキンがいっぱい入っていました。

 

大きい具がいっぱい入っているというのが理想的なのですが、いっぱい入っていたら嬉しくなります。

 

これが骨太有明鶏肉なのでしょうが、それが他の鶏肉と何が違うのかまではわかりませんでした。

からさはどうでしょう?

からさはどんどん積み重なっていき、食べ終わりにはそこそこ辛くなります。

 

辛いのがダメな人は避けたほうが良いでしょう。

箱にも辛さは強めと書いてあるのに、間違いはありません。

 

爽やかではないと思います。

期待し過ぎたかもしれません

今まで、レトルトカレーのタイカレーをいくつか食べてきましたが、一度もハズレがありません。

 

そして、このカレーは2冠王。その上、ブランド鶏使用。

 

ハズレなわけがないと期待のハードルが極限まで上がっていたみたいです。

 

上にも書きましたが、タイカレーにある酸味がなかったのですが、酸味がないだけで、こんなにダメになるのか〜と驚きました。

 

僕は甘味、辛味、酸味のバランスが良いものをおいしいと感じます。

 

バランスも何も酸味そのものを感じないのですから、物足りなさを感じには居れないわけです。

 

う〜ん、残念。

 

また、僕はネギが好きなので具で入ってるのかもしれないと期待していたのですが、それがなかったのも僕を落胆させました。

 

とはいえ、期待し過ぎていただけでフラットな状態で食べていれば充分なレトルトカレーです。

 

お疲れ様でした。

ありがとう!

 

ちなみに

ご当地カレー佐賀「伊万里グリーンカレー」を食べてみた - ごとれとっ!

同じカレーを食べて感想を書いている方がおられました。

 

あ、僕はナスには気がついてませんでした。

ごめんなさい。