全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

LOUDNESS『2・0・1・2』をオムライスに例えた感想

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

久しぶりに音楽の話?です

2000年頃でしたか、オリジナルラウドネスが復活して、その時のアルバム『SPIRITUAL CANOE 〜輪廻転生〜』をすぐに買い、

おお、懐かしさもありながらどこか新しさもある僕らが知ってるラウドネスであり、僕らの知らないラウドネスだ〜と喜び、そして『The SOLDIER's just came back LIVE BEST』というライブDVDを買い、

動いているオリジナルラウドネスを観て、嬉しいような悲しいような不思議な気持ちになりながらも、楽しんでおりました。

 

それからもうすでに18年も経ってるのです。ビックリです。今ではスッカリ興味を失ってしまいまして、ボチボチ新譜が出るそうですが、

今のところ興味が湧いておりません。評判が良いようなら聴いてみようかな〜という感じです。

『2・0・1・2』=オムライスとする

Amazonミュージックに聴いたことのないLOUDNESSのアルバム『2・0・1・2』がありましたので、

近頃(といっても6年も前の作品だけど)のLOUDNESSはどんな感じかな?と聴いてみました。

 

このアルバムの感想をオムライスで語ることをなぜか思いついてしまいました。考えるほどにオムライスで語ることがしっくり来ると思いこんでしまいました。

 

オムライスと言えば以前、料理もしないのに「得意料理」というお題でブログを書かせていただきました。

www.loca-neo.com

その時に僕は昔からある薄く焼いた卵でチキンライスを包むタイプのオムライスが好きなんですという話をしました。オムレツをチキンライスの上でかっさばいたり、ドレスのみたいに卵を仕上げるオムライスもあるそうで、

卵がふわふわトロトロしていることは正義だと僕も思いますが、ただオムライスに関してはなじめない文化なのです。

 

アルバムがオムライスなら、それを出すお店がLOUDNESS、ハードロック・ヘヴィメタルというジャンルが洋食屋さんとなります。そしてオムライスを構成する4つの要素がそれぞれの楽器ということになります。卵がギター、チキンライスの鶏肉がベース、チキンライスのご飯(お米)がドラム、上にかかっているボーカルがケチャップです。

 

かつてそのお店は僕が好きなタイプのオムライスが実においしいお店でした。いつかまた、あのオムライスが食べられるんじゃないかと思ってお店にやってくるのですが、なかなか巡り会えません。

 

今回注文した『2・0・1・2』もまたかつてのオムライスとは全然違っていました。

 

今回のは卵の量がかなり多いのです。少しのチキンライスの上に巨大なオムレツを乗せたものです。上からかけるケチャップもほんのりとかかっているだけです。

 

食べてみると場合によっては卵しか口の中に入ってこないことがあるほどで、ケチャップ、卵、鶏肉、ご飯のバランスを重視している僕にとっては、残念としか言いようがありません。卵料理が大好きな方、このお店では卵にしか興味がないという方にとってはたまらない仕上がりなのかも知れません。

 

このお店では唯一、卵だけは同じ卵を使い続けています。だから、固定ファンがいるでしょうから、その人達を満足させるにはこれくらいの卵の分量が必要だったのかも知れません。

 

僕はこのお店で鶏肉に目覚め、自分で鶏肉を調理するようになりました。外食する時はどんな鶏肉が使われているだろうといつも気にしています。僕の鶏肉の原点です。しかしながら、このオムライスの鶏肉はスッカリ味付けが変わってしまいましたし、鶏肉の量もすんごく少ないのです。鶏肉ファンとしては悲しい限りです。

 

ご飯はオープン当時に使っていたお米が2008年で残念ながら生産中止となってしまい、今のお米に変わりました。かつてのモチモチとした食感に思い入れが強すぎるため、今のパラパラっと仕上がっているのは嫌いではないけど、このお店にはフィットしない気がしています。

 

わかっています。僕はいつまでも昔を懐かしんでばかりいるだけなのです。

 

お店は常に進化を続けて、新しいお客さんを獲得しようとします。新しい食材、新しい味付けを求めて探求するのは当然のことでしょう。でも、僕はお店の名前を見ると昔の味を懐かしんでしまい、今度のオムライスは昔の味を再現してくれているんじゃないかという期待を抱いてしまうのです。

 

またいつか今年出る新作を味わう時もまた、昔と違うと言って批判してしまうんだろうか。心の狭い男です。

 

昔のスタイルを磨き続けるという選択肢もあったんじゃないか。卵を薄く焼きながらもふわふわにしたり、トロトロにしたりもできたんじゃないか。そう悔しくなることもありますが、きっともう戻らないでしょう。卵を薄く焼くことはもうないのです。

オムライスが食べたくなった

要するに好みの味じゃなかったということです。クドクドと書いてしまいました。ギターはずいぶん前から現在の感じなので、驚きはしないんですけども、何よりベースがずいぶんと変わってしまった気がして、実に残念でした。

 

ずっと同じでいるほうが難しいから仕方ないのです。

オムライスの北極星(北極星産業株式会社)オムライスの北極星(北極星産業株式会社)

先日、オムライスを食べに行ったのですが、そのお店がオムライス発祥の地なのだそうです。元祖オムライスです。最初は鶏肉は入ってなかったんですね。チキンライスがスタンダードだと思っていましたが、違いました。

 

今はいろんな種類のオムライスがありますが、卵に関してはキチンとたまごでくるんでいます。これです、これ。

 

オムライスの写真ばっかり見てたら、食べたくなります。赤と黄色っていうのも食欲をそそる気がします。素晴らしい。みなさんも関西に起こしの際はお立ち寄りください。

 

最後は普通にオムライスの話になってしまいました。ごめんなさい。

 

それではまた。

ありがとう!