全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

ビアシティ・ブルーザー最高!@2.23HONOR RISING:JAPAN 観戦記(新日本プロレスワールド)

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

やっと2月23日分を観ました。今まで興味がなかったROHですが、今回のでかなり興味が湧きまして、もっと観たいな〜と思いました。個性豊かでした。

オリジナルBULLET CLUBが気の毒

結局、これからBULLET CLUBがどうなるかサッパリわからないままに終わってしまいましたが、それより何より昨日も書きましたけども、

www.loca-neo.com

スッカリ置いてけぼりを食らっている感じのオリジナルのBULLET CLUBのメンバーであるバットラック・ファレ選手やタマ・トンガ選手が、第1試合やら第2試合に出ているのがかわいそうでした。

 

バックステージのコメントでファレ選手がこれはケニーとCodyの問題だというようなことを言ってます。ということはオリジナルの人達はずっと知らん顔なんでしょうか?

 

ケニー選手がゴールデン☆ラヴァーズをやっていくというのは、スルスルっとケニー選手がBULLET CLUBから出ていって終わりなんでしょうか。ケニー選手はニックネームもいつの間にか、ベストバウトマシーンでしたかね?変わってますし、もうすでにBULLET CLUBじゃないのかも知れません。

ゴールデン☆ラヴァーズには何の思い入れがないけれど、ヤングバックスとケニー選手の3人が好きだったので、これがもう観られないかもしれないというほうが残念です。

 

もっとオリジナルメンバーが存在感をアピールしても良いんじゃないでしょうか。普通に第1試合とか第2試合をこなすのも大事ではあるんでしょうけども、メイン後にでも出てきてほしかったです。

 

ファレ選手はダリルを引き裂いた時にもっとブレイクするかと思ったんですがね。ダメでした。このゴタゴタはチャンスですから、何かアピールして欲しいものです。

フリップ・ゴードン、インパクト薄め

楽しみにしていました未知なる強豪その1ことフリップ・ゴードン選手の登場です。

フリップ・ゴードン (Flip Gordon): プロレスミルミルフリップ・ゴードン (Flip Gordon): プロレスミルミル

ハイフライヤーであるということでウィル・オスプレイ選手のようなのを期待してしまいましたが、期待していたほどはトリッキーな動きは見せてくれませんでした。いちばん「おお!」と思ったのは、入場してからコーナーに上ってバク宙しながら迷彩パンツを取った時でした。

 

それでも高橋ヒロム選手からピンフォールを奪ったということで、これからもチョイチョイ新日マットに登場するでしょうし、当然ベスト・オブ・スーパージュニアにも出場するでしょうから、もっともっとすごい技を見せてくれるのではないかと期待しております。

 

ハイフライヤーと言えど、観たことのない技でポンポン飛んでりゃ良いってもんではありません。これまでも観たことがある技でも使うタイミングやシチュエーションが違ったり、他の選手とは全然違うモーションで技に入ったりすることで大きなインパクトを生みます。

 

身体能力は大体のプロレスラーの皆さんは高いので、あとはどうお客さんに自分の技術を魅せられるか。プロレス頭が良くないと、どんなに身体能力が高くても、すごい技を開発してもパッとしないのです。

 

フリップ・ゴードン選手がプロレス頭がしっかりしているレスラーであることを期待して次の試合も観ます。なかなか男前だし、人気が出ると良いですな。

ビアシティ最高

近頃のレスラーはアスリートチックな人が増えまして、大体のレスラーがビルドアップされて腹筋もバッキバキに割れてるというようなことが多いのです。しかしながら、未知なる強豪その2ことビアシティ・ブルーザー選手は、そんなマッチョ信仰の現状を憂いているかのような見事なビア樽ボディでした。

ビア・シティ・ブルーザー (Beer City Bruiser): プロレスミルミルビア・シティ・ブルーザー (Beer City Bruiser): プロレスミルミル

その名の通り、ビール飲みながら入場してきて、葉巻加えて、ときどきビールをお客さんに吐きかけてリングに上がりました。この辺で僕は完全に心を掴まれてました。

 

試合の展開もほぼ一方的に進めてました。時々派手な技を挟んでお客さんを驚かせることも忘れません。時間が来たからサラッとGTR食らって帰ったという感じで、後藤洋央紀選手には何のメリットもないタイトルマッチとなってしまいました。

こういう体型のレスラーとはあんまり戦ったことがないでしょうから、コントロールするのはムリだったのかもしれませんけど、もうちょっとチャンピオンとして意地を見せてもらいたかったですね。

 

この急なタイトルマッチには会社の後藤選手への期待の現れもあるんじゃないかと思うのですが、さっぱり期待に応えられてないですね。バックステージのコメントでは、無差別級なんだからジュニアの選手でもヤングライオンでも挑戦してこい、なんておっしゃってましたけど、ヤングライオン相手に防衛しても、ね〜。しかも、今の後藤選手相手じゃヤングライオンもあんまり勉強にならないんじゃないですかね?

 

でも、北村克哉選手はステップアップに良いかも知れませんね。最近、川人拓来選手が海外に出ちゃったので、

www.loca-neo.com

北村選手の海外遠征がもう少しあとになるか、このまま国内でキャリアを積んでいきそうな感じです。ヤングライオン杯に優勝して、ヤングライオン卒業となったのにこの日も第1試合ですから、これで卒業したといえるのかしら?と本人も思っていることでしょう。だったら、誰が挑戦してもいいとチャンピオンが言ってるのだから、実現するかどうかわからないけども、ひとまず名乗りを上げてみるのも良いんじゃないでしょうか。

 

あれ?ビアシティ・ブルーザー選手の話をしていたはずがいつの間にか、北村選手の話になってしまいました。

 

ブルーザー選手は本当におもしろい選手だったので、またぜひ日本で呼んであげて欲しいですね。真壁刀義選手と当たってもおもしろいんじゃないかな?

それではまた。

ありがとう!