全てはプロレスである!

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

今日は新日本プロレスワールド生中継観てます。

元気ですか〜⁉︎

どうも、ろけねおです。

 

広島大会は生中継です。

新日本プロレスワールドChromecastプレイヤー

新日本プロレスワールドChromecastプレイヤー

  • TV Asahi Corporation
  • スポーツ
  • 無料

メインは後藤さんですやん。大丈夫?

 

相手は少し前にフィニッシュにいちゃもんつけてたロスインゴの二人ですから、これは見ものです。楽しみです。

 

え〜と、YOSHI-HASHIさんは・・・。

 

今ちょうど3試合目です。KES推しです。

この後、もう何回もやってるIWGPヘビーの前哨戦ですが、今度はどんなオチが待ってますかね?

ブーイングを浴びるIWGP王者……。1.4はオカダ・カズチカvs.内藤哲也! - プロレス - Number Web - ナンバーブーイングを浴びるIWGP王者……。1.4はオカダ・カズチカvs.内藤哲也! - プロレス - Number Web - ナンバー

広島大会を中継するなら、他の会場も中継して欲しかったなぁ〜。

 

それではまた。

感想はまた書きます。

ありがとう!

 

□□□□□□□□□□追記□□□□□□□□□□

第4試合以降の僕のつぶやきです。

これはオカダ・カズチカ選手のエルボーを食らった時の過剰な受けを観たときです。これは内藤哲也選手のいいところでもあり、悪いところでもあると思っています。凄い技を食らったというふうに見えるので、技を繰り出したほうが凄い選手に見えるという効果があるのですが、この後その技がまるっきり効いてなかったように試合するのを見ると、今度はあんな凄い技をもらったのに効いてない内藤スゲーとなります。

 

上手いとも取れるし、ズルいとも取れるという内藤選手らしいところで、嫌いです。

勝ったり負けたりしながらドームまで行くということで、ちょっとワクワクが減りました。

僕はチェーズ・オーエンズ選手が大好きで、永田裕志選手が嫌いなのです。

残念ながら中西学選手のアルゼンチン・バックブリーカーにオーエンズ選手が散りました。

完全に鈴木軍の手のひらの上でした。小島聡選手はコンディション良さそうに見えるのだけど、この日はな〜んにもできませんでした。テンコジの見せ場であるテンコジカッターもミスっちゃうしね。

結局ジュース・ロビンソン選手がこのWORLD TAG LEAGUE2017では目立たてませんでしたというのがよく分かる試合でした。サミ・キャラハン選手ばかりを目で追ってました。

 

ウチの奥さんは先日の大阪大会でハングマン・ペイジ選手がイケメンだと気がついてからスッカリ好きになってます。うちわ作ろうかと言い出してます。

これは後藤洋央紀選手とYOSHI-HASHI選手の合体技だったか、連携技だったかが決まって決めポーズをしたときに「はい〜!」って言っていたのを見た感想です。M-1観てたんかな?と思っちゃいました。

YOSHI-HASHI選手が機能しないと、どうにもなりませんわね。

 

ということで後ほど感想を書きます。