全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

プレイヤーが違えば大違い@『MINORU NIIHARA LIVE! R&R GYPSY SHOW@KAGURAZAKA DIMENSION 2008.05.09-10』

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

世界の二井原実のソロライブCD

突然ですが、日本人のシンガーで一番好きなのは二井原実さんです。

LOUDNESSというバンドヴォーカルをやっておられる方です。

クセの強さがクセになる

ファンの僕が言うのもなんですけどムチャクチャ上手いシンガーというわけではないんです。

ごめんなさい。

 

しかし、その声は唯一無二。「クセが強い」という感じでしょうか。

ま、さすがにここまでは「クセが強い」わけではないんですがね。

その唯一無二の部分がクセになっています。

偉大なるシンガーの歴史が詰まったアルバム

さて、今回ご紹介するアルバムはそんな素晴らしいシンガーである世界の二井原さんの歴史が一度に聴けてしまうというナイスなアルバムです。

MINORU NIIHARA LIVE! MINORU NIIHARA LIVE! "R&R GYPSY SHOW" @ KAGURAZAKA DIMENSION - Blasty Artist Shop アーティストCD,DVD,グッズ直販サイト ブラスティーアーティストショップ 

二井原さんにもこれまでいろいろありまして、そのいろいろはこちらでご確認ください。→二井原実 - Wikipedia

 

そのいろいろがギュッとつまっておりますので、ファンならずとも聴かずには居れない1枚になっています。

演奏者の違いを味わうアルバム

この中に収録されている曲のオリジナルは、いずれもこの中で演奏しているメンバーとは違うのです。

 

二井原さんの歌も聴きどころではあるのですが、ほぼ同じアレンジでオリジナルとは違う人が演奏したときの味わいの違いもまたこのアルバムの聴きどころです。

ドラムが違う

この中に収録されている曲のほとんどはLOUDNESSの曲です。オリジナルのドラマーは樋口宗孝さんです。

しかし、このアルバムではファンキー末吉さんが叩いておられます。

ご覧のとおり、全然違うタイプのドラマーです。

 

ファンキーさんは二井原さんとX.Y.Z.→Aというヘヴィメタルバンドをやっておられるので、すっかりヘヴィメタルドラマーなのです。

 

だけど、そもそもは爆風スランプの方であり、名前に「ファンキー」を入れるくらいですから、ヘヴィメタルから遠い位置で演奏しておられた方です。

 

それゆえ、やっていることはヘヴィメタル的なのですが、その味わいは良い意味でヘヴィなものを感じない仕上がりになっています。

 

ひぐっつぁん(樋口氏のことをそう呼ぶのです)ヴァージョンが染み付いているので違和感がありますが、それが実に楽しいです。

ベースが違う

このアルバムでベースは寺沢功一さんが弾いておられます。

かつてSLYというバンドで二井原さんと一緒にやっておられまして、このアルバムの中にもSLYの曲が何曲か入っております。

ちなみに一番好きなSLYのアルバムはこちら↑です。ドラムは樋口さんなんですが、この時の樋口さんのプレイがいちばん好きです。

 

で、SLYの曲は当然違和感ないですが、LOUDNESSの曲は違和感ありまくります。

 

LOUDNESSのベースは山下昌良さんです。

僕もベースを弾くんですが、ベースを好きになったのは山下さんを知ったからです。

 

だから、直接はお会いしたことはないんですけども、勝手に師匠と呼んでいます。

 

動画でもお分かりの通り、マー師匠(山下さんのことです)はピック弾きをメインにやっておられます。

ところが、寺沢さんは指弾きですので、音がぜんぜん違うんです。

 

好みの問題なのですが、やっぱり僕はピック弾きの音が好きなのでピック弾きの音が聴こえないLOUDNESSの曲には違和感がありますし、カッコ悪く聴こえてしまいます。

 

さらにアレンジも違う部分が気持ち悪いのです。

そこはそう弾いたらダメじゃん、となるのです。

 

そこが楽しい。

 

自分がここまで山下さんを敬愛していたのかと確認できます。

 

プロレスでも「掟破りの・・・」という他人の技を使う人がいます。

大抵はオリジナルの偉大さを痛感するものです。

まったく同じです。

 

ちなみに寺沢さんの演奏はSLYとRIDER CHIPS↓での演奏した聴いたことがないのですが、

おとな買い

たぶん日本屈指のムチャクチャ上手いプレイヤーだと思うんですが、全然カッコいいと思ったことがありません。

ごめんなさい。

ギターが違う

LOUDNESSのギターは高崎晃さんで、

SLYのギターは石原愼一郎ですが、

このアルバムでは小畑秀光さんと

田川ヒロアキさんが弾いておられます。

ギターのことをよくわかりませんが、味わいが違うのだけはわかります。

二井原さんのベストアルバム

このアルバムには、二井原さんを知らない人がこれを聴いたらその魅力が伝わるようになっているベストアルバム的側面もあります。

 

ちょびっとだけ喋っている部分も入っているので、感じのいいおっさん感も伝わると思います。

 

実は二井原さんはロック界のやしきたかじんと呼ばれるほど、MCがおもしろいんです。

やしきたかじん The Best

LOUDNESSのライブではおしゃべりを規制されているのか、パターン化されたことしかおっしゃられませんが、X.Y.Z.→Aではおしゃべりフルスロットルで音楽よりもおしゃべりを期待してライブに行くほどです。

ちなみにこのDVD↑で二井原さんのおしゃべりが堪能できます。

 

素晴らしいアルバムですので、ぜひお聴きください。

ありがとう!